menu

土地と建物など不動産を一括売却した時の内訳はどのような割合で考える?

土地と建物など不動産を一括で売却した時、その内訳はどのような割合で考えて計算すればよいのか迷うという方もいるようです。

もし、法人や個人の方が保有している土地と建物が一緒になっている不動産を売却した場合、いずれかの不動産金額を算出して両方の金額を計算する方法や、按分など割合によって分ける方法などがありますのでご説明します。

土地と建物それぞれの金額を算出する方法

不動産の売却収入を、土地と建物、それぞれに分けたいという場合、次のような方法の中から適正と思われる方法を用いて計算するようにしてください。
なお、算出した金額は、契約書に土地と建物、それぞれの金額を記載することが必要です。

いずれかの不動産の時価を優先して計算する方法

先に土地、または建物のいずれかの適正な時価を求め、売買金額から求めた金額を差し引き、もう一方の不動産の金額を算出する方法です。

どちらか一方の不動産の金額を優先して計算するので簡単な方法といえますが、売買金額と適正価額とで大きく差が生じている場合には合理的な方法ではないといえます。

両方の不動産の時価で按分する方法

土地と建物、それぞれの時価を計算して、その比率によって売買金額を按分する方法です。先に両方の時価を求めるため適正な金額を算出できますが、どのように時価を計算するのかという部分が問題として残るかもしれません。

固定資産税評価額の比率で按分する方法

土地と建物、それぞれの固定資産税評価額との比率で按分して計算する方法です。

ただ、この方法を用いる場合、建物固定資産税評価額は建物の建築価額の3割から6割程度になると言われていることや、建物固定資産税評価額の計算根拠が明確でないこと、物価上昇時など年数に比例して評価が下がらないことがあることなど、やはりいくつか問題がある点は理解しておきましょう。

不動産鑑定士に鑑定してもらう方法

適正な評価額を把握するために、不動産鑑定士に依頼して鑑定評価額を算出してもらう方法があります。自分で頭を悩ませることなく、スムーズにそれぞれの金額を把握することができるので一定の合理性がある方法といえますが、問題になるのは不動産鑑定士に支払う報酬です。少なくても数十万程は報酬として支払うことになるので、費用がかかるという部分では気になるところです。

適切と思われる方法を採用すること

他にも方法はありますが、一般的に用いられているのは以上の方法です。これらの方法のうち、適切と思われる方法で土地と建物、それぞれの金額を算出するようにしてください。

空き地管理の対策は空き家ほど進んでいない!空き地が増えることでの問題とは?

各自治自体に設けられた空き地を適切に管理するための条例による効果

関連記事

  1. 相続人に障害を持つ人がいる場合に利用できる「障害者控除」とは?

    相続が発生した時、相続人の中に障害者手帳を所持する人がいると、その人の相続税が軽減されるという制度が…

  2. 遺産分割協議はいつまでに行えばよい?相続手続きにおける期限を解説…

    家族が亡くなった時、自分だけが相続人であれば特に誰がどの財産を引き継ぐか考えなくてもよいでしょう。し…

  3. 空き家を相続すると損?増税で負の遺産に?

    人口の減少が続くことで、空き家は今後も増え続けることが予想されます。例えば親が亡くなってしまい空き家…

  4. 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の相続分は?遺留分は請求可能?

    人が亡くなって相続が発生した時、誰が相続人になるのか、相続できる財産の割合や、最低限得ることができる…

  5. 相続税を回避できる財産は存在しない?みなし相続財産とは?

    相続が発生した場合、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産や権利、義務を受継ぐことになります。そのた…

  6. 相続人である妻が家にそのまま住み続けることができる制度とは?

    民法の相続に関する相続法が改正されたことにより、亡くなった方の妻など配偶者が安心してそのまま家に…

  7. 亡くなった人が配偶者なしで子もいない場合には誰が相続人?

    人が亡くなれば相続が発生し、配偶者や子は相続人として手続きを行うことになりますが、亡くなった人が独身…

  8. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

ピックアップ記事

PAGE TOP