menu

他人事ではない!? 土地区画整理地の売買について

年月の経過とともに、再開発される地域も増えており、開発にあわせて細い路地などが入り組んだ地域の区画を整理することがあります。主に成り行きで形成されたような、住宅地用の敷地を対象に行う土地区画整理。着工から完工まで、長期に渡るケースもありますが、その間に対象となっている土地を売買することもあるでしょう。区画整理地の売買には、いくつか注意点があるため、事前に理解しておくことをオススメします。

・土地区画整理とは

そもそもとして、土地区画整理とはどのような事業なのでしょうか。国土交通省の説明によると、「道路、公園、河川等の公共施設を整備、改善し土地の区画を整え宅地の利用の増進を図る事業」と定義されています。
対象となる地域全体の土地面積は変わらずに、道路や公園が新設されるわけですから、単純にそれぞれの敷地は狭くなります。ただし、利便性が増したり施設が増えることで、土地の価値はあがる、または維持されます。
区画整理前の土地に対して、区画整理後に一定の土地が割り当てられますが、所有者全員が平等というわけにはいかず、精算金によって解決が図られるケースもあります。

・土地区画整理地の売買について

区画整理について概要を理解したところで、その土地を売買する場合のポイントを確認していきましょう。

1)区画整理が計画されている土地
計画段階であれば、一般的な土地と同様に売買できます。ただし、購入する場合は計画内容を十分に確認しておく必要があるでしょう。住宅を建てたあと、区画整理によって、土地の位置が変わってしまうこともありえます。

2)区画整理が施工されている土地
区画整理中の土地については、建物の新築・改築・増築が制限されています。この点を十分に理解しておくことが必要です。また、売買契約のタイミングによっては売買の対象となる土地と実際に使える土地が異なることも注意してください。購入する土地と使える土地が違うというのは、区画整理地ならではのケースですが、区画整理地の売買の中ではよくある話なのです。売買の対象が従前の土地になるため、所有権の移転登記についても従前の土地を対象とします。区画整理事業が完工した後、登記簿が作られれば、使える土地の所有権が登記されます。

・最後に

いかがでしたか? 土地区画整理地が売買されるケースは少なくありませんので、皆さんが当事者となることもあるでしょう。実際に売買するときは、ポイントをおさえて取引されることをオススメします。
なお、区画整理終了後、法務局が区画整理地について、新たに登記を作成します。これらの手続きがすべて完了すれば、通常の土地と同様に売買ができるようになります。

遺贈の権利は放棄できる?

埼玉県の空き家実態調査を読む

関連記事

  1. 不動産を売却する時に発行する領収書には収入印紙を貼る必要がある?…

    不動産売買などの際に、諸費用として印紙税が必要になると知っている方は多いでしょうが、主に売買契約書な…

  2. 年金受給者が亡くなった場合の手続き 相続人でなくても未支給年金は…

    もし年金を受給している方が亡くなって相続が発生した場合、どのような手続きが必要になるかご存知でしょう…

  3. 不動産を売りたい場合は不動産会社に連絡してみるとよい理由

    もし不動産を売りたいという場合、不動産会社に連絡するとどのような流れで売却されるようになるのでしょう…

  4. 不動産を売却する上で発生する消費税の簡易課税による事業区分

    簡易課税制度は、仕入控除税額を課税売上高に対する税額の一定割合にする制度のため、事業区分ごとに適用と…

  5. 意外と残らない?不動産売却益に対する税金は取得費と譲渡費用次第?…

    不動産は安く購入して高く売ればその分の利益を得ることができます。 ただし高く売却できた場合、その…

  6. 農地を相続する場合には納税猶予の特例が利用できる?

    日本の農業問題で最も指摘されることが多いのが、農業従事者の高齢化問題です。高齢化により、農家の相続も…

  7. 不動産売却において注意したい固定資産税を精算した時の仕訳処理

    固定資産税は、対象となる不動産をその年の1月1日時点で所有していた方に対して課税されます。…

  8. 相続した土地などを売却する時には年金や健康保険まで考慮が必要?

    相続人が複数人いて、親から引継いだ土地などを分けるために不動産を売却する場合、発生する相続税や譲渡所…

ピックアップ記事

PAGE TOP