menu

不動産を売却する時にはどのような業者がおすすめ?

所有する土地や家、マンションなどの不動産を売却しようと思う場合には、自分で買う相手を探すこともできるでしょうが個人が売買契約を結ぶことは難しいと考えられます。そのため個人が不動産を売却する際には不動産会社に依頼して行うことが一般的です。
しかし不動産会社も多く存在しており、どこに依頼すると良いのかを迷うことがあります。希望としては自分が所有する不動産を早く高く売ってくれることでしょうが、実現するためには不動産会社選びが重要になります。

 

不動産会社にも得意分野がある

例えば病気になれば、専門医をある程度まで選別して受診する診療科を決めることができます。しかし法律問題などで弁護士に依頼する場合には、自分が相談目的といている分野を得意としている弁護士に依頼することが必要となり、どの弁護士に依頼すれば良いか迷ってしまうでしょう。
それと同じようにマンションが得意な業者もいれば、新築の売れ残り物件を再販することに注力する業者、土地や一戸建を主に取り扱っている業者など色々です。
賃貸物件がメインの業者に売却の話を依頼したとしてもスムーズに進まないと考えられます。そのため売買が得意で過去の実績などが高い業者に依頼したほうが良いでしょう。
取り扱っている物件の数により、業者の規模や人気度が分かってくるかもしれません。

 

不安のない業者を選ぶポイントとは?

選択した不動産会社は仲介役になるわけですので慎重になることは否めません。一見良心的でも実は悪徳な業者だったということにならないためにも、正規で営業を行っている業者の見分け方にも注目しましょう。

・業者の免許番号の確認を
不動産を扱う業者は、建物の売買や賃貸物件を仲介するための免許を取得しています。この免許の有無については、国土交通省のサイトで業者の商号や名称を入力して検索した時に免許証番号が表示されるかを確認しましょう。

・宅建以外にも資格を所有している担当がいる
不動産業者を営む資格としては宅地建物取引士がありますが、他にも住宅ローンの完済で悩む場合や自己資金に悩むという場合にはファイナンシャルプランナーの有資格者がいると安心です。
特にローンの完済の目途が立たず、それでも家を売却したいという場合には任意売却アドバイザーがいると競売や任意売却の相談がしやすいでしょう。
されに相続による家の売却を検討する場合や税金面に不安を抱えている場合などは、税務知識が業者のほうが安心です。

 

大手なら安心ではない

やっぱり名の知れた大手の業者なら安心だと思うかもしれませんが、地方の物件であれば土地柄などを良く知っていて、近隣の見込み客も多く抱えている可能性が高い地域密着型の業者のほうが有利な場合もあります。
一概に大手に任せれば安心というわけではありませんので、色々な視点で不動産会社を選択してみるようにしましょう。

今後なぜ空き家率が上昇する可能性が高い?

深刻化する空き家増加の問題は何が原因?

関連記事

  1. 不動産を売却や購入など売買で必要な登録免許税の計算方法は?

    不動産を売却や購入する時には色々な費用が掛かりますが、その中でも税金は必ず支払わなければならない費用…

  2. 個人が所有する不動産を売却した場合の消費税の扱いは?

    将来的に消費税は8%から10%に増税されます。 一戸建てやマンションなどを購入する場合には物件購…

  3. 不動産売却で支給されている年金は減額される?

    不動産を売却した時、売主が年金受給者の場合、受給できる年金が減額されるのではないか気にする方もいるよ…

  4. 不動産の売却収入を土地と建物に按分する割合には注意が必要?

    例えば会社や個人で保有している、土地と建物が一緒になっている貸ビルを売却する場合、土地と建物分に売却…

  5. 不動産を売却した場合の法人税の計算方法とは?

    不動産を売却して利益が発生した場合、個人なら給与所得などとは別に、譲渡所得という形で税金の申告が必要…

  6. 不動産を売却する上で発生する消費税の簡易課税による事業区分

    簡易課税制度は、仕入控除税額を課税売上高に対する税額の一定割合にする制度のため、事業区分ごとに適用と…

  7. 不動産売却における同意書にはどのような内容を記載する?

    比較的自由度が高く、取引価格など買主と売主の意思で決定できる不動産売却ですが、スケジュールなど状況に…

  8. 他人事ではない!? 土地区画整理地の売買について

    年月の経過とともに、再開発される地域も増えており、開発にあわせて細い路地などが入り組んだ地域の区画を…

ピックアップ記事

PAGE TOP