カテゴリー 不動産売却【虎の巻】

空き家のまま放置すると特措法に触れて強制撤去される?

2017年12月22日
BIS151026193472_TP_V4

問題視される全国で増え続ける放置空き家について、何か改善させなくてはいけないと平成26年11月に「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家対策特別措置法)」が成立しました。 この法律では、空き家の実態調査、所有者へ適切な管理に対する指導、空き家跡地についての活用促進、適切な管理状況にない空き家を「特定空家」に指定する、特定空家に助言・指導・勧告・命令、罰金や行政代執行を行うこと … 続きを読む

詳細を見る

空き家を不法侵入者などの犯罪から守るにはどうすれば良い?

2017年12月18日
TSU863_jitakunituita_TP_V4

空き家が年々増加していることは周知の事実ですが、特に衛生状態が極めて悪い空き家や、倒壊の危険性がある空き家などは、早急な対策が必要だとされています。 そして空き家状態で放置することにより、放火や窃盗、不法侵入といった犯罪の温床になる可能性が懸念されており、実際にそのような被害も生じていることで、空き家が存在する地域の治安を脅かす問題に発展しています。

詳細を見る

不動産売却の際に不動産会社と締結する媒介契約の種類とは?

2017年12月11日
ME_biz20160902313115_TP_V4

不動産を売却する時に自らで買主を探し、さらに複雑な契約手続きを行うことは通常では困難だと考えられます。 そのため不動産会社などにそれらの手続きを依頼することが一般的ですが、この場合には売主と不動産会社で媒介契約を締結することになります。 ただし不動産会社との媒介契約の形態にはいくつか種類がありますので、どの形が良いのか特徴などを確認しておく様にしましょう。

詳細を見る

相続税対策に年間110万円を超えた贈与が必要な理由とは?

2017年12月05日
S001_megane0120140830145829_TP_V4

相続税は基礎控除額の引き下げや税率の変更などで増税となり、納税対象となる人が増えたと考えられます。 相続税を軽減するためにも生前贈与による相続税対策が重要ですが、贈与したほうが贈与税の課税で余計納税額が増えるのではないかと不安を感じる人もいるかもしれません。 しかし相続税は贈与税の非課税枠などの仕組みを利用する事によって、上手く軽減する事に繋げる事が可能です。

詳細を見る

相続税の税額は平均どのくらい?対象者が今後は増える?

2017年11月30日
CAT9V9A9181_TP_V4

平成28年12月に発表された国税庁の「平成27年分の相続税の申告状況について」の概要を確認すると、平成27年1月1日~平成27年12月31日までに亡くなった人から相続や遺贈で財産を取得した人の、相続税の申告状況が公表されています。

詳細を見る

住宅ローンを借りすぎた!と後で困らないためには?

2017年11月27日
3b265cc7ae370c00a6550a21b7b846aa_s

あこがれのマイホームを手に入れるために住宅ローンを組む人がほとんどですが、借りすぎてしまう事は最も避けるべき事です。 年収や預貯金残高から見た場合にはある程度家計に余裕があったとしても、将来的に見た場合にはフリーキャッシュフローが確保できているかが重要になります。 例えばマイホーム購入までに住んでいた賃貸住宅の家賃と住宅ローン返済額がほぼ同じ額だったとしても、マイホーム購入資金 … 続きを読む

詳細を見る

空き家の利活用方法はどのような事例がある?

2017年11月20日
cf547c8741a4d19c351dac26df1d8f68_s

現在、地方で特に田舎では、実家を相続しても誰も住む人がおらず、利用も活用もできず困っている人が多くいます。 しかし売るとなると、様々な思い出などもある事や、お盆や法事の時には帰省して家族が集まるため処分にためらいが出るケースも多いようです。 適切に管理されている空き家なら良いですが、ただ放置しているだけでは老朽化により建物が倒壊する危険もあるとして、自治体判断で強制撤去される可 … 続きを読む

詳細を見る

空き家は今後売れなくなる?放置するよりは早めの売却が吉?

2017年11月13日
ff3f680c9fee5a187148f70c6565c42c_s

国や地方などは空き家に対しての取り組みを強化させていますが、それだけ現状では空き家が増えており、とても深刻な問題として考えられている事がわかるかと思います。 誰も住む事のない家をそのまま所有していても、老朽化が進んで朽ち果ててしまえば、いずれ特定空き家に指定される事になり、土地の固定資産税の優遇措置を受ける事はできなくなります。 さらに強制撤去されれば、家は取り壊されて掛かった … 続きを読む

詳細を見る

手取り収入に占める住宅ローンの割合はいくらまで大丈夫?

2017年11月02日
62-2

住宅ローンはいくら位までなら借りても家計にしわ寄せがいかず、払い続けていけるでしょうか。 一般的に考えられているのが、住宅ローンの年間返済額の割合は年収の25%程度というものですが、確かに住宅ローンを考える上で指標になる考え方です。 しかし家庭によっては毎月のローンの返済額を考える時に、「この目安の範囲なら大丈夫 と甘く考えてはいけないケースもあります。

詳細を見る

相続した不動産を売却した時の税金を抑えるには?

2017年10月26日
21886362c64cdba7707aad603d126df4_s

例えば親が亡くなって土地を相続する事になっても、既に家を別で構えているので誰も住まなくなる事が予想されるというケースもあるでしょう。 放置したままにしていれば、毎年住むことのない家に対して固定資産税を支払い続ける事になりますし、周辺住民の人たちにも不安な状況を与えてしまいます。 もし売却する場合には、被相続人が亡くなって10か月以後(相続の申告期限)から3年以内にその土地を売却 … 続きを読む

詳細を見る