menu

不動産を相続する上で必要書類って何があるの?

不動産を相続する上で必要な書類はたくさんあります。
自分の書類はもちろんのこと、不動産を所有していた故人の書類も必要になって来るからです。
漏れがあると二度手間になりかねませんのでしっかり確認しておきましょう。

 

◆故人の必要な書類とは?

①戸籍謄本(すべて)
相続人を確定させるための必要な書類となります。
ただしここで注意しておかなければいけないのが故人の戸籍謄本は一通だけではないという事です。
転籍や婚姻などをしている場合は、転籍前もしくは婚姻前の本籍地所在地の市区町村で除籍謄本や改正原戸籍を取得する必要があります。
更に、少し面倒なのが現在の戸籍謄本がコンピューター化されてしまっている場合はコンピューター化前の改正原戸籍も取らなければいけないのです。
一般人でも取得は可能なものの、生前にかなりの回数を転籍されている場合、その全てを取得しなければいけない為かなりの労力となるでしょう。

②住民票の除票(又は戸籍の附票)
故人の住所や氏名、本籍地を特定するために必ず必要となってきますので忘れずに取得しておきましょう。

 

◆相続人の必要な書類とは?

①相続人全員の戸籍謄本
相続人である事の証明とその相続人が生存しているかの確認で使用します。

②遺産分割協議書
法律で決まっている相続分以外の割合で相続する時に必要となります。

③財産分与される人の住民票
登記簿謄本にも所有者の住所が載っているものの確認の為に住民票が必要となります。

④財産を貰い受ける人(故人)からの委任状
詳しくは割愛しますが、司法書士に相続登記を任せる際には必要になります。

⑤相続する不動産の固定資産評価証明書(一番新しいもの)
相続登記をする際に登録免許税という税金がかかるのですが、この計算をする為に必要となります。

⑥相続する物件の登記簿謄本
相続登記申請前に不動産を特定したり、被相続人名義の不動産かどうかを確認する際に使用します。

 

◆専門家にお願いしよう

これらの内容は正直ご自身でもしようと思えばできます。
方法は著書でも出ていますし、当然インターネットにも載っているでしょう。
しかし、上記でもお話したように生前に転籍などを繰り返していた場合、遡ってそれらを全て取得していかなければいけません。
このような手間暇を考えると費用はかかるものの専門家に依頼するのが得策と言えるでしょう。
相続は非常に大変ですし、分からない事も多いでしょう。
しっかりと考えながら行動していきましょう!

不動産の相続税って高い?節税できる方法とは?

もったいない!?空き家対策をして有効活用しよう!

関連記事

  1. 相続精算課税で贈与したほうが相続税の節税に繋がる?

    もし生前贈与を検討する場合、相続税精算課税という贈与税を減額できる制度を検討する方もいるでしょう。…

  2. 本当に日本の相続税は高い?他国と比較した場合はどう?

    北欧諸国は福利厚生が手厚いので相続税を廃止している国もあり、途上国でも相続税はなく、中国、香港、イン…

  3. 土地と建物など不動産を一括売却した時の内訳はどのような割合で考え…

    土地と建物など不動産を一括で売却した時、その内訳はどのような割合で考えて計算すればよいのか迷うという…

  4. 生前贈与を行う場合は相続時精算課税制度を適用させたほうが得?

    生前贈与をする場合には贈与税を納めることが必要です。しかし、贈与税の代わりとして、相続の時に相続税を…

  5. 相続が発生した時に行う遺産分割協議とは?行う必要のないケースもあ…

    相続が発生した時、亡くなった方の財産をどのように分けるのか相続人同士で話し合いを行うことが必要です。…

  6. 相続開始前3年以内の贈与は相続税の対象になる?

    相続や遺贈で財産を取得した人が、相続開始前3年以内に亡くなった人から贈与で財産を譲ってもらっていた場…

  7. 相続財産に該当する財産にはどのようなものがある?

    人が亡くなり相続が開始されると、被相続人(亡くなった人)の権利義務は相続人へとそのまま承継されること…

  8. 農地を相続する場合には納税猶予の特例が利用できる?

    日本の農業問題で最も指摘されることが多いのが、農業従事者の高齢化問題です。高齢化により、農家の相続も…

ピックアップ記事

PAGE TOP