川口市にある色々な楽しみ方のある公園「川口市立グリーンセンター」とは?

2020年5月29日
girl-3528292_1280

熱帯植物を通年観賞することが可能な大温室があり、他にも花菖蒲園やバードセンター、ミニ鉄道、アスレチックなど複数の施設で構成されているのが「川口市立グリーンセンター」です。

流水プールが隣接しているので、7月中旬から8月下旬までの間は利用可能ですし、12月下旬から翌2月まではアイススケート場としても利用されています。

日本の都市公園100選にも選ばれている公園で、広大な敷地に四季折々の花々が美しい花を咲かせるフラワーパークもあります。

自然の生き物を多く目に触れることのできる環境

大温室の前には大きな花時計があり、季節に合う花がきれいに彩られています。

ガラス張りの温室の中には大きなサボテンや多肉植物などがあり、普段目にすることの少ない熱帯の植物なども鑑賞できます。

バードセンターにはクジャクやカモ、ギンケイ、ハッカンなどなじみのある鳥もいれば初めて耳にする名前の鳥までいるのでゆったり楽しめることでしょう。

ミニ鉄道や展望すべり台が大人気!

子どもに人気なのは、やはりわんぱく広場の入り口にある「ミニ鉄道」です。15分おきに運行され、年齢に関係なく同じ金額で乗ることができます。

また、展望すべり台は20メートルという高さがあり、爽快なはやさで滑り降りることができるのでちょっとしたスリルを味わうこともできます。

5歳以上の子どもなら1人で滑ってもよいですが、靴下をはいておかなければケガをする可能性があるため、裸足で訪れた場合には「休憩所 花と緑のグリーンプラザ」で靴下を購入しましょう。

また、入り口ではひじあてとマットを借りることもできるようになっています。

充実した大型遊具も設置されている

空をイメージして作られたカラフルな遊具で構成されたミニアスレチックも子どもに人気があり、全長25メートルの「キューポラタワー」は直滑降すべり台でスピード感を楽しむことができます。

他にもローラーすべり台、水晶バルーンに加え、幼児向けのすべり台なども備えられている大型の複合遊具もあるので、いろいろな年齢の子どもが一緒に遊ぶこともできます。

川口市立グリーンセンターに行くには?

JR京浜東北線川口駅からはバスで25分程度かかりますが、東京外環自動車道川口中央ICからであれば約1キロ程度です。無料で630台停めることのできる駐車場もありますので、車のほうがアクセスしやすいといえるでしょう。

所在:埼玉県川口市新井宿700
電話番号:048-281-2319
電話受付時間:8:30~17:15