menu

相続した不動産を譲渡することで課税される譲渡所得税の計算方法

相続した不動産を譲渡することによる所得には譲渡所得税が課税されます。例え相続税を納税していたとしても発生する税金ですので、どのような計算方法で税額を計算するのか確認しておきましょう。

譲渡所得税はどのように算出する?

譲渡所得税を算出するにあたり、まずは相続した不動産を譲渡(売却)した価格から、その不動産を取得した時にかかった費用と売却にかかった費用を差し引き、課税譲渡所得金額を計算します。

算出した課税譲渡所得金額に対して税率を掛ければ譲渡所得の金額が計算できますが、その不動産をどのくらい所有していたのか期間によって適用される税率が異なる点に注意が必要です。

また、課税譲渡所得金額を算出する際、特別控除に該当する場合にはその金額も差し引きます。

譲渡所得税の特別控除の種類

一定要件を満たすことにより、控除を適用させ譲渡所得税を一定額まで抑えることができます。特別控除の対象となる譲渡の種類と控除額は次のとおりです。

・公共事業などを理由に売却した場合…5,000万円
・マイホーム(居住用財産)を売却した場合…3,000万円
・特定土地区画整理事業などを理由に売却した場合…2,000万円
・特定住宅地造成などの事業を理由に売却した場合…1,500万円
・平成21年および平成22年に取得した国内の土地を譲渡した場合…1,000万円
・農地保有の合理化などを理由に土地を売却した場合…800万円

また、譲渡する不動産を取得するためにかかった費用として、相続税額も一定額含めることができる特例などもあります。国税庁の公式サイトで要件を確認しておくとよいでしょう。

参考:相続財産を譲渡した場合の取得費の特例
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3267.htm

譲渡所得税を計算する時に適用される税率

相続した不動産を売却する時には、対象となる不動産を所有している期間が長いほど税率は低くなります。

その判定は所有期間が譲渡した年の1月1日時点で5年を超えるかどうかで決まります。

5年を超えない場合は短期譲渡所得、5年を超える場合は長期譲渡所得と区分されますが、短期譲渡所得の場合には所得税30%、住民税9%の税金が課税されるのに対し、長期譲渡所得なら所得税15%、住民税5%と税率を抑えることができます。

なお、2037年までは復興特別所得税2.1%がそれぞれに追加されます。

上手く特例などを活用して税金対策を

相続した不動産を売却した場合には譲渡所得税が課税されますが、相続が発生すると相続税を納めなければならないケースもあります。ただし相続税にも譲渡所得税のように特別控除が設けられていますので、上手く活用して相続において発生する税金の対策を検討していくようにしましょう。

不動産売却は所有期間が短期か長期かで譲渡所得税が異なる!

不動産のうち空き地を売却する時に注意しておきたいポイント

関連記事

  1. 相続発生後の未支給年金の所得税と相続税の扱いは?

    日本では20歳以上の成人には国民年金への加入が義務付けられています。 65歳以上の大半は老後の生…

  2. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  3. 相続放棄の期限は3か月を超えていても延長可能?

    亡くなった人のプラスの財産もマイナスの財産も一切受継がない「相続放棄」という選択をする場合、被相続人…

  4. 相続が発生しても家に住み続けることができる配偶者居住権とは?

    もし夫が亡くなった時、残された配偶者である妻は夫と一緒に居住していた夫の購入した家に、そのまま継続し…

  5. 相続した不動産は放置しないで売却したほうが良い?

    個人が所有する不動産は、自らがマイホームを購入した場合や投資目的に物件を購入した場合以外にも、親から…

  6. 相続した不動産を売却した時に税金は課税される?

    親から相続した不動産を使わないという場合、売却を検討することもあるでしょうが、例えば土地を相続した場…

  7. 相続税の申告など相続手続きの期限とは?

    親の財産を相続した場合、相続税を申告することになるかもしれません。しかし相続税の申告は人生においてそ…

  8. 財産分与で不動産を取得!税金はかかる?

    離婚すると決めた夫婦は、財産分与の話し合いを進めなければなりません。話し合いを進めるなかで、気になる…

ピックアップ記事

PAGE TOP