不動産の売却する手順はしっかり把握しておこう

2017年9月19日
JSK542_manken_TP_V

まずは明確な意思が必要でしょう。
ライフスタイルや家族構成などの変化、経済状況など理由は本当にたくさんあります。
しかしその中で明確な理由を確認することで売却価格や売る時期などをしっかり考えることが出来るでしょう。

◆売る流れを知ろう~前半

相場を知る事はとても大切な事です。
これが分からないとどれが高くて何が安いのか見当がつきません。
売却しようと決めたらいくらで売れそうなのか調べて目安をたてましょう。
まずは物件の相場から始めると良いでしょう。
そしてある程度売る金額の目安が決まれば次はいよいよ不動産会社探しです。
高価な住宅を売却するわけですからそれなりに信頼溢れる不動産会社さんを選定したいものですね。
不動産会社の情報も幅広く仕入れて良い会社・良い営業マンを探しましょう。
そしてここで重要なのが良い不動産屋さんは可能であれば3社は見つけておきましょう。
そしてそこに物件の見積もりを出します。
見積もりが1件だけだと判断がつけにくいので2~3社は見積もり依頼して見比べましょう。
そして良い条件の不動産屋さんを見つけたらいよいよ契約です。

◆売る流れを知ろう~後半

不動産屋さんと仲介契約をするといよいよ本格的に販売開始です。
売り出し価格は非常に重要です。
高すぎれば購入を敬遠する人も多いからです。
ですが、こちらには2~3件見積もりを出していますので金額的に失敗することはないでしょう。
あとはひたすらお客様を待つのみです。
そしてお客様が見つかると次は購入希望者との交渉になります。
売却条件を交渉しましょう。
ここでは交渉を飲み込める点と飲みこめない点というのが当然出てきます。
ですから交渉前にはしっかりと判断できる用意どれが良くて何がダメなのか判断しておきましょう。
後は重要事項説明を行い、売買契約を結ぶだけとなっています。
そして売買契約を結び売買代金を受領するのと同時に物件を引き渡すことで無事終了となります。

◆最後に

今回は単純に不動産の売却ということでお話させて頂きましたが、中には売却後に買い換えをしたりすることもあるでしょう。
買い換えに関しては税法上の特例が適用されることもあるのでしっかり調べておきましょう。
またこのように売却の際でもお得な情報が手に入る可能性も高いです。
とにかく不動産を売却する際は、安心安全安定が重要です。
しっかり考えて少しでも高く売れるように行動していきましょう。