menu

「相続」と「遺贈」その違いとは?

自分の死去、遺産を特定の方に引き継がせたいとき、遺言書を作成するケースがあります。そして「相続」と「遺言」の2種類があることをご存知でしょうか。似ているようで異なる、2つの財産承継方法について、ご紹介いたします。

・相続とは
特定の財産を特定相続人に引継ぎたい場合、遺産分割の指定などを遺言として記します。たとえば、長男は不動産、次男は金銭という形式です。この場合、相続の際に遺産分割は行わずに指定された方が、指定された財産を相続することになります。しかし、ここで注意したいのが法定相続人以外に「相続」はできないという点です。あくまで相続の対象は相続人であり、遺言も効力を持たなくなってしまう可能性があります。もし、法定相続人以外に財産を承継させたい意向があるときは、「遺贈」の形式をとります。

・遺贈とは
法定相続人以外に、財産の一部または全部を引き継がせたい場合、遺贈する旨の遺言書を残す必要があります。テレビドラマや映画のなかで、「お手伝いさんやヘルパーさんに財産を相続させる」という遺言を見たことがないでしょうか。あれが「遺贈」の遺言です。法定相続人以外の方に財産を遺すには、この方式をとるしかありません。ただし、他の法定相続人への遺留分は十分に考慮する必要があり、あらかじめ配慮した遺言書を作成したほうがよいでしょう。場合によっては遺留分を請求され、後々財産の返還を求められてしまいます。

・遺贈発生のタイミング
遺贈はどの段階で成立するのでしょうか? 原則的には遺言を遺した方が死亡した瞬間に効力を発揮するものとなり、対象の財産の所有権は遺産を受け取る方に移転します。「原則」と記載したのは、不動産だけ例外だからです。相続と異なり、遺贈で不動産を取得したときは、第三者へ権利を主張し、対抗するために所有権の移転登記をしなければなりません。なお、農地の遺贈では、農地法による許可がなければ所有権の移転登記ができないため、注意してください。

・遺贈の種類
1)特定遺贈
それぞれの財産を特定して遺贈する方法をいいます。遺贈を受ける方は、特定された財産だけを承継します。たとえ被相続人が莫大な負債を抱えていたとしても、その負債を負担する義務は生まれず、遺贈を受けるだけとなります。

2)包括遺贈
財産を特定せず、一定割合で遺贈する方法をいいます。財産の1/2を遺贈したい場合などに用いられ、遺贈を受ける方は相続人と同様の扱いになると考えてください。つまり、資産だけではなく負債も承継することになります。

・最後に
法定相続人以外に財産を遺したいという方もいらっしゃるでしょう。その場合、スムーズに遺言を執行し、遺贈を行うために遺言執行者を選任されることをオススメいたします。

遺贈の権利は放棄できる?

関連記事

  1. 個人が不動産を売却する場合は何に消費税が掛かる?

    個人が不動産を売却する時、消費税はどの費用に対して課税されるのかご存知でしょうか。不動産を売りたい場…

  2. 相続により登場する被相続人や相続人とは誰のことを指した言葉?

    相続が発生すると「被相続人」や「相続人」という言葉が出てくることになり、どの言葉が誰のことを指してい…

  3. 相続人等に対しての売渡請求は何のために行う?

    中小企業で多く見られがちなのは、自社株式を古参幹部などが保有していることで株式が分散しているというこ…

  4. 抵当権が付いた不動産を売却することはできる?

    不動産に抵当権が付いていても、法律的にはそのまま売買することは可能です。実際にもこのような取引が無い…

  5. 亡くなった人が配偶者なしで子もいない場合には誰が相続人?

    人が亡くなれば相続が発生し、配偶者や子は相続人として手続きを行うことになりますが、亡くなった人が独身…

  6. 亡くなった人が配偶者なしの場合、相続人は誰になる?

    不動産や預貯金など、人が亡くなればその人の財産は相続人に引継がれることになります。しかし故人(被相続…

  7. 不動産を売却した時には分離課税により税金が発生する?

    不動産を売却した時に生じた所得は「譲渡所得」として扱われますが、給与収入など他の所得と合算するのでは…

  8. 相続財産に該当する財産にはどのようなものがある?

    人が亡くなり相続が開始されると、被相続人(亡くなった人)の権利義務は相続人へとそのまま承継されること…

ピックアップ記事

PAGE TOP