menu

不動産を売りたい場合は不動産会社に連絡してみるとよい理由

もし不動産を売りたいという場合、不動産会社に連絡するとどのような流れで売却されるようになるのでしょう。

また、いろいろ聞かれたくない事情まで話さなければならないのか・・・と不安に感じることもあるかもしれませんがそのようなことはありません。

不動産会社でまずは売却についての相談を

あまり自分が所有している不動産について、詳しく話をするという機会はないと思います。しかし、よい提案を不動産会社にしてもらいたいとおもうならなるべく詳しく話をしたほうがよいといえるでしょう。

また、不動産会社に連絡して訪問し、売却の相談をした段階で法律や税金についての具体的な手順なども説明してもらえます。

□実際いくらで売ることができるか

売却を希望している物件について、不動産会社で調査を実施し、実際、いくらで売却することができるのか査定してもらうことができます。

いろいろな角度から確認してもらえるので、最新の価格動向を基準とした適正価格を提示してもらうことができるでしょう。

不動産会社と媒介契約を結ぶ

不動産会社に依頼する契約の種類は3つあります。

不動産売却の相談と査定を経た後は、売却を決断して初めて不動産会社が売却に向けての手続きを進めていくことになります。

不動産会社と媒介契約を結びますが、媒介契約の形態にも種類がありますので、どの契約形態にするかしっかり説明を聞いた上で決めるようにしてください。

その後は媒介契約の種類に従って不動産会社が売却活動を実施していくことになります。不動産情報雑誌やホームページ・広告チラシなどへの掲載などいろいろな方法で活動が行われるでしょう。

購入希望者がみつかったら?
その後、不動産を購入したいと希望する人がみつかると、売却条件や引渡し時期などで合意できるか双方に確認を行いながら不動産売買契約を結ぶ手続きが進められていきます。
買主に対する重要事項説明や契約締結、手付金受領など、いろいろな手続きなども行ってもらえますので安心できるといえるでしょう。

売却までの手続きは多岐に渡る

契約が無事に締結されると、売主と買主双方の権利と義務が確定します。残代金の受け取りと同時に物件の引渡しが行われて売買契約は完了するという流れです。

これらの手続きをすべて個人で行うのはとても大変な作業です。仲介してもらうことで日程の設定なども行ってもらえますし、費用の清算や支払いなど面倒な手続きを任せることができます。

もし不動産の売却を検討しているなら、不動産会社に連絡してみるとよいでしょう。

不動産の購入や売却を電話で誘う詐欺に注意!

所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

関連記事

  1. 不動産を売却した場合の法人税の計算方法とは?

    不動産を売却して利益が発生した場合、個人なら給与所得などとは別に、譲渡所得という形で税金の申告が必要…

  2. 不動産を売却する上で発生する消費税の簡易課税による事業区分

    簡易課税制度は、仕入控除税額を課税売上高に対する税額の一定割合にする制度のため、事業区分ごとに適用と…

  3. 不動産売却の手順は?一連の流れが知りたい!

    家族構成や生活スタイル、経済状況などが変化したことなど、不動産の売却を考えている人もいるでしょう。…

  4. 住宅ローン破たんが老後破産を招く

    マイホーム取得はいつの時代も夢・目標に設定されやすいものです。ずっと思い描いていた夢のマイホームを、…

  5. 不動産を売却する場合は短期で譲渡したほうが実はお得?

    不動産を売却する時には、譲渡の対象となる不動産の保有期間に注意しましょう。なぜなら譲渡所得に対しての…

  6. 抵当権が付いた不動産を売却することはできる?

    不動産に抵当権が付いていても、法律的にはそのまま売買することは可能です。実際にもこのような取引が無い…

  7. 不動産売買において代理人が行う契約は委任状の確認だけではダメ!

    不動産売買取引において、当事者が契約締結時に立会うことができない場合や、契約を締結する能力がない当事…

  8. 相続不動産を売った時に利益がでたときに注意したい長期譲渡と短期譲…

    不動産を相続した時、住んだり利活用する予定がないことから売却する場合、利益が出ればその所得に対して税…

ピックアップ記事

PAGE TOP