menu

個人が不動産を売却した時でも消費税は課税される?

不動産を売却する時にはとても大きな金額が動くことになりますので、消費税が10%に増税された今、個人が不動産を売却する時でも消費税は課税されるのか気になるところかもしれません。

消費税が課税されるのとされないのとでは、動くお金も大きく異なることとなりますので、個人の場合の消費税の扱いについて確認しておきましょう。

そもそも消費税とは?

消費税とは、国内で事業者が事業として対価を得るために行う資産の譲渡や貸付け、役務の提供などの取引に対し課税される税金とされています。国内取引で消費税の納税義務者となっているのは個人事業主と法人です。

事業者が事業として行う取引とは?

例えば不動産会社などの事業者が、対価として金銭を受け取ることを目的とし不動産を売却したり賃貸することを指しています。

個人であれば、例えば中古車販売業を営む個人事業主が中古車を売ることは事業に含まれますが、一般的なサラリーマンなどの個人がもう乗らなくなった愛車を売却することは事業ではないということです。

対価を得て行う取引とは?

売主である不動産会社などが、商品やサービスを提供して買主がそれに対する代金を支払うことです。

なお、個人事業主が自分の販売する商品を自宅で使っていたり、法人が自社商品を役員に贈与した場合なども、対価を得て行う取引に含まれます。

不動産売却で消費税は課税対象?

不動産の売買でもその対象が土地の場合、売却や貸付けで消費税は課税されません。

土地は使用により消費するものではないため、課税の対象としてなじまないものとされるからです。

ただし不動産が建物の場合は、消費税の課税対象となりますが、あくまでも事業者が事業として対価を得て行うことを目的とする場合なので、個人同士による売買なら建物にも消費税はかかりません。

不動産会社に仲介業務を依頼する場合でも、個人間の取引なら消費税は非課税の扱いとなります。ただし、売主が不動産会社などの場合は、建物部分だけ消費税の課税対象になります。

個人が不動産を売却した場合でも消費税が課税されるケースもある

個人が不動産を売却した場合、土地や建物など不動産の売却そのものには消費税はかかりません。

ただ、仲介を依頼した不動産会社に対して支払う仲介手数料や、銀行から融資を受けていた場合において一括で繰り上げ返済した時に発生した手数料、設定されていた抵当権を抹消する登記の手続きを司法書士に依頼した時に発生する報酬については、消費税の課税対象となっています。

相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

相続が発生すると所得税を申告することが必要になる?

関連記事

  1. 個人が所有する不動産を売却した場合の消費税の扱いは?

    将来的に消費税は8%から10%に増税されます。 一戸建てやマンションなどを購入する場合には物件購…

  2. 不動産売却において注意したい固定資産税を精算した時の仕訳処理

    固定資産税は、対象となる不動産をその年の1月1日時点で所有していた方に対して課税されます。…

  3. 不動産を売却する場合は短期で譲渡したほうが実はお得?

    不動産を売却する時には、譲渡の対象となる不動産の保有期間に注意しましょう。なぜなら譲渡所得に対しての…

  4. 意外と残らない?不動産売却益に対する税金は取得費と譲渡費用次第?…

    不動産は安く購入して高く売ればその分の利益を得ることができます。 ただし高く売却できた場合、その…

  5. 住宅ローン破たんが老後破産を招く

    マイホーム取得はいつの時代も夢・目標に設定されやすいものです。ずっと思い描いていた夢のマイホームを、…

  6. 他人事ではない!? 土地区画整理地の売買について

    年月の経過とともに、再開発される地域も増えており、開発にあわせて細い路地などが入り組んだ地域の区画を…

  7. 不動産を売却した場合の法人税の計算方法とは?

    不動産を売却して利益が発生した場合、個人なら給与所得などとは別に、譲渡所得という形で税金の申告が必要…

  8. 不動産を売りたい場合は不動産会社に連絡してみるとよい理由

    もし不動産を売りたいという場合、不動産会社に連絡するとどのような流れで売却されるようになるのでしょう…

ピックアップ記事

PAGE TOP