menu

相続税は誰が払う義務がある?納税義務者は?

不動産を相続した時には相続税がかかるケースがあります。相続税が課税されるのは相続を受けた人のうち約5%で、残り95%の人には相続税は課税されません。
なぜ多くの人は相続税が課税されないかというと、相続税には基礎控除というボーダーラインが設けられているからです。
相続税は相続財産の合計額が基礎控除額を超えた場合に課税されることになりますので、自分が相続した不動産の価値以外に、他の相続人が相続した金融資産などの相続財産を全て含めて判断することが必要です。

相続税の基礎控除額の求め方
相続税の基礎控除額は、「3,000万円+600万円×相続人数」で求めることができます。
仮に相続人が3人の場合には、「3,000万円+600万円×3=4,800万円」で基礎控除額は4,800万円です。相続財産総額が4,800万円を超えていなければ相続税はかからないということです。

相続税の納税義務者は誰?
まず相続で財産を受けた場合、日本国内に住所がある人は日本国内外を問わず受取った財産の全てが相続税の対象です。
納税義務者が外国に住んでいる場合でも、財産の中で日本国内にある財産は相続税の対象になります。
なお、相続財産を受取った時に日本国籍を有しており、被相続人または財産を受取った人が被相続人の死亡した日5年以内に日本国内に住所を有したことがある場合には、日本国外にある財産も相続税の対象です。

不動産の相続は登記費用も必要
不動産を相続した場合、不動産の所有権を変更するする相続登記が必要です。そのため登録免許税や司法書士の報酬などが必要となります。
不動産を取得した時には固定資産税評価額の3%分である不動産取得税が課税されますが、相続で取得した場合には原則かかりません。ただし遺言などによって相続人以外が取得した場合には課税されますので注意しましょう。

不動産取得後は固定資産税がかかる
不動産を所有することにより、毎年固定資産税が課税されることになります。毎年1月1日時点の所有者に対して1年分の固定資産税が課税されますので、相続によって不動産を取得した場合には翌年から固定資産税を支払う義務が生じることを理解しておきましょう。

相続した不動産を売却した場合は?
仮に相続した不動産を売った場合、譲渡所得となるため所得税が課税されます。
所有期間により税率は異なり、例えば5年以上所有していた不動産なら所得税15.315%、住民税5%の合計20.315%分の税金が課税されます。

・相続した不動産が賃貸物件だった場合
不動産の評価は相続税評価で算出しますが、土地は路線価、建物は固定資産税評価となります。
売却した時の価格である時価の8割程度が相続税評価と言われますが、賃貸物件であれば入居率100%であれば土地は貸家建付地評価で1~2割減、建物は借家権割合を差し引く評価となり3割減になります。仮に入居率が50%なら差し引く割合も半分です。
さらに「小規模宅地の評価減の特例」を使うことで、賃貸用土地の200㎡まで50%差し引くことが可能です。

相続税がかかるのは誰か理解しておくこと
相続税が課税される人はごくわずかとはいえ、基礎控除額が変更されたことで以前よりは増えているようです。
相続人や財産の所在地によって、相続税がかかるケースとかからないケースがありますので、相続税の納税義務者と課税される財産の範囲を把握しておくようにしましょう。

増加する空き地と空き家問題!なぜここまで増える?

個人でも空き地の所有者を調べることは可能?

関連記事

  1. 不動産の財産分与でもめる前に!知っておきたい予備知識

    夫婦が離婚を決断したとき、気になるのが財産分与。家や車、貯金など夫婦生活で手にしてきた財産は意外とあ…

  2. さいたま市で相続相談を受けたい方におすすめの無料相談会

    さいたま市内で、相続に関する悩みを抱えている方もいることでしょう。一生に何度も訪れることのな…

  3. 財産分与で不動産を取得!税金はかかる?

    離婚すると決めた夫婦は、財産分与の話し合いを進めなければなりません。話し合いを進めるなかで、気になる…

  4. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  5. 他人事ではない!? 土地区画整理地の売買について

    年月の経過とともに、再開発される地域も増えており、開発にあわせて細い路地などが入り組んだ地域の区画を…

  6. 相続をさせる遺言と遺贈する遺言の違いとは?

    遺言は自分が死んだ時に効力を発揮できる最終の意思表示です。 遺言は、特定の遺産を特定の人に引継が…

  7. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

  8. 相続による年金受給権は雑所得?所得税や相続税が掛かる年金と掛から…

    相続や遺贈、または贈与などで取得した、年金受給権に係る「生命保険契約」または「損害保険契約」などに基…

ピックアップ記事

PAGE TOP