menu

相続税はなぜ払う必要がある?家庭の問題に税が関係する理由

なぜ人が亡くなり、遺産の相続を受けると「相続税」を支払う必要があるのだろうと思ったことはありませんか?
確かに自分の親が亡くなり、その財産を受け継いだ子が税金を納税しなくてはいけないのは、家庭内のことで税金が絡むため納得できない人もいるでしょう。
ただし相続税は相続財産を受け取れば全員が支払う必要はありませんので、支払わなくてはいけないケースとそうでないケースなどを踏まえながら確認していきましょう。

 

基礎控除額を超える財産を相続すれば課税される

相続税は亡くなったから受取った財産が、一定金額を超える場合には課税されます。
相続税には基礎控除額が設けられており、「3,000万円+相続人の数×600万円」で計算した額は控除されます。そのためこの額以下の相続財産であれば、相続税は掛からないということになります。
この基礎控除は、平成26年以前は「5,000万円+相続人の数×1,000万円」で計算されていましたので、現在の計算方法になった事によって、これまでは相続税とは無縁だった人も関係する様になりました。

 

相続税が掛かるかは相続財産の総額で判定する

相続税を支払うのは、相続財産を受け取った人たちそれぞれですが、相続税が掛かるかの判定は亡くなった人の相続財産の総額により行います。
仮に亡くなった人の配偶者と子が相続人の場合で、相続財産5,000万円のうち配偶者が4,500万円、子が500万円を受け取ったケースでは、相続財産の総額で判定するので500万円しか受取っていない子も相続税の対象です。

 

相続税の趣旨とは?

相続税の趣旨は、格差を是正すること、そして富を再配分するという意味があります。相続税がなければ富裕層が固定化される事になるので、亡くなった時に富を再配分するために設けられていると考えられます。
しかし国に納める税金なので、国民に直接還元される訳でもありません。結局のところは、格差を是正するためと言えるでしょう。
仮にこれまで色々な特例制度などを活用して、納税を上手くすり抜けることが出来ていた人からも、相続税のタイミングで取り戻そうという動きの表れだと考えられます。

 

今後相続が発生した時のために

もし相続税が関係してくるかを知りたいなら、相続対象となる財産を洗い出して総額いくらになるかを確認しましょう。
仮に相続税を納税する必要が出た時のためにも、納税資金については準備しておかなければ後々困ることになる可能性もあります。

空き家にかかる電気代ってどのくらい?水道光熱費の目安は?

居住用不動産を売却した時に税金が控除される制度とは?

関連記事

  1. 相続税は誰が払う義務がある?納税義務者は?

    不動産を相続した時には相続税がかかるケースがあります。相続税が課税されるのは相続を受けた人のうち約5…

  2. 土地と建物など不動産を一括売却した時の内訳はどのような割合で考え…

    土地と建物など不動産を一括で売却した時、その内訳はどのような割合で考えて計算すればよいのか迷うという…

  3. 相続した不動産を売却したときに発生する譲渡所得を抑える方法とは?…

    実家を相続したけれど、住む予定もないし賃貸物件として活用する予定もないという場合、所有していれば管理…

  4. 相続した不動産を売却した場合、譲渡所得に対する税金は?

    土地や建物を相続した場合、今後、土地に家を建てたり家に住んだりということがなく、賃貸などに活用する予…

  5. 相続税がお得になる!?不動産を購入したほうがいい!?

    さていつかは誰しも訪れる事になるのであろう相続問題。 なかなかその時にならないと現実的にはならな…

  6. 相続税が増税?軽減するための対策とは?

    平成25年度の税制改正大綱で相続税が平成27年1月1日から増税となりました。相続税増税の影響で、これ…

  7. 相続で不動産を引き継いだ時には不動産取得税を納めなければならない…

    相続で不動産を取得した時でも、購入した時のように不動産取得税を納めなければならないのだろうか?と…

  8. 相続した財産に連帯債務が含まれる場合の扱いは?

    相続の際に事前に対策を講じておきたい「連帯債務」についてご存知でしょうか。 「連帯保証」という言…

ピックアップ記事

PAGE TOP