menu

抵当権が付いた不動産を売却することはできる?

不動産に抵当権が付いていても、法律的にはそのまま売買することは可能です。実際にもこのような取引が無いわけではなく、稀ですが行われているケースもあります。
しかし、よほど特殊な事情がなければ、他人の借金に対する抵当権が設定されたままで、オーバーローンの不動産を購入する人はいないでしょう。
ただ、抵当権が複数設定されている場合や、抵当権の他、市区町村税や固定資産税の滞納で差押登記がある物件も任意売却することができます。

 

なぜ任意売却が可能になる?

債権者は競売で換価処分するより任意売却を好む傾向にあり、売却した代金が第1順位の債権者の債権額を充足しきれない場合も多くなっています。このような状況で競売しても、第2順位以下の債権者は配当を受取ることはできなくなってしまいます。
任意売却した場合、原則、全ての抵当権が抹消されなければ取引の成立はありませんので、第1順位の債権者は第2順位以下の債権者に抵当権抹消の承諾料の準備を行います。
その額は第1順位の債権者の方針で決まりますが、第2順位以下の債権者は競売で換価処分しても全く回収できないのでそれほど大きな額で承諾料を設定しなくても任意売却に承諾するケースが多いようです。

 

早めに任意売却を決めたほうが良い理由

競売の申立を受けてからでも任意売却は可能ですが、一部の地方銀行かノンバンク系のローン会社を利用しなければ受付けてもらえない可能性があり、金利が高く敬遠されがちなので、競売の登記がある物件は売却まで手間が掛かる点は理解しておく必要があります。
また、売買には競売を申立てた債権者が取り下げ申請を、実務的な期限である競売の開札日の前日までに行う必要があります。取り下げが行われない場合には、競売で入札した最高金額の買受希望者が買受人に決まるため、販売できる活動期間が限定されてしまいます。
そう考えると、任意売却をなるべく早く決め、債権者からの競売申立を受ける前に実施したほうが良いと言えるでしょう。

 

抵当権など付いていても任意売却が可能!

債権者が任意売却を承諾する理由として、競売よりも高く売れるケースが多いことや、競売より早く回収できるという点が挙げられます。
債権者にとって競売より任意売却の方がメリットは高いと判断されることで、承諾してもらえるため、稀ですがこのような形でも売却することはできるという点を知っておくと良いでしょう。

空き地の草刈りを業者に依頼する時には費用以外にも注意が必要!

空き家が増加する背景にはどんな問題が見え隠れしている?

関連記事

  1. 土地が売れない理由は?何を見直すべきか

    地方の土地などは需要が少ないため、売りに出しても思ったように売れないこともあるかもしれません。特に土…

  2. 意外と残らない?不動産売却益に対する税金は取得費と譲渡費用次第?…

    不動産は安く購入して高く売ればその分の利益を得ることができます。 ただし高く売却できた場合、その…

  3. 個人が所有する不動産を売却した場合の消費税の扱いは?

    将来的に消費税は8%から10%に増税されます。 一戸建てやマンションなどを購入する場合には物件購…

  4. 不動産売却における同意書にはどのような内容を記載する?

    比較的自由度が高く、取引価格など買主と売主の意思で決定できる不動産売却ですが、スケジュールなど状況に…

  5. 不動産を売却や購入など売買で必要な登録免許税の計算方法は?

    不動産を売却や購入する時には色々な費用が掛かりますが、その中でも税金は必ず支払わなければならない費用…

  6. 不動産を売却して確定申告が必要になった時、申告書はどこから入手す…

    土地や建物など不動産を売却し、利益が出た時には税金が掛かります。不動産の売却益は、勤務先から受け取る…

  7. 不動産を売却する時には設定された抵当権は必ず抹消しておくことが必…

    不動産を個人で購入する時には、銀行などで住宅ローンを利用することがほとんどでしょう。この時、…

  8. 不動産を売却後の譲渡所得計算時に必要となる取得費が不明の場合は?…

    不動産を売却して利益がでれば、譲渡所得として所得税の課税対象となります。そのため確定申告が必要となり…

ピックアップ記事

PAGE TOP