menu

相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになるでしょう。
相続した人が個人事業を行っていなかった人が相続で事業を引継いだ場合、相続人は新しく個人事業を開始することになりますので、個人事業の開業届と青色承認申請書を提出する必要あります。
その期限がいつまでなのか、そして取得した資産の減価償却などについても確認しておきましょう。

 

青色承認申請書の提出期限について

相続で事業を引継いだ場合、青色承認申請書の提出期限は少し複雑になっていますので間違わないように注意してください。

・被相続人が青色申告者だった場合で、亡くなった日がその年の1月1日から8月31日であれば亡くなった日から4か月以内が提出期限です。

・被相続人が青色申告者だった場合で、亡くなった日がその年の9月1日から10月31日であればその年12月31日が提出期限です。

・被相続人が青色申告者だった場合で、亡くなった日がその年の11月1日から12月31日であれば翌年の2月15日が提出期限です。

・被相続人が白色申告者だった場合で、その年の1月16日以降に業務を承継した場合には業務を承継した日から2か月以内が提出期限です。

 

減価償却資産で引継ぐ部分は?

また、相続で取得した資産の取得価額や未償却残高は、被相続人の取得価額や未償却残高を引継ぐことになります。
ただし相続での取得は固定資産の取得になるので、取得日は被相続人が亡くなった日(相続開始日)です。
相続開始日に取得するということは減価償却方法を引継ぎませんので、減価償却方法について届出をしていなければ定額法で計算することになります。
建物や付属設備、構築物以外の車両や器具備品などは届出をすれば定率法を選択することも可能です。
譲渡所得の場合は、亡くなった人の取得時期をそのまま引継ぐことになるので、混同しないようにしましょう。

 

期限や引継ぐ部分の違いに注意を!

相続でアパートなどの減価償却資産を引継いだ場合、開業届と青色承認申請書を提出する必要がある点、提出期限は被相続人が亡くなった日や申告が青色か白色だったかで変わる点に注意してください。
そして取得価額や未償却残高はそのまま引継ぎますが、取得日は相続開始日であること、減価償却方法は引継げないことを理解しておきましょう。
また、税額が出る場合には、亡くなった人の準確定申告も必要ですので、忘れず申告するようにしましょう。

確実に節税対策!住宅ローン減税とふるさと納税は併用できる?

住宅ローンは前倒しで返済ししたほうが得?

関連記事

  1. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  2. 相続税を回避できる財産は存在しない?みなし相続財産とは?

    相続が発生した場合、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産や権利、義務を受継ぐことになります。そのた…

  3. 相続が発生した時には、配偶者、子や親、兄弟姉妹の誰が相続人となる…

    親が亡くなり、相続が発生した時、誰が相続人に含まれることとなり、遺産をどのように分ければよいのかわか…

  4. 相続した財産に連帯債務が含まれる場合の扱いは?

    相続の際に事前に対策を講じておきたい「連帯債務」についてご存知でしょうか。 「連帯保証」という言…

  5. 家を長男に相続させたいなら法定相続人の理解を得ておくこと

    子が複数人いるけれど、例えば長男に家を引継がせたいという場合には少なくとも遺言書を作成しておく必要が…

  6. 相続で損をしないために…知っておきたい控除の話

    平成27年に行われた相続税の改正によって、これまで課税対象とならなかった方々も相続税が発生する可能性…

  7. 子どものいない夫婦のいずれかが亡くなれば相続財産は残った配偶者が…

    子どもがいない夫婦で、仮に夫が亡くなった場合、残された財産はすべて妻が取得できるのでしょうか。…

  8. 遺産分割協議はいつまでに行えばよい?相続手続きにおける期限を解説…

    家族が亡くなった時、自分だけが相続人であれば特に誰がどの財産を引き継ぐか考えなくてもよいでしょう。し…

ピックアップ記事

PAGE TOP