menu

相続税対策に生前贈与と死後の相続はどちらが良い?

亡くなるとその人の相続人が財産を引き継ぐことになりますが、この時に問題になるのが相続税です。
税金対策の方法として「生前贈与」といった方法が挙げられますが、実際のところ通常の相続と比較した場合どちらが得策なのでしょう。

 

暦年課税による贈与税の非課税制度を活用した場合

財産がある場合には少しずつ子供や孫に贈与をするという方法もあります。毎年1人に対して110万円までなら贈与税は発生します。
贈与契約書などを作成し、毎年少しずつ現金を贈与する方法を活用することで税金を発生させないという一般的な方法です。
ただし毎年同じ人から同額の贈与が行われている場合、多額の贈与を毎年分割して行っていると税務署にみなされ贈与税の納付を求められる可能性も否定できません。

 

相続時精算課税制度を使う方法は?

一括で贈与する方法を考えるなら、「相続時精算課税制度」を活用する方法があります。60歳以上の親か祖父母が20歳以上の子や孫に贈与を行う場合、2,500万円までなら非課税になります。この金額を限度に生前に相続人へ贈与を行うという方法です。
制度を活用することで贈与税はかかりませんが、贈与した人が亡くなり相続が発生した時には、制度を利用して贈与した財産については遺産の総額に含まれることになります。
遺産総額を計算し相続税の納税の要否を計算することになるため、一時的な贈与税の対策にはなったとしても相続税対策としては適していないとも考えられます。

 

結論として相続税対策に適した方法は?

毎年110万円を贈与し続ける方法が節税の方法としては良いでしょうが、先に述べた通り毎年110万円贈与を続けると贈与税が課税される可能性があります。そこで110万円の基礎控除を少し上回る生前贈与を行うことも検討しましょう。
基礎控除を越える部分に対して贈与税は発生することで生前贈与が行われている証明になるとでしょう考えられます。

 

両親の財産をそれぞれ相続する場合

相続時精算課税制度は今後価値の上がると考えられる相続財産に対して有効です。そのため両親それぞれが所有する財産を相続する予定があるなら、財産の種類や総額に合わせて贈与税を非課税に方法を相続税対策として使うことを検討しましょう。ただし途中で贈与の制度は変更できないということを理解した上で検討が必要です。

 

有効な相続税対策を

平成27年からの相続税は税制改革により大きく変わりました。例えば基礎控除額については、5,000万円に法定相続人の人数に1,000万円を乗じた額を合わせた額だったものが、3,000万円に法定相続人の人数に600万円を乗じた額を合わせた額に変更されています。そのため有効な相続税対策を活用することが必要になるでしょう。

深刻化する空き家増加の問題は何が原因?

空き家の解体や撤去は必要?

関連記事

  1. 相続した不動産を譲渡することで課税される譲渡所得税の計算方法

    相続した不動産を譲渡することによる所得には譲渡所得税が課税されます。例え相続税を納税していたとしても…

  2. 相続登記で不動産の所有者を変更する手続きは自分でできる?

    人が亡くなったとき、その人が不動産など所有していた場合には相続登記を行うことが必要です。相続登記を行…

  3. 遺産分割協議はいつまでに行えばよい?相続手続きにおける期限を解説…

    家族が亡くなった時、自分だけが相続人であれば特に誰がどの財産を引き継ぐか考えなくてもよいでしょう。し…

  4. 農地を相続する場合には法的に相続税が猶予される可能性が高い?

    相続財産に農地が含まれている時、宅地とは違った手続きが必要になると法律で定められています。一…

  5. 申告納税制度である相続や贈与税はどこにいつ払う?

    相続税は申告納税制度のため、相続開始があったこと(被相続人が亡くなったこと)を知った日の翌日から10…

  6. 子どものいない夫婦のいずれかが亡くなれば相続財産は残った配偶者が…

    子どもがいない夫婦で、仮に夫が亡くなった場合、残された財産はすべて妻が取得できるのでしょうか。…

  7. 賃貸物件が相続財産に含まれる時にいくつか注意しておきたいこと

    賃貸物件を相続した場合、賃料収入は相続人に帰属することになります。そのため、相続が発生した年度の翌年…

  8. 相続で損をしないために…知っておきたい控除の話

    平成27年に行われた相続税の改正によって、これまで課税対象とならなかった方々も相続税が発生する可能性…

ピックアップ記事

PAGE TOP