menu

相続が発生した時には、配偶者、子や親、兄弟姉妹の誰が相続人となる?

親が亡くなり、相続が発生した時、誰が相続人に含まれることとなり、遺産をどのように分ければよいのかわからないという方もいるでしょう。

例えば父親が亡くなった時、相続人になるのは配偶者である母親、子であると考えられますが、もし子がいなかったらどうなるのか、母親が先に亡くなっていたらどうなのだろう、祖父母や兄弟姉妹は相続に関係しないのかなど、様々な疑問が生じるかもしれません。

そこで、相続が発生した時に誰が相続人になるのか、相続手続きを行う上での基本といえる「相続の順位」について確認しておきましょう。

「配偶者」は常に相続人

相続が発生した時に誰が相続人になるのかを示す「相続の順位」ですが、亡くなった人方の配偶者にあわせ、血族も相続人として含まれます。

血族とは、亡くなった方の子、親、兄弟姉妹など、血縁関係にある親族のことです。

配偶者は常に相続人に含まれますが、あわせて相続人となる血族は、優先順位により相続人に含まれるか決まります。

第1順位は「子または直系卑属」

配偶者以外で最も相続人として優先されるのは、亡くなった方の「子」です。子が複数人いれば、それぞれ同じ割合で相続します。

例えば配偶者と子が複数いる場合の遺産の相続割合は、配偶者が2分の1、子が2分の1ですので、子が複数いれば2分の1を人数分で分けることになります。

仮に亡くなった方よりも先に子が亡くなっている場合には、その「子」である亡くなった方の「孫」が相続人です。

第2順位は「親または直系尊属」

亡くなった方に子がいない場合は、配偶者と同時に親が相続人になります。

配偶者と親が相続人の場合の相続分は、配偶者3分の2、親3分の1という割合です。
両親が健在していれば、親の相続分3分の1を両親2人で分け6分の1ずつ相続することになります。

もし親が亡くなった方よりも先に亡くなっている場合には、祖父母が相続人です。

第3順位は「兄弟姉妹」

亡くなった方に子も親もいない場合は、配偶者と同時に兄弟姉妹が相続人です。

この場合の相続分は、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1となり、複数人、兄弟姉妹がいれば4分の1をその人数分で分ける形となります。

もし兄弟姉妹も先に亡くなっている場合には、その「子」である亡くなった方の「甥または姪」が相続人です。

□兄弟姉妹の代襲相続は1代限り

ただし注意したいのは、子や親がいない時には何世代にも渡り、該当する直系卑属、または尊属が存在するまでさかのぼって代襲相続されますが、兄弟姉妹の場合は1代限りです。

仮に兄弟姉妹も甥・姪も亡くなった方より先に亡くなっていたとしても、その先の世代には相続が受け継がれません。

兄弟姉妹の代襲相続は1代限りであると理解しておきましょう。

不動産を売却する上で発生する消費税の簡易課税による事業区分

空き地や空き家を管理せず放置すると結局は負担が大きくなる理由

関連記事

  1. 相続する相手が孫の場合には税金の負担が増える?

    自分の財産を相続で孫にも分けようと考えている方もいることでしょう。かわいがった孫に自分の財産を引き継…

  2. 相続人に障害を持つ人がいる場合に利用できる「障害者控除」とは?

    相続が発生した時、相続人の中に障害者手帳を所持する人がいると、その人の相続税が軽減されるという制度が…

  3. 相続した財産に連帯債務が含まれる場合の扱いは?

    相続の際に事前に対策を講じておきたい「連帯債務」についてご存知でしょうか。 「連帯保証」という言…

  4. 相続税はどのような場合に非課税になる?

    財産を相続すると相続税が課税されることを心配されるかもしれませんが、財産が一定金額以下の場合には非課…

  5. 遺産相続手続きのやり方は?その流れを把握しておく

    人が亡くなり、相続が発生した場合には色々なことで慌ただしくなり、どのような手続きが必要でいつまでに行…

  6. 家を長男に相続させたいなら法定相続人の理解を得ておくこと

    子が複数人いるけれど、例えば長男に家を引継がせたいという場合には少なくとも遺言書を作成しておく必要が…

  7. 相続した不動産を売却した時に税金は課税される?

    親から相続した不動産を使わないという場合、売却を検討することもあるでしょうが、例えば土地を相続した場…

  8. 本当に日本の相続税は高い?他国と比較した場合はどう?

    北欧諸国は福利厚生が手厚いので相続税を廃止している国もあり、途上国でも相続税はなく、中国、香港、イン…

ピックアップ記事

PAGE TOP