menu

相続した土地を売却して複数の相続人で分配するときの注意点とは?

相続が発生したことで亡くなった人の相続財産を複数の相続人で分けるとき、土地や家など不動産が財産に含まれていると、不動産を売却した代金を相続人で配分する話でまとまることもあります。

財産の中に現預金があまりなかった場合や、不動産に誰も居住する予定がない場合など、今後、いずれかの相続人が所有者となって管理していくのも大変なので、いっそ売却して換金した方がよいと考えることになるようです。

不動産売却後に代金を分ける方法

不動産を売却して複数の相続人でその代金を分けるという場合、「換価分割」という相続人全員が共有した状態で売却を行い、法律上の相続分を分配する方法と、「代償分割」という一定の相続人が一旦不動産を取得し、のちに売却した代金でその他の相続人に代償金を支払う方法が用いられます。

□換価分割
この場合、不動産の買主にそれぞれの相続人が持分に応じた代金の支払を請求する権利を得ます。

なお、遺産分割協議書に、売却代金から不動産の測量費や仲介手数料、登記費用などの費用を控除した代金を遺産分割の対象とするという旨を明記して売却手続きを行うことが大切です。

売却後はそれぞれの相続人に対して譲渡所得税が課税されますが、亡くなった被相続人が不動産を所有していた期間によって適用される税率が異なりますので注意しましょう。

□代償分割
課税関係がより複雑になる可能性がありますので慎重に手続きを進めていくことが求められます。

不動産を取得した相続人が不動産売却をして譲渡所得税が課税されるとき、他の相続人に代償金を支払っても経費に算入できません。そのため、先に不動産を取得した相続人の負担だけが重くなる可能性がありますし、不動産を売却した代金の全額に対する譲渡所得税の支払義務まで課されることになるので他の相続人のほうが得をする可能性も出てきます。

代償分割で不動産を分割する場合には、将来発生する譲渡所得税の負担についても取り決めを行い、不公平さが生じないようにしておくことが必要です。

後でトラブルや税負担に苦しくならないために

どちらの方法も相続人全員で協議を行い合意すること、または調停で決めるという方法でしか実行できません。

相続人だけの話し合いで土地や家を売却して分けることを決めるときにはいろいろと注意しておく点があることを理解し、後で思わぬ税金の負担で生活が苦しくならないように注意しておきましょう。

希望する空き地がみつからないときの効率的な探し方は?

不動産の購入や売却を電話で誘う詐欺に注意!

関連記事

  1. 相続が発生すると所得税を申告することが必要になる?

    人がなくなり相続が発生し、残された財産を相続した時には所得が増えて所得税の課税対象になるのでは?と不…

  2. 相続発生後3 年以内に相続財産を譲渡すれば特例が適用される!

    親が亡くなり、不動産を相続したものの、利用する予定がなく、管理する手間や固定資産税の支払ないなどの負…

  3. 相続財産に未登記の不動産があった時の対応は?

    土地所有者が亡くなった後でも相続登記されてない土地などは多く存在します。 未登記により土地の所有…

  4. 相続した不動産を譲渡するなら3年以内に!その理由とは?

    もし親から土地や実家を相続したけれど、使い道もなければ住む予定もないので譲渡するという場合には、亡く…

  5. 相続する相手が孫の場合には税金の負担が増える?

    自分の財産を相続で孫にも分けようと考えている方もいることでしょう。かわいがった孫に自分の財産を引き継…

  6. 「家なき子特例」で土地の相続税を節税する方法とは?

    相続税を支払うために住んでいる家や土地を売る必要性が出てくれば、残された家族の生活拠点が脅かされるこ…

  7. 不動産相続に関すること。限定承認とは何か?

    限定承認とは民法上の制度であり相続人が遺産を相続する時に相続財産を責任の限度として相続することとされ…

  8. 相続税がお得になる!?不動産を購入したほうがいい!?

    さていつかは誰しも訪れる事になるのであろう相続問題。 なかなかその時にならないと現実的にはならな…

ピックアップ記事

PAGE TOP