menu

住宅ローン破たんが老後破産を招く

マイホーム取得はいつの時代も夢・目標に設定されやすいものです。ずっと思い描いていた夢のマイホームを、40~50歳で叶えるという方も少なくありません。しかし、そのくらいの年齢になってから住宅ローンを組むと、あとあとローン破たんを招きかねません。ではどうしてそうなってしまうのでしょうか。その理由を考えてみます。

・なぜローンが返済できなくなる?

たとえば49歳で住宅ローンを組み、マンションを購入したとします。ローンは79歳まで組むことができますので、30年ローンと仮定しましょう。現在の日本人の寿命を考えれば、不可能な話ではなさそうです。夫婦で賃貸の物件に住んでいれば、賃料10万円以上の物件に住んでいることも多いでしょうし、月々の返済額を同程度に抑えれば、支払えるような感覚に陥ります。しかし、そこが問題です。なぜなら、住宅ローン借り入れ時と定年後の収入には大きな格差があります。もちろん、退職金や年金も支給されると思いますが、おそらく生活費で消えてしまうはずです。「いまの家賃と同額の返済だから大丈夫」と考えていると、こうした問題に対処できません。意外かもしれませんが「収入が減るリスク」を考慮されていないケースは少なくようです。

・マンションを売ればいい?

生活が苦しくなったら、最悪物件を売ればいい。そう考える方も少なくないようなのですが、ここにも問題点は隠れています。なぜなら、マンションを売却して購入額がまかなえるケースは稀だからです。マンションなどの住宅は、購入した時点で「2割減」といわれています。もともとの購入価格には、デベロッパーの利益が含まれているので、その差額分ですね。ですから、売ろうと思ったときに「見込みより少ない」ことも十分想定しておかなければなりません。

・無理のない資金計画を

破産すると住宅は競売物件となり、住むところがなくなってしまいます。そうならないためにも、老後の収入は最悪のケースを想定しておく必要がありますし、可能なら定年退職前にローン完済の計画を立てたほうがよいでしょう。退職金をローン返済にあててしまうと、手元にいざというときの生活費が残りません。また「返済できなければ売ればいい」という考えは持つべきではないでしょう。もともと、居住用の住宅は売却で利益が出る性質のものではありません。住宅・マンションの購入には、ある種の勢いや勇気も必要ですが、一度立ち止まって、「本当に返済に無理はないのか」を考えてみることをオススメします。

相続に備えて、資産状況の調べ方を知っておこう

相続で損をしないために…知っておきたい控除の話

関連記事

  1. 不動産を売却した時には分離課税により税金が発生する?

    不動産を売却した時に生じた所得は「譲渡所得」として扱われますが、給与収入など他の所得と合算するのでは…

  2. 不動産売買において代理人が行う契約は委任状の確認だけではダメ!

    不動産売買取引において、当事者が契約締結時に立会うことができない場合や、契約を締結する能力がない当事…

  3. 不動産を売却する時には設定された抵当権は必ず抹消しておくことが必…

    不動産を個人で購入する時には、銀行などで住宅ローンを利用することがほとんどでしょう。この時、…

  4. 不動産を売却する上で発生する消費税の簡易課税による事業区分

    簡易課税制度は、仕入控除税額を課税売上高に対する税額の一定割合にする制度のため、事業区分ごとに適用と…

  5. 不動産を売却した場合の法人税の計算方法とは?

    不動産を売却して利益が発生した場合、個人なら給与所得などとは別に、譲渡所得という形で税金の申告が必要…

  6. 抵当権が付いた不動産を売却することはできる?

    不動産に抵当権が付いていても、法律的にはそのまま売買することは可能です。実際にもこのような取引が無い…

  7. 不動産を売却した時に発生する所得は分離課税の対象!

    所得には税金が課税されることになりますが、所得の合計金額に対しての課税は総合課税という扱いになります…

  8. 不動産を売却する時や購入する時に発生する仲介手数料は仕訳上どのよ…

    不動産を売却する場合以外でも、購入や賃借などにおいて、多くの場合、仲介した不動産業者に対し仲介手数料…

ピックアップ記事

PAGE TOP