カテゴリー 不動産売却【虎の巻】

不動産を売却した時に発行する領収書などは収入印紙が必要?

2019年03月25日
a7be62f04cf45b8015855dc9c89c9b50_s

商業取引に関連する文章には、「印紙税」という税金が課税されます。 印紙税の課税対象となる文書は「課税文書」といいますが、その種類は第1号文書から第20号文書までという20種類もあります。 不動産売却において必要になる文書としては、不動産の売買契約書、建物の建築請負契約書、ローンなどにおける金銭消費貸借契約書、領収書などです。 ただ、文書の種類や発行する人によって印紙税が課税され … 続きを読む

詳細を見る

空き家と空き地では固定資産税は最大6倍違う?

2019年02月27日
9972111d3d0ffec62a6a2e7fdfb0d0b1_m[2]

現在、空き家を所有している方はどのように管理すればよいか悩ましいところかもしれませんが、使わない建物でも取り壊して空き地にすると、固定資産税が跳ね上がるため取りあえずそのままにしている方も少なくありません。 家を取り壊して更地にすると固定資産税が上がる理由は、建物が建っていることで適用されている特例の対象から外れ、本来の固定資産税に戻ってしまうからです 住宅用地の軽減措置特例 … 続きを読む

詳細を見る

空き地の草刈りを怠ると近隣から苦情を受けることがある?

2019年02月15日
9972111d3d0ffec62a6a2e7fdfb0d0b1_m[2]

庭の草刈りなど手間がかかるので、ついそのままにしてしまっている方もいるかもしれません。ただ、自宅の庭は嫌でも普段目にすることになるため、もういい加減、雑草を除去しなければ…と重い腰を上げて草刈りを始めるという方もいるでしょう。 しかし、空き地を所有している場合はどうでしょうか。自宅から離れた場所に空き地がある場合、毎日目にするわけでないので気が付いた時には雑草が生い茂った状態と … 続きを読む

詳細を見る

不動産売却で利益が出れば確定申告を!需要なのは経費として計上する費用

2019年01月17日
1d1f73c08dfb931fc4286886e2a09407_s

不動産の売却で利益が出た場合は譲渡所得となり、譲渡所得税の課税対象となるため確定申告が必要です。 譲渡所得を計算するためには、売却した不動産を取得するためにかかった費用である取得費、そして売却する時にかかった経費である譲渡費用を確認しておくことが必要です。 支払った経費はすべて譲渡費用? 不動産を売却する時にかかった経費が多ければ、その分、利益は少なくなるので課税される税金も少 … 続きを読む

詳細を見る

よい空き地を探すために情報はどこから入手する?

2019年01月16日
8a49af050154fe34382b0e3d2dac4d15_s

一戸建て住宅を建築したい方にとって、よい土地を探して購入したいと考えるものですが、どこに空き地があるのか情報を入手するにはどうすればよいのでしょう。 もし、相続した土地などがあれば、空き地となっているその土地に一戸建て住宅を建てればよいですが、土地を所有していなければまず土地の購入から始めなければなりません。 空き地に求める条件とは? そもそもよい土地とはどのような空き地のこと … 続きを読む

詳細を見る

空き地に生い茂った雑草に対する苦情は自治体に言ってもダメ?

2018年12月03日
9972111d3d0ffec62a6a2e7fdfb0d0b1_m[2]

空き地の雑草が伸び放題になっていて、自宅にまで入り込み困っているという苦情が自治体に寄せられている状況です。 特に春から秋にかけての季節は、空き地に雑草が繁茂して虫が大量発生するといったことで、自治体に草刈りを要請する苦情などの相談が多く寄せられることもあるようです。 しかし、空き地は私有地なので、他人が所有する土地に自治体が勝手に踏み入り、所有物である草を刈ることはできないこ … 続きを読む

詳細を見る

亡くなった方が配偶者なし子なしの場合は誰が相続人になる?

2018年12月02日
276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

亡くなった方が配偶者なし、子なしという場合、誰が相続人になるのだろうという疑問が生じることがあるようです。 配偶者は通常であれば常に相続人となり、子がいれば第一順位の法定相続人として、配偶者と子が遺産を相続することになるでしょう。 しかし、亡くなった方に配偶者も子もいないという場合、次に優先される第二順位の直系尊属が遺産を相続することになります。 相続における直系尊属とは? 相 … 続きを読む

詳細を見る

不動産を売却したら年末調整だけでなく確定申告が必要!

2018年12月01日
1d1f73c08dfb931fc4286886e2a09407_s

サラリーマンなど会社勤務の方は、所得税の申告は年末調整で実施されますので、自らが確定申告を行うことはありません。 しかし、不動産を売却して高額の副収入を得た場合、勤務先の年末調整とは別途、確定申告を行うことが必要です。 なお、家を売った時、確定申告が必要になるのは、売却した時の利益が不動産購入時のコストを超え譲渡所得があった時です。 この場合、確定申告により譲渡所得税を納めるこ … 続きを読む

詳細を見る

相続人に配偶者と兄弟姉妹だけの場合は遺言書があっても「遺留分」の対象?

2018年10月18日
fbb4380eb4ed355578987c577d274f3e_s

子どものいない夫婦の配偶者が亡くなった時、両親も既に他界していれば、相続が発生した時に相続人になるのは自分だけだと思っている方もいるかもしれません。 しかし、この場合、亡くなった配偶者に兄弟姉妹がいれば、その人たちも相続人の対象です。 普段から付き合いがない兄弟姉妹も相続人になることに納得できないケースもあるようですが、トラブルにならないためにも事前に相続の仕組みを理解しておく … 続きを読む

詳細を見る

相続税対策が本当に必要なのは二次相続の時?

2018年10月15日
4a8c85558bb5256a72c3b690d1549b8a_s

例えば父親が亡くなって相続が発生した時、その後の二次相続まで意識することが大切と言われています。 二次相続とは、例えば父親が亡くなって遺産を相続する一次相続の後で、相続を受けた母親も亡くなり、子に母の遺産が相続されることです。 一次相続により遺産の相続を受けた配偶者が亡くなると、二度目の相続である二次相続が発生します。 子への遺産相続は一次相続と二次相続の2回 もし父親が生前中 … 続きを読む

詳細を見る