menu

相続税はいつまでに申告して納める必要がある?

相続が発生すると、銀行口座の解約や払い戻し、不動産の名義変更など、様々な手続きが必要になり、遺産総額によっては相続税の申告も必要です。
相続税の申告は財産の内容を全て把握した上で作業を行いますが、相続税にも税務調査があり申告された相続税の申告書をしっかり確認されますので期限を守って申告することが大切です。

 

相続税の申告期限は?

相続の手続きには期限が定められており、例えば相続しないことを選ぶ相続放棄であれば、相続の開始があったことを知った日(亡くなったことを知り得た日)から3か月以内に家庭裁判所で手続きを行う必要があります。
そして相続税は、相続の開始があったことを知った日(亡くなったことを知り得た日)の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地がある税務署に申告し納税することが必要です。

 

相続税の申告にあたり様々な書類が必要

申告書を提出する人が複数人の場合、共同で申告書を作成して連署で提出することになりますが、相続人同士でトラブルなど争いがあるケースや、行方不明の相続人がいる場合などは各自それぞれが提出することも可能です。
相続税の申告には添付書類が必要ですが、被相続人(亡くなった人)の書類だけでも、出生から相続開始までの戸籍(除籍謄本・改製原戸籍謄本)、住民票(除票もしくは戸籍の附票)などが必要ですし、相続人もそれぞれ戸籍や住民票、印鑑証明などが必要です。
それに加えて預貯金や借入金などの残高証明書、生命保険金や退職手当金などの支払証明書、不動産の登記事項証明書や公図の写し、固定資産税評価証明書などが必要ですし、株式などその他財産についてもそれぞれ決められた書類を提出することが必要になります。
書類を取り寄せ収集するまで時間や手間がかかりますので、専門家などに相談しながら早めに進めて行くことが望ましいでしょう。

 

相続税の納付が困難な場合は?

納税は税務署、日本銀行の本支店、日本銀行歳入代理店の銀行などに納付書と現金などを持参して納めます。
相続税は資産に対して課税される税金ですので、相続で取得した財産が換金性の低い不動産や株式ばかりの場合には売れなければ金銭で納付が出来なくなる可能性もあります。
相続税を現金で一括納付できない場合には、一定要件を満たすことで延納(年賦による納付)や物納(相続財産そのものを納める)などの方法も利用できます。
このような点も踏まえて検討するようにしましょう。

 

将来の相続に備えた準備も必要

なお、将来の相続に備えて自分に都合の良い理屈で親族に自分の財産を分散させていたとしても、実際の税務調査は自分が亡くなった後で行われます。
相続税の納付にあたり、税務署では故人だけでなく親族の財産も調査していますので、親族同士でも財産名義についてしっかり区別しておくようにしましょう。
事情を把握し理解できていない親族が調査で適当な返事をしてしまえば、対策も水の泡になる可能性が考えられます。
また、相続税の申告には期限が設けられていますので、後で相続人がスムーズに申告手続きを行えるように自分の財産などをわかりやすくまとめておくことも必要ですし、誰に何を相続させたいかなども事前に決めて遺言などに残しておくことも大切です。

持っているだけの空き地をうまく活用する使い方とは?

相続税を回避できる財産は存在しない?みなし相続財産とは?

関連記事

  1. 相続人である妻が家にそのまま住み続けることができる制度とは?

    民法の相続に関する相続法が改正されたことにより、亡くなった方の妻など配偶者が安心してそのまま家に…

  2. 財産分与の割合は?離婚する際の共有財産の分け方とは?

    夫婦が離婚をする際、これまで夫婦で築いた資産は平等に分けることが必要です。家や車、貯金、保険など、財…

  3. 遺産分割の時の相続不動産の評価方法とは?

    相続が発生した場合にはそれぞれの相続人に公平に遺産を分配することが必要ですが、相続財産の中に不動産が…

  4. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

  5. 独身の方が亡くなって相続が発生すると叔父や叔母が相続人になれる?…

    独身の方が亡くなり、その方の両親も祖父母すでに亡くなっていていないという場合、親の兄弟姉妹である叔父…

  6. 無償で不動産を渡した場合の登記原因は?離婚の場合も贈与?

    既に生きている人との間で無償により不動産を渡す場合など、登記原因を「贈与とした所有権移転登記が必要に…

  7. 相続をさせる遺言と遺贈する遺言の違いとは?

    遺言は自分が死んだ時に効力を発揮できる最終の意思表示です。 遺言は、特定の遺産を特定の人に引継が…

  8. 財産分与で不動産を取得!税金はかかる?

    離婚すると決めた夫婦は、財産分与の話し合いを進めなければなりません。話し合いを進めるなかで、気になる…

ピックアップ記事

PAGE TOP