menu

親が亡くなって実家が空き家になったら早めの名義変更手続きを

現在、空き家を持っている人、これから空き家を所有する予定がある人など、空き家の名義を変更する手続きが必要です。すでに待ったなしの状況といわれるのは、今後、ますます空き家は増え続けていくことが予想されているからです。

リフォームが済んでいる場合や、立地条件がよい物件あら、空き家として価値が高いので売却や賃貸住宅として利用できる可能性があります。

しかし空き家の名義が亡くなった人のままでは、利活用することができないので早めに手続きを行うようにしてください。

親が亡くなれば実家は子が相続する?

親が亡くなると、親が住んでいた実家は子が相続することが一般的です。

まだ土地の値段が高い時代なら、実家の相続も兄弟姉妹などの間で争いとなりがちでしたが、現在は相続しても誰も住むことがなく、管理が大変という理由で誰も相続をしたがらない状況です。

誰も相続しないというわけにはいきませんので、それなら公平に兄弟姉妹で分けようと共有名義にしてしまうケースもあります。

しかし兄弟姉妹の共有名義にしてしまうと、今度は兄弟姉妹が亡くなったときの相続に影響することになりますし、売却などの際には所有者のいずれかが反対すれば話が進まなくなります。

親が元気な間に、誰が相続するのかを話合って決めておくことで、その後、実家をどうするのかで悩むことは少なくなるでしょう。

名義変更されないまま放置されると後で登記が困難に

実際、家屋が登記されていない未登記状態のものや、所有者が亡くなっても名義変更登記が実施されないままというケースは少なくありません。

しかし、亡くなった人から数代相続が進んでいて、相続登記に至らないという状況もみられるため、早めの名義変更手続きが必要になるといえるでしょう。

空き家も管理が必要であることを踏まえて名義変更手続きを

また、空き家に住む予定がある場合、または住む予定はないけれど所有し続けている場合、売却して所有者が変わるまで維持管理を続けることが必要です。

維持管理をしないで放置していれば、庭木は伸び放題となり隣家に侵入してしまうかもしれませんし、建物は朽ち果て屋根や壁が剥がれ落ちて通行人にケガをさせる可能性も出てきます。

さらに不審人物や小動物が住みついてしまうなど、治安や衛生面に悪影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

このような状況を防ぐためには、所有者の責任として空き家を管理して行くことが必要です。そのためにも親が亡くなって相続が発生した場合などは、誰が所有者なのか名義変更手続きでしっかりと確定させることを早めに行うようにしましょう。

所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

不動産売却で一時的に所得が発生すれば税金がかかる!

関連記事

  1. 相続が発生すると所得税を申告することが必要になる?

    人がなくなり相続が発生し、残された財産を相続した時には所得が増えて所得税の課税対象になるのでは?と不…

  2. 「家なき子特例」で土地の相続税を節税する方法とは?

    相続税を支払うために住んでいる家や土地を売る必要性が出てくれば、残された家族の生活拠点が脅かされるこ…

  3. 相続で損をしないために…知っておきたい控除の話

    平成27年に行われた相続税の改正によって、これまで課税対象とならなかった方々も相続税が発生する可能性…

  4. 相続した土地などを売却する時には年金や健康保険まで考慮が必要?

    相続人が複数人いて、親から引継いだ土地などを分けるために不動産を売却する場合、発生する相続税や譲渡所…

  5. 相続税は誰が払う義務がある?納税義務者は?

    不動産を相続した時には相続税がかかるケースがあります。相続税が課税されるのは相続を受けた人のうち約5…

  6. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  7. 家を長男に相続させたいなら法定相続人の理解を得ておくこと

    子が複数人いるけれど、例えば長男に家を引継がせたいという場合には少なくとも遺言書を作成しておく必要が…

  8. 亡くなった人が配偶者なしの場合、相続人は誰になる?

    不動産や預貯金など、人が亡くなればその人の財産は相続人に引継がれることになります。しかし故人(被相続…

ピックアップ記事

PAGE TOP