menu

不動産売却の手順は?一連の流れが知りたい!

家族構成や生活スタイル、経済状況などが変化したことなど、不動産の売却を考えている人もいるでしょう。
もし住まいを売ることを検討しているのなら、子供の人数が増えたのでもっと広い家に住み替えることが理由なのか、反対に子供が巣立ったことで広い家が必要なくなった事が理由なのかなど、今後新たに新居を購入する予定があるのか、それとも賃貸住宅に移り住むのか等で、売却価格や時期などが異なってきます。
実際には何から行えば良いのだろうといった疑問がある場合には、基本的な流れを把握しておくことで、仮に別の物件を買うことが目的の場合にも役に立つでしょう。

 

①売却する物件の価格相場を調査する

まず物件を売りに出すまでは、どの仲介業者に依頼するのかを決め、さらに価格を決めるなど色々な決めごとが多くなります。
まずはいくら位で売れそうなのか、ある程度の目安を立てる為に、周辺の物件の相場を把握しておきましょう。
相場を調べる参考になるものには、国土交通省の「地価公示」、「不動産価格指数」、「都道府県地価調査」などがあります。また、実際に売りに出されている周辺の物件などの価格もチェックしておきましょう。

 

②不動産会社に査定を依頼する

不動産会社に専門家の目で実際にどのくらいの物件価格になるのかを査定してもらいますが、できるだけ多くの意見を聞きたいなら複数社に依頼することも良いでしょう。
どの不動産会社が信頼できるかについては、提示された査定価格の根拠なども聞いて判断していきましょう。

 

③不動産会社に仲介を依頼するため媒介契約を締結する

不動産会社に物件の売買を依頼するには媒介契約を締結する必要があります。
媒介契約の形態には、「専属選任媒介契約」「選任媒介契約」「一般媒介契約」などがありますが、それぞれの契約の内容を確認して最も合う契約を選ぶ様にしましょう。

 

④不動産の売り出し

売り出し価格は売却活動に影響を与える重要項目ですので、査定価格、周辺の売却状況、市場なども踏まえた上で決定する必要があります。

 

⑤購入希望者との売買契約

見学者などが増え、購入を希望する人が現れたら売買条件の交渉が必要です。譲れる条件と譲れない条件を明確にし、お互いが納得の上で売買できるようにしましょう。
なお、売買契約を締結する前には、物件の不具合や欠陥などについて伝えておく必要があります。この説明が無かった事で、後でトラブルになる可能性がありますので隠さず伝えるようにしましょう。
売買契約が締結された場合、物件価格の1割から2割程度を手付金として受取ります。

 

⑥物件の引き渡し

その後、購入者が残りの代金を支払うと同時に、所有権の移転などの登記の申請を行い、手続きは完了します。後は購入者立ち会いのもとで物件を確認し、引渡す形になります。

 

重要なのは信頼できる不動産会社に依頼すること

何よりも住まいの売却には、信頼できる不動産会社に依頼することが重要です。物件の価格の査定を依頼するなど相談をし、信頼できる不動産会社を見極めていきましょう。

家を買う、住宅ローンを組む、どれも不安ばかりなのはなぜ?

空き家の維持費はどのくらいかかる?自分で管理は可能?

関連記事

  1. 年金を受け取っている人が不動産を売却するとは受給額は減額される?…

    年金を受給している方が不動産を売却する場合、その後、受給する年金額や国民健康保険料などに変化が生じる…

  2. 身内の間で不動産を売却する時の名義変更手続きのポイントは?

    他人に家を売るのではなく、親や子、兄弟など、親族や身内に不動産を譲渡したいというケースもあるでしょう…

  3. 不動産を売却した時の税金を確定申告する前に理解しておきたいこと

    不動産を売却した時、税金の扱いはどのようになるのかご存知でしょうか。 売却すれば所得税と住民税が…

  4. 不動産を売却して一時的に所得が発生すれば税金の課税対象に?

    不動産売却で得た利益は、臨時的な収入として一時的な所得の扱いとなります。毎月勤務先から受け取…

  5. 不動産を売却後の譲渡所得計算時に必要となる取得費が不明の場合は?…

    不動産を売却して利益がでれば、譲渡所得として所得税の課税対象となります。そのため確定申告が必要となり…

  6. 不動産を売却する時に結ぶ媒介契約には種類がある!どの契約がお得?…

    不動産を売却しようと考えている場合において、不動産会社に売買の仲介を依頼するなら媒介契約を結ぶことに…

  7. 不動産を売却する時や購入する時に発生する仲介手数料は仕訳上どのよ…

    不動産を売却する場合以外でも、購入や賃借などにおいて、多くの場合、仲介した不動産業者に対し仲介手数料…

  8. 「相続」と「遺贈」その違いとは?

    自分の死去、遺産を特定の方に引き継がせたいとき、遺言書を作成するケースがあります。そして「相続」と「…

ピックアップ記事

PAGE TOP