menu

意外に多い相続争い!たった家1つの相続で大問題!

家を相続すると言うのはそう簡単なものではありません。
正直、相続なんてそう簡単にするものではありませんので、相続を経験すると言っても、生きている間に2回もあればいい方です。
これだけ経験数も少ないわけですから慣れない手続きや税金問題に四苦八苦してしまうでしょう。
今回は家を相続して大変だったことについてお話していきます。
トラブルの対処法として役立ててみてください。

 

◆家を相続する際に揉めた内容とは?

トラブルの原因となった事を調査してみました。
今回は家をメインに見ていきます。
・家をどうわけるのか
・兄弟/姉妹での分割額
・相続権のない親類の主張
・遺産相続の拒否
・分配方法
とにかく分ける事に対してかなりの確率で争いになる事必須です。
特に不動産はかなりの確率で揉め事の発端となります。
基本的に相続する財産が少ないほど揉める傾向にあるようです。
特に家なんてどうやってわけるのか?という話ですよね。

 

◆とにかく揉めてしまう

普段は仲のいい親族であってもとにかく揉めるのが相続の恐いところです。
特に少ない財産程喧嘩となり争いになるケースが増えてきます。
家が一軒しかなければどうわけるのか。
兄弟2人であればどちらかが家で残りは現金財産やその他の財産という形になりますが、仮に家と土地が1000万円として遺産分割した結果、兄500万円分、弟500万円分となった場合に兄が家を引き継ぐのであれば兄が弟へと500万円分の現金などを渡さなければいけません。
もしくは家を売却しその売却金を半分ずつにするなどです。
言葉で言うのは簡単ですが、そう上手くはいかないのが相続です。
家が売れないほどの金額になる場合も当然あります。
家を相続するって本当に難しいのです。

 

◆家を相続するにあたり揉めない為には?

相続の際に予め家や土地など分けにくい財産がある場合は特に気を付ける事がありますので是非参考にしてみてください。
①遺言書を書いてもらう
②事前にどのような財産があるか故人(相続人一同)と一緒に生前に把握しておく
③生前贈与も視野に
④相続税の控除が使えなかった
⑤遺産分割で揉めなければ良かった
まだまだあるのですが、これらが今まで相続してきた人が気を付けておけばよかったと思うベスト5です。
とにかく、故人が生きている間に白黒はっきりさせておくというのが一番いいのかもしれません。
また自分たちで悩まずに弁護士や行政書士、家や土地に関しては不動産屋さんなどのプロの意見も参考にするのもいいでしょう。
下手に揉めない為にもプロに相談するというのもいいでしょう。

相続した土地を売却しよう!税金はどのくらいかかる?

相続税がお得になる!?不動産を購入したほうがいい!?

関連記事

  1. 相続した不動産は放置しないで売却したほうが良い?

    個人が所有する不動産は、自らがマイホームを購入した場合や投資目的に物件を購入した場合以外にも、親から…

  2. 相続する土地や建物に抵当権が設定されている場合には?

    例えば親が無くなり、住んでいた家を相続することになったものの、土地や建物に抵当権が設定されている場合…

  3. 本当に日本の相続税は高い?他国と比較した場合はどう?

    北欧諸国は福利厚生が手厚いので相続税を廃止している国もあり、途上国でも相続税はなく、中国、香港、イン…

  4. 遺産相続手続きのやり方は?その流れを把握しておく

    人が亡くなり、相続が発生した場合には色々なことで慌ただしくなり、どのような手続きが必要でいつまでに行…

  5. 相続財産に未登記の不動産があった時の対応は?

    土地所有者が亡くなった後でも相続登記されてない土地などは多く存在します。 未登記により土地の所有…

  6. 相続した不動産を譲渡するなら3年以内に!その理由とは?

    もし親から土地や実家を相続したけれど、使い道もなければ住む予定もないので譲渡するという場合には、亡く…

  7. 農地を相続した場合には税金が猶予される?

    もし、亡くなった被相続人が農業を営んでいた場合、または特定貸付けを行っていた場合、相続税が猶予される…

  8. 独身の方が亡くなって相続が発生すると叔父や叔母が相続人になれる?…

    独身の方が亡くなり、その方の両親も祖父母すでに亡くなっていていないという場合、親の兄弟姉妹である叔父…

ピックアップ記事

PAGE TOP