menu

相続で保証債務・連帯債務は債務控除できるのか?

仮に親などが亡くなり相続が発生し、相続財産に自宅が含まれ、さらに住宅ローンが完済されておらず「連帯債務」だった時には相続税にどのような影響があるのでしょう。また、気になるのは借金の保証人などになっていた場合です。
相続税とは相続した財産に対してかかる税金ですが、相続した財産の全てが課税対象になるのではなく、課税対象となるのは財産から借入金や未払いの税金など債務を差し引いた部分です。
財産から債務を差し引くことを「債務控除」と言いますが、連帯債務や保証債務は債務控除の対象となるのでしょうか。

 

連帯債務は共に債務を返済すること?

複数の人が1つの債務を連帯して返済することを「連帯債務」といいます。例えば夫婦でマイホームを購入する際に、夫婦が連帯して返済する形で契約した住宅ローンなどが連帯債務に該当します。

 

保証債務は保証人のこと?

保証債務は、債務者が債務の返済ができなくなった時に、債務を肩代わりすることです。
例えば債務者が銀行から融資を受ける際に保証人を付けるケースがありますが、債務者が債務を返済できない状況に陥った時に保証人が支払うべき債務が保証債務です。
保証人は銀行に対して債務を支払った後、債務者に対して返済を求めることが出来ますが、これを求償権といいます。
保証債務とは、債務者が返済を履行しない時にはじめて保証人に返済を請求できること、そして保証人には求償権があるという点を理解しておきましょう。

 

連帯債務は債務控除できる?

連帯債務については、連帯債務者のうち債務控除を受けようとする人の負担するべき金額が債務控除の対象です。
例えば夫婦で連帯債務により住宅ローンを組んでおり、夫持ち分3分の2、妻3分の1の持ち分でローン残高が1,500万円だとします。夫が亡くなったことで相続が発生した時、債務控除できるのは「1,500万円×2/3=1,000万円」となります。
なお、負担するべき金額が明確ではない場合で、連帯債務者の中に弁済不能状態の人が存在し、さらに求償しても弁済される見込みがなく、弁済不能者分も負担する必要がある場合はその負担分についても債務控除が可能です。

 

保証債務は債務控除が難しい?

保証債務は債権者から請求されるかが明確でなく、仮に請求された場合でも債務者に対して求償することができますので確実な債務とは言い切れません。そのため原則、債務控除の対象にはならないと理解しておきましょう。
ただし債務者が弁済不能状態に陥っており、保証人が債務を履行する必要があることや、債務者に対して求償権を行使しても弁済される見込みがない場合には債務控除の対象になると考えられます。

 

相続税の計算上で債務控除可能な部分は把握が必要

相続税の計算上、相続する財産から債務控除できる部分があるかどうかは税額に大きく影響します。そのため、連帯債務や債務保証などの有無についても把握しておく必要があると言えるでしょう。

空き家や空き地を適正に管理する責任は誰にある?

相続財産に未登記の不動産があった時の対応は?

関連記事

  1. 相続放棄の期限は3か月を超えていても延長可能?

    亡くなった人のプラスの財産もマイナスの財産も一切受継がない「相続放棄」という選択をする場合、被相続人…

  2. 相続税を回避できる財産は存在しない?みなし相続財産とは?

    相続が発生した場合、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産や権利、義務を受継ぐことになります。そのた…

  3. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  4. 相続法が改正されたことで今後の相続手続きはどのように変わる?

    人が亡くなると相続が発生することになりますが、その効力を定めている相続法は何と約40年ぶりに改正され…

  5. 遺産分割協議はいつまでに行えばよい?相続手続きにおける期限を解説…

    家族が亡くなった時、自分だけが相続人であれば特に誰がどの財産を引き継ぐか考えなくてもよいでしょう。し…

  6. 相続した不動産を売却した場合、譲渡所得に対する税金は?

    土地や建物を相続した場合、今後、土地に家を建てたり家に住んだりということがなく、賃貸などに活用する予…

  7. 相続した不動産を売却したときに発生する譲渡所得を抑える方法とは?…

    実家を相続したけれど、住む予定もないし賃貸物件として活用する予定もないという場合、所有していれば管理…

  8. 相続財産に該当する財産にはどのようなものがある?

    人が亡くなり相続が開始されると、被相続人(亡くなった人)の権利義務は相続人へとそのまま承継されること…

ピックアップ記事

PAGE TOP