menu

相続税を回避できる財産は存在しない?みなし相続財産とは?

相続が発生した場合、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産や権利、義務を受継ぐことになります。そのため預貯金や不動産だけでなく、借金や未払い金なども財産としてカウントされる事を理解しておく必要があるでしょう。
また、遺産分割協議の対象にならない財産でも、相続税上では相続財産とみなされる財産もあります。例えば被相続人から死亡日前3年以内に贈与で受取った財産や、相続時精算課税制度により贈与を受けた財産については相続税の課税対象ですので注意が必要です。

みなし相続財産とはどのような財産?
税法上のみなし相続財産は遺産分割協議の対象には含まれません。例えば生命保険金や損害保険金、弔慰金、花輪代などは被相続人が存命中から所有していた財産ではありませんので、遺産分割協議の対象にはなりません。

・弔慰金や花輪代
金額が世間一般的な常識の範囲であることが条件です。どの範囲が常識的な金額かについては、相続税法で形式基準として業務上の死亡であれば普通給与(賞与以外)の3年分、業務上の死亡でない場合は普通給与の半年分までを非課税としており、この額を超える分は退職金に含め課税する扱いに取り決められています。

・生命保険金や退職手当金
死亡退職金、生命保険金や損害保険金(保険料を支払っていたのが被相続人だった場合)も相続財産とみなされますが、それぞれ「500万円×法定相続人の数」までは相続税がかかりません。
この法定相続人の数には、相続の放棄があった場合でも放棄がなかったものとして人数に含み計算します。

・事故で亡くなった場合の損害賠償金
被相続人が亡くなった原因が交通事故などのケースでは、契約していた保険から生命保険金や損害保険金、そして損害賠償金が支払われることがあります。
損害賠償金には色々な種類があり、例えば遺族の精神的苦痛に対する慰謝料としての賠償金は相続税や所得税は課税されませんが、事故による医療費や逸失利益などは相続財産に含まれます。

・国や地方公共団体などへ寄附した財産
仮に相続財産を国や地方公共団体、特定の公益法人や認定NPO法人などに寄附した場合、寄附した財産に対して相続税は課税されません。
ただし特定の公益法人に対する寄附については、既に設立されている公益法人に対する寄附であり、公益法人が寄附された財産を2年以内に公益事業の用に供すること、さらに寄附をすることで不当に税金が安くならないことなどの制限が設けられています。

相続税のかからない財産とは?
そして財産の中には相続税がかからないものもあります。例えば墓地や墓石、仏壇、仏具、神棚、香典などがそれに該当します。ただし骨董品として金の仏像などを所有していた場合は非課税にはなりません。

相続財産ではないと自己判断しないこと
このように遺産分割協議の上では財産としてカウントされなかったのに、相続税上では計算に含まれる財産も存在します。
相続財産には色々な種類があり、財産にならないだろうと自己判断で処分してしまった後で問題になってしまうので注意する必要があるでしょう。

相続税はいつまでに申告して納める必要がある?

隣の空き地には何が建築されるか調べることは可能?

関連記事

  1. 相続した不動産を譲渡することで課税される譲渡所得税の計算方法

    相続した不動産を譲渡することによる所得には譲渡所得税が課税されます。例え相続税を納税していたとしても…

  2. 相続が発生した時の財産評価の方法について

    相続が発生した場合の相続税を計算するときには、相続で取得した土地や家屋を評価する必要があります。…

  3. 無償で不動産を渡した場合の登記原因は?離婚の場合も贈与?

    既に生きている人との間で無償により不動産を渡す場合など、登記原因を「贈与とした所有権移転登記が必要に…

  4. 相続する相手が孫の場合には税金の負担が増える?

    自分の財産を相続で孫にも分けようと考えている方もいることでしょう。かわいがった孫に自分の財産を引き継…

  5. 相続発生後の未支給年金の所得税と相続税の扱いは?

    日本では20歳以上の成人には国民年金への加入が義務付けられています。 65歳以上の大半は老後の生…

  6. 空き家を相続すると損?増税で負の遺産に?

    人口の減少が続くことで、空き家は今後も増え続けることが予想されます。例えば親が亡くなってしまい空き家…

  7. 相続税はどのような場合に非課税になる?

    財産を相続すると相続税が課税されることを心配されるかもしれませんが、財産が一定金額以下の場合には非課…

  8. 亡くなった人が配偶者なしで子もいない場合には誰が相続人?

    人が亡くなれば相続が発生し、配偶者や子は相続人として手続きを行うことになりますが、亡くなった人が独身…

ピックアップ記事

PAGE TOP