menu

不動産売却手続きは委任状があれば代理人に依頼可能?

不動産の売却を行う場合には、不動産を売却するもの、購入するもの、不動産仲介業者が立ち会いのもと、売買契約を締結することが一般的です。

しかし、その当日どうしても都合がつかなかったり、諸事情により契約の現場に行けないという場合には、委任状があれば代理人に手続きを代わってもらうことは可能なのでしょうか。

本来は当事者が立ち会うことが原則

不動産の売買取引などは、原則、不動産の所有者である売主と、その不動産を購入する買主が立ち会い契約することになります。

ただ、事情があって本人が立ち会いできないという場合には、委任状により第三者に手続きの代理権を付与し、代わりに手続きを行ってもらうことも可能です。

この時に必要となる委任状ですが、不動産売買契約を結ぶ上でどの手続きにおいて委任されるのかその範囲を明確に規定することが必要です。

委任状にはどのような項目を記載すればよい?

委任する内容を明確にする上で、次の項目を委任状に記載することとなります。

・土地の所在、地番、地目、地積などの表示事項
・建物の所在、家屋番号、種類、構造、床面積などの表示事項
・委任の範囲(媒介委託に関する権限、不動産売買契約締結に関する権限、手付金・売買代金の受領など関する権限、物件引き渡しに関する権限など)
・代理人の住所・氏名
・不動産所有者本人の署名・実印押印
・日付

これらの項目が記載された委任状を準備した上で、委任状だけでなく不動産所有者本人の印鑑証明書(3か月以内のもの)や実印、住民票、委任を受けて手続きを代理する方の印鑑証明書(3か月以内のもの)、実印、本人確認書類(運転免許証など)が必要となります。

不動産売買契約で手続きを第三者に委任する場合、委任状の作成は不動産仲介会社などが準備することが一般的です。

ただ、委任状の内容に署名・捺印を行うことになるので、委任状に記載されている項目などの内容に間違いがないか、登記事項証明書や登記済権利証と照合しながら確認しましょう。

そして代理人に委任する手続きの範囲が明確になっているか、曖昧な記述などがないかなども確認しておきましょう。

誰を代理人にして手続きを委任すればよい?

不動産は高額な資産ですので、その資産を売却する手続きを代理人に委任する場合、誰を代理人として選任すればよいか迷うこともあるでしょう。

選任される代理人に法的な基準や条件などの定めはありませんが、信頼できる親族、または弁護士や司法書士などの専門家から選ぶことが多いといえます。

空き地と空き家が上にある住宅用地では税金が異なる?

相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

関連記事

  1. 身内の間で不動産を売却する時の名義変更手続きのポイントは?

    他人に家を売るのではなく、親や子、兄弟など、親族や身内に不動産を譲渡したいというケースもあるでしょう…

  2. 不動産を売却する上で発生する消費税の簡易課税による事業区分

    簡易課税制度は、仕入控除税額を課税売上高に対する税額の一定割合にする制度のため、事業区分ごとに適用と…

  3. 「相続」と「遺贈」その違いとは?

    自分の死去、遺産を特定の方に引き継がせたいとき、遺言書を作成するケースがあります。そして「相続」と「…

  4. 不動産を売却した時には分離課税により税金が発生する?

    不動産を売却した時に生じた所得は「譲渡所得」として扱われますが、給与収入など他の所得と合算するのでは…

  5. 不動産売却は所有期間が短期か長期かで譲渡所得税が異なる!

    不動産を売却した時には譲渡所得税と住民税が課税されることになりますが、不動産の所有期間によって適用さ…

  6. 不動産を売却する場合は短期で譲渡したほうが実はお得?

    不動産を売却する時には、譲渡の対象となる不動産の保有期間に注意しましょう。なぜなら譲渡所得に対しての…

  7. 不動産を売却する時には設定された抵当権は必ず抹消しておくことが必…

    不動産を個人で購入する時には、銀行などで住宅ローンを利用することがほとんどでしょう。この時、…

  8. 不動産を売りたい場合は不動産会社に連絡してみるとよい理由

    もし不動産を売りたいという場合、不動産会社に連絡するとどのような流れで売却されるようになるのでしょう…

ピックアップ記事

PAGE TOP