menu

相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになるでしょう。
相続した人が個人事業を行っていなかった人が相続で事業を引継いだ場合、相続人は新しく個人事業を開始することになりますので、個人事業の開業届と青色承認申請書を提出する必要あります。
その期限がいつまでなのか、そして取得した資産の減価償却などについても確認しておきましょう。

 

青色承認申請書の提出期限について

相続で事業を引継いだ場合、青色承認申請書の提出期限は少し複雑になっていますので間違わないように注意してください。

・被相続人が青色申告者だった場合で、亡くなった日がその年の1月1日から8月31日であれば亡くなった日から4か月以内が提出期限です。

・被相続人が青色申告者だった場合で、亡くなった日がその年の9月1日から10月31日であればその年12月31日が提出期限です。

・被相続人が青色申告者だった場合で、亡くなった日がその年の11月1日から12月31日であれば翌年の2月15日が提出期限です。

・被相続人が白色申告者だった場合で、その年の1月16日以降に業務を承継した場合には業務を承継した日から2か月以内が提出期限です。

 

減価償却資産で引継ぐ部分は?

また、相続で取得した資産の取得価額や未償却残高は、被相続人の取得価額や未償却残高を引継ぐことになります。
ただし相続での取得は固定資産の取得になるので、取得日は被相続人が亡くなった日(相続開始日)です。
相続開始日に取得するということは減価償却方法を引継ぎませんので、減価償却方法について届出をしていなければ定額法で計算することになります。
建物や付属設備、構築物以外の車両や器具備品などは届出をすれば定率法を選択することも可能です。
譲渡所得の場合は、亡くなった人の取得時期をそのまま引継ぐことになるので、混同しないようにしましょう。

 

期限や引継ぐ部分の違いに注意を!

相続でアパートなどの減価償却資産を引継いだ場合、開業届と青色承認申請書を提出する必要がある点、提出期限は被相続人が亡くなった日や申告が青色か白色だったかで変わる点に注意してください。
そして取得価額や未償却残高はそのまま引継ぎますが、取得日は相続開始日であること、減価償却方法は引継げないことを理解しておきましょう。
また、税額が出る場合には、亡くなった人の準確定申告も必要ですので、忘れず申告するようにしましょう。

確実に節税対策!住宅ローン減税とふるさと納税は併用できる?

住宅ローンは前倒しで返済ししたほうが得?

関連記事

  1. 相続財産に未登記の不動産があった時の対応は?

    土地所有者が亡くなった後でも相続登記されてない土地などは多く存在します。 未登記により土地の所有…

  2. 相続する相手が孫の場合には税金の負担が増える?

    自分の財産を相続で孫にも分けようと考えている方もいることでしょう。かわいがった孫に自分の財産を引き継…

  3. 相続発生後の未支給年金の所得税と相続税の扱いは?

    日本では20歳以上の成人には国民年金への加入が義務付けられています。 65歳以上の大半は老後の生…

  4. 子どものいない夫婦のいずれかが亡くなれば相続財産は残った配偶者が…

    子どもがいない夫婦で、仮に夫が亡くなった場合、残された財産はすべて妻が取得できるのでしょうか。…

  5. 相続税対策に生前贈与と死後の相続はどちらが良い?

    亡くなるとその人の相続人が財産を引き継ぐことになりますが、この時に問題になるのが相続税です。 税…

  6. 空き家を相続すると損?増税で負の遺産に?

    人口の減少が続くことで、空き家は今後も増え続けることが予想されます。例えば親が亡くなってしまい空き家…

  7. 相続した土地を売却しよう!税金はどのくらいかかる?

    相続した土地を持て余しているという方は非常に多いのではないでしょうか? そのまま放置されており結…

  8. 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の相続分は?遺留分は請求可能?

    人が亡くなって相続が発生した時、誰が相続人になるのか、相続できる財産の割合や、最低限得ることができる…

ピックアップ記事

PAGE TOP