カテゴリー 不動産売却【虎の巻】

孫が相続人の場合にはどのような割合で遺産は引き継がれる?

2019年08月26日
276dc362357463bee644b4d92b9d23d8_s

孫が相続で遺産を引き継ぐことになるケースとは、親が亡くなった祖父(または祖母)よりも先に亡くなっていて代襲相続人となるケース、または祖父母と孫が養子縁組を結んでいるケースなどです。 もし孫が遺産を相続する場合には、どのくらいの割合で引き継ぐことができるのでしょうか。 相続で孫に権利が移る代襲相続とは 誰が亡くなった方の財産を引き継ぐかについては、民法に法定相続人の範囲や順序の規 … 続きを読む

詳細を見る

相続で負担することになった医療費は控除の対象?

2019年07月30日
6bf8acf7e0ac4ba11b0c1d4c1bd5a8c2_s

人が亡くなり相続が発生した時に、その方が入院していた場合には医療費の請求が発生することになります。 ただ、入院していた本人が亡くなっているので、その後に支払った医療費は相続税から控除する対象に含まれます。そこで、相続税において発生する医療費の控除についてご説明します。 相続人の確定申告において控除の対象に 亡くなった方の未払い分の医療費は、相続税の計算上、債務控除の対象となるた … 続きを読む

詳細を見る

不動産を売却する時にかかる譲渡所得税やその他の税金とは?

2019年07月12日
3788359b90e7e49b35bfb151565991aa_s

不動産を購入する時には色々な費用が発生しますが、反対に譲渡する時にも実際、様々な費用がかかってしまいます。 不動産仲介業者に対して支払う仲介手数料だけでなく、所得税などの税金が課税されることもあるので、もし不動産を売却することを検討しているなら、先にどのような費用が発生するのか把握しておくようにしましょう。 不動産売却に必ずかかる税金 不動産を売却する時には、印紙税と登録免許税 … 続きを読む

詳細を見る

配偶者は常に相続人!その他相続権を得るのは誰?

2019年06月26日
2e6ea98f843299f0c957a2f66d092a38_s

相続が発生すると、誰が相続人なのか気になるところかもしれませんが、民法により相続権を得る法定相続人になれる方は決まっています。 配偶者は常に相続人となりますが、その他、血縁関係にある親族も相続人に含まれることもありますので、誰が相続人になれるか確認しておきましょう。 法定相続人となり相続権を得ることができるのは? 配偶者は常に法定相続人となり相続権を得ますが、配偶者以外にも次の … 続きを読む

詳細を見る

義理の親より夫が先に亡くなっていたら夫の妻は財産を相続できない?

2019年06月18日
8ec23d519757eb7c1e0897ecb2577f46_s

例えば、夫の親と同居していたけれど先に夫が亡くなり、そのまま義理の親の介護など面倒を看ていたとします。 その後、義理の親が亡くなった時、当然自分は義理の親の財産を相続できるものとばかり思っていたら、実は相続権がなかった!と後になって分かるケースもあるようです。 なぜ先に亡くなった夫の親と一緒に生活していて面倒を看ていたのに、財産を相続する権利はないのでしょう。 夫が先に亡くなれ … 続きを読む

詳細を見る

空き地の草刈りは所有者の義務?自治体で条例が設けられているケースもあり

2019年05月28日
52bdd7c26b14bbfbb20a256e48c18f47_s

空き地を所有している方の悩みの種ともいえるのが、草刈りにかかる手間や費用です。面倒だし、空き地まで自宅から距離があるなど、様々な理由でつい放置してしまいがちなのも理解できます。 しかし、季節によっては雑草が生い茂った状態となり、近隣住民にも多大な迷惑をかけてしまうことを認識しておかなければなりません。 空き地の雑草に対する草刈りは所有者の義務であることを再認識し、適切な管理を施 … 続きを読む

詳細を見る

納付した相続税は取得費に加算できる特例を活用すれば節税に繋がる?

2019年05月22日
96a41c9e7fa0a1d25bb7fe639d08d16f_s

不動産を売却すると、税金が多く課税されることに不満を感じる方もいることでしょう。ただ、売却対象である不動産が相続により取得したものの場合、相続税の取得費加算の特例を上手く適用させることで、税金の負担を抑えることが可能です。 そこで、相続税の取得費加算の特例とはどのような制度なのか、なぜ税金負担を抑えることに繋がるのか確認しておきましょう。 譲渡所得を低く抑えることが節税に繋がる … 続きを読む

詳細を見る

相続予定の空き地や空き家は相続放棄すれば管理責任から免れることが可能?

2019年04月30日
934bb927be230efc3d2dfffda383e64c_s

親が所有していた空き地や空き家などを相続することになった場合、もし使わない土地や建物なら相続しても管理の責任を負うだけだ…と思うこともあるかもしれません。 もし利用価値の高い土地や建物なら、売却する、または賃貸などに利活用して収益を得ることもできることもあるでしょう。 しかしその土地や建物が利用価値の低い不動産だとしたら、上手く処分する方法はないかと考えてしまうものです。 プラ … 続きを読む

詳細を見る

不動産売却は消費税が課税される部分と非課税になる部分に注意!

2019年04月22日
e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s

会社が保有する不動産を売却して借入金の返済などを行いたいという場合、まず注意しなければならないのは消費税です。 不動産は土地と建物がありますが、どちらも消費税の課税対象となるわけではないので、どのように納める消費税を計算するのか確認しておきましょう。 納める消費税の計算方法 納める消費税は、預かっている消費税から支払った消費税を差し引いて計算します。 商品やサービスを販売すると … 続きを読む

詳細を見る

相続税対策に年間110万円という贈与税の非課税を活用することは得策?

2019年03月29日
4ea978a1e4564bf823643675d3b3f7df_s

相続税を回避するため、年間110万円以内という生前贈与の非課税枠を活用する方法を検討する方もいるようです。しかし本当に生前贈与の非課税枠を使った方法は相続税対策に繋がるのでしょうか。 そこで、贈与税の非課税枠を活用した相続税対策が本当に有効なのか確認しておきましょう。 生きている間に財産を渡せば節税につながる? 亡くなってから相続人に財産を渡せば、財産の金額によって相続税の課税 … 続きを読む

詳細を見る