menu

相続のこと

  1. 再婚相手の連れ子を相続人にしたい場合に必要な手続きとは?

    子連れの再婚では、再婚して新しく配偶者になった相手と子どもも自動で親子関係になるわけではありませ…

  2. 相続精算課税で贈与したほうが相続税の節税に繋がる?

    もし生前贈与を検討する場合、相続税精算課税という贈与税を減額できる制度を検討する方もいるでしょう。…

  3. 相続が発生しても家に住み続けることができる配偶者居住権とは?

    もし夫が亡くなった時、残された配偶者である妻は夫と一緒に居住していた夫の購入した家に、そのまま継続し…

  4. 年金受給者が亡くなった場合の手続き 相続人でなくても未支給年金は受取可能?

    もし年金を受給している方が亡くなって相続が発生した場合、どのような手続きが必要になるかご存知でしょう…

  5. 相続人が生命保険で保険金を受け取った時には控除が適用される?

    生命保険の契約をする時には、誰に対して保障する保険に加入し、誰が契約して保険料を支払い誰が保険金を受…

  6. 農地を相続する場合には法的に相続税が猶予される可能性が高い?

    相続財産に農地が含まれている時、宅地とは違った手続きが必要になると法律で定められています。一…

  7. 土地と建物など不動産を一括売却した時の内訳はどのような割合で考える?

    土地と建物など不動産を一括で売却した時、その内訳はどのような割合で考えて計算すればよいのか迷うという…

  8. 相続した不動産を譲渡することで課税される譲渡所得税の計算方法

    相続した不動産を譲渡することによる所得には譲渡所得税が課税されます。例え相続税を納税していたとしても…

  9. 相続が発生した時には、配偶者、子や親、兄弟姉妹の誰が相続人となる?

    親が亡くなり、相続が発生した時、誰が相続人に含まれることとなり、遺産をどのように分ければよいのかわか…

  10. 生前贈与を行う場合は相続時精算課税制度を適用させたほうが得?

    生前贈与をする場合には贈与税を納めることが必要です。しかし、贈与税の代わりとして、相続の時に相続税を…

  11. 独身の方が亡くなって相続が発生すると叔父や叔母が相続人になれる?

    独身の方が亡くなり、その方の両親も祖父母すでに亡くなっていていないという場合、親の兄弟姉妹である叔父…

  12. 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の相続分は?遺留分は請求可能?

    人が亡くなって相続が発生した時、誰が相続人になるのか、相続できる財産の割合や、最低限得ることができる…

さらに記事を表示する
PAGE TOP