menu

遺産相続で内容証明が送られてきた!どのように対応する?

相続に関する法律問題は色々ありますが、もしもある日突然、普段からあまり交流のない身内などから遺産相続に関する内容証明が送られてきたらどうしますか?
すでにそのような状況下にある人や、いずれそのような事態に見舞われる可能性がある人、そして自分が送ろうか考えている人など、どのような状況が生じるかを確認し、対応方法も検討して行きましょう。

 

差出人は誰?送り主の確認を

まず誰が差出人なのかを確認しましょう。誰の相続分に対しての遺産相続で、誰が相続人になるかを把握することが必要です。
なお、差出人が相続人となる身内以外の代理人や司法書士などの場合には、ネットから司法書士会や日本司法書士会連合会などのWebサイトを閲覧し、登録されている専門家なのか確認しておきましょう。弁護士である場合も同様に、日本弁護士連合会などで確認します。

 

文書の中身は何なのか?

次にどのような文書が送られてきたのか、内容を確認します。
遺産相続に関する意思表示という内容であれば、遺産を承認して相続するか、もしくは放棄するかを3か月以内に決めることが必要です。
いずれにしても法的な期限内に返答する必要がありますので、迅速に行動することが求められるでしょう。

 

遺産分割の内容を確認する

ただし送られてきた書類が遺産相続のための必要書類の場合には、遺産分割協議書(案)が同封されているはずです。
記載されている協議内容に異存がないのなら、署名と実印の押印、そして自分の印鑑証明を添えて返送することになります。しかし本当にその遺産分割の内容で良いのかを確認しておくことが必要です。

 

自己判断ではなく専門家に相談したほうが良い

遺産分割の内容によっては、自分が不利な条件になっているケースもあるかもしれません。そもそも内容証明で送って来るくらいなので、とても重要な内容であることが考えられます。
法律を扱う専門家である弁護士や司法書士が差出人の場合には、依頼者と代理契約を結んでいることを証明する意味としても送ってきている可能性も考えられるでしょう。
そのように考えると、仮に遺産分割の内容に不満があり、承諾できないという場合は自分も法律の専門家に介入してもらったほうが良いということになります。

 

安易な返答だけは避けること

相続は内容が複雑になるケースも多々ありますし、送り主から一方的な主張ばかりを繰り返されることも想定されます。
そのため内容証明にただ返答することを目的とするのではなく、財産の正当化を主張するという意味でも安易に印鑑を押して送り返さない様にしましょう。

空き家が我が子に及ぼす影響とは?相続が発生する前に

空き家を自治体やNPO団体と一緒に活用する方法とは?

関連記事

  1. 相続精算課税で贈与したほうが相続税の節税に繋がる?

    もし生前贈与を検討する場合、相続税精算課税という贈与税を減額できる制度を検討する方もいるでしょう。…

  2. 相続財産は財産分与の対象になる?

    夫婦関係がうまくいかなくなって離婚を検討することもあるでしょう。その場合、夫婦の一方が離婚前に親から…

  3. 意外に多い相続争い!たった家1つの相続で大問題!

    家を相続すると言うのはそう簡単なものではありません。 正直、相続なんてそう簡単にするものではあり…

  4. 相続人が生命保険で保険金を受け取った時には控除が適用される?

    生命保険の契約をする時には、誰に対して保障する保険に加入し、誰が契約して保険料を支払い誰が保険金を受…

  5. 相続で保証債務・連帯債務は債務控除できるのか?

    仮に親などが亡くなり相続が発生し、相続財産に自宅が含まれ、さらに住宅ローンが完済されておらず「連帯債…

  6. 土地と建物など不動産を一括売却した時の内訳はどのような割合で考え…

    土地と建物など不動産を一括で売却した時、その内訳はどのような割合で考えて計算すればよいのか迷うという…

  7. 相続した土地を売却しよう!税金はどのくらいかかる?

    相続した土地を持て余しているという方は非常に多いのではないでしょうか? そのまま放置されており結…

  8. 相続による年金受給権は雑所得?所得税や相続税が掛かる年金と掛から…

    相続や遺贈、または贈与などで取得した、年金受給権に係る「生命保険契約」または「損害保険契約」などに基…

ピックアップ記事

PAGE TOP