menu

意外に多い相続争い!たった家1つの相続で大問題!

家を相続すると言うのはそう簡単なものではありません。
正直、相続なんてそう簡単にするものではありませんので、相続を経験すると言っても、生きている間に2回もあればいい方です。
これだけ経験数も少ないわけですから慣れない手続きや税金問題に四苦八苦してしまうでしょう。
今回は家を相続して大変だったことについてお話していきます。
トラブルの対処法として役立ててみてください。

 

◆家を相続する際に揉めた内容とは?

トラブルの原因となった事を調査してみました。
今回は家をメインに見ていきます。
・家をどうわけるのか
・兄弟/姉妹での分割額
・相続権のない親類の主張
・遺産相続の拒否
・分配方法
とにかく分ける事に対してかなりの確率で争いになる事必須です。
特に不動産はかなりの確率で揉め事の発端となります。
基本的に相続する財産が少ないほど揉める傾向にあるようです。
特に家なんてどうやってわけるのか?という話ですよね。

 

◆とにかく揉めてしまう

普段は仲のいい親族であってもとにかく揉めるのが相続の恐いところです。
特に少ない財産程喧嘩となり争いになるケースが増えてきます。
家が一軒しかなければどうわけるのか。
兄弟2人であればどちらかが家で残りは現金財産やその他の財産という形になりますが、仮に家と土地が1000万円として遺産分割した結果、兄500万円分、弟500万円分となった場合に兄が家を引き継ぐのであれば兄が弟へと500万円分の現金などを渡さなければいけません。
もしくは家を売却しその売却金を半分ずつにするなどです。
言葉で言うのは簡単ですが、そう上手くはいかないのが相続です。
家が売れないほどの金額になる場合も当然あります。
家を相続するって本当に難しいのです。

 

◆家を相続するにあたり揉めない為には?

相続の際に予め家や土地など分けにくい財産がある場合は特に気を付ける事がありますので是非参考にしてみてください。
①遺言書を書いてもらう
②事前にどのような財産があるか故人(相続人一同)と一緒に生前に把握しておく
③生前贈与も視野に
④相続税の控除が使えなかった
⑤遺産分割で揉めなければ良かった
まだまだあるのですが、これらが今まで相続してきた人が気を付けておけばよかったと思うベスト5です。
とにかく、故人が生きている間に白黒はっきりさせておくというのが一番いいのかもしれません。
また自分たちで悩まずに弁護士や行政書士、家や土地に関しては不動産屋さんなどのプロの意見も参考にするのもいいでしょう。
下手に揉めない為にもプロに相談するというのもいいでしょう。

相続した土地を売却しよう!税金はどのくらいかかる?

相続税がお得になる!?不動産を購入したほうがいい!?

関連記事

  1. 相続した不動産を譲渡することで課税される譲渡所得税の計算方法

    相続した不動産を譲渡することによる所得には譲渡所得税が課税されます。例え相続税を納税していたとしても…

  2. 不動産の相続税って高い?節税できる方法とは?

    相続税ってどのくらいするのだろう?とよくお悩みの方も多いかもしれません。今回は不動産の相続税とそ…

  3. 相続法が改正されたことで今後の相続手続きはどのように変わる?

    人が亡くなると相続が発生することになりますが、その効力を定めている相続法は何と約40年ぶりに改正され…

  4. 相続で不動産を引き継いだ時には不動産取得税を納めなければならない…

    相続で不動産を取得した時でも、購入した時のように不動産取得税を納めなければならないのだろうか?と…

  5. 不動産を相続する上で必要書類って何があるの?

    不動産を相続する上で必要な書類はたくさんあります。 自分の書類はもちろんのこと、不動産を所有して…

  6. 農地を相続した場合には税金が猶予される?

    もし、亡くなった被相続人が農業を営んでいた場合、または特定貸付けを行っていた場合、相続税が猶予される…

  7. 家を長男に相続させたいなら法定相続人の理解を得ておくこと

    子が複数人いるけれど、例えば長男に家を引継がせたいという場合には少なくとも遺言書を作成しておく必要が…

  8. 財産分与で不動産を取得!税金はかかる?

    離婚すると決めた夫婦は、財産分与の話し合いを進めなければなりません。話し合いを進めるなかで、気になる…

ピックアップ記事

PAGE TOP