menu

不動産での相続問題 相続税の税務調査の基礎知識とは?

相続税が発生する人は事前に税務調査がどんなものなのか事前に知っておくことが重要でしょう。
ではいったい、どのような内容の調査をするのでしょうか?
一緒に確認していきましょう。

 

◆遺産を相続する

遺産を相続した際には大きな金額が動くことがあります。
それは相続税の事です。
内容によっては相続税がかなりかかってしまい、ものすごい金額を徴収される可能性もあります。
しかし、そこを上手く避けるために節税方法があるわけです。
ですがこの節税方法もやりすぎると税務署に目をつけられてしまい脱税行為と思われてしまう可能性もあるのです。
そうなるとこれはまた大変は事になってしまいます。
ひどい場合逮捕なんて事も十分にあり得るのです。
相続税を抑えるために節税方法を覚えることも大切ですがそれ以前に違法にならないような知識を蓄える事も重要でしょう。

 

◆税務調査が入る場合

相続は当然故人が亡くなった後に開始されるわけですが、遺族の方から市町村に死亡届が出されることでしょう。
そうすると今度は市町村から税務署に連絡がいき相続開始という流れになります。
故人の資産情報などは全て税務署に伝わり不動産や貯金額が多い場合は予め税務署に目をつけられています。金額が多い分だけしっかりと事前調査されているのです。
また「相続税」は税務調査が入りやすい事でも有名です。
また知識がない状態で相続してしまう人が多いため、無意識に申告漏れや間違いがあるケースも非常に多いのです。
そのような事もある為相続問題は税務署に目をつけられやすい項目となっています。

 

◆税務調査が入ったら捕まるの?

ここで不安になるのが税務調査に入られた時点で逮捕決定なのか?という事です。
そこは安心してください。
いきなりは逮捕されません。
まずは税務署が疑問に思った部分を尋ねに来ます。
ですからその時にしっかりとその金勘定を答えることが出来れば特に問題はないのです。
そこを有耶無耶にしてしまうと更に厳しく解答を迫られて最悪脱税だ!と疑われる事になるのです。
もし、罰則になったらどうなのでしょうか?

 

◆相続税法違反になったら

もし、相続税を偽って不正に申告し正規の金額を納めない場合は相続税法に違反したこととなり罰則を受けることになります。
罰則は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金と非常に重い刑となっています。
虚偽の申告や不正に遺産を隠した場合は告訴されることもあるので十分に注意しておきましょう。
以上が相続税の税務調査の流れでした。基本的に真面目にしておけば何も気にする必要はありませんので心配は無用でしょう。

相続税において土地の評価はどういう風にされるのか?

不動産の相続税って高い?節税できる方法とは?

関連記事

  1. 相続する相手が孫の場合には税金の負担が増える?

    自分の財産を相続で孫にも分けようと考えている方もいることでしょう。かわいがった孫に自分の財産を引き継…

  2. 本当に日本の相続税は高い?他国と比較した場合はどう?

    北欧諸国は福利厚生が手厚いので相続税を廃止している国もあり、途上国でも相続税はなく、中国、香港、イン…

  3. 賃貸物件が相続財産に含まれる時にいくつか注意しておきたいこと

    賃貸物件を相続した場合、賃料収入は相続人に帰属することになります。そのため、相続が発生した年度の翌年…

  4. 相続財産に該当する財産にはどのようなものがある?

    人が亡くなり相続が開始されると、被相続人(亡くなった人)の権利義務は相続人へとそのまま承継されること…

  5. 親が亡くなり相続が発生した時には養子のも実子同様相続権が発生する…

    親が亡くなり相続が発生したものの、実子と養子がいる場合にはどのような相続の扱いとなるでしょう。…

  6. 相続税がお得になる!?不動産を購入したほうがいい!?

    さていつかは誰しも訪れる事になるのであろう相続問題。 なかなかその時にならないと現実的にはならな…

  7. 家を長男に相続させたいなら法定相続人の理解を得ておくこと

    子が複数人いるけれど、例えば長男に家を引継がせたいという場合には少なくとも遺言書を作成しておく必要が…

  8. 「相続」と「遺贈」その違いとは?

    自分の死去、遺産を特定の方に引き継がせたいとき、遺言書を作成するケースがあります。そして「相続」と「…

ピックアップ記事

PAGE TOP