menu

相続する土地や建物に抵当権が設定されている場合には?

例えば親が無くなり、住んでいた家を相続することになったものの、土地や建物に抵当権が設定されている場合はどうなるのでしょう。
約束どおりに借金の返済がされなくなった場合、他の債権者よりも優先して弁済を受けることができる権利を抵当権と言います。抵当権は設定する際に「1番」「2番」と順番が付きますが、1番から優先して弁済されます。
抵当権が実行され抵当権者(債権者)が優先して弁済をうけることになると、不動産競売手続きが行われることになります。

 

抵当権の内容の確認を

相続した土地や建物など不動産に抵当権が設定されている場合には、不動産の登記簿謄本などで誰がいついくらの債務に対して設定しているかを確認できます。
抵当権が設定された不動産を相続すると、債務も相続することになりますので法定相続人の相続割合に応じた分割で債務も相続します。
ただし抵当権で担保される債務は、亡くなった人以外(第三者)の債務であるケースもあります。その場合には債務は相続の対象にはなりませんが、不動産は担保として扱われることに変わりはありません。

 

相続した不動産をどうする?

相続する不動産に相続人が既に住んでいて住み続けたい場合などは、抵当権が設定された不動産を相続して債務も弁済していくことになることが必要になります。
相続財産全体の額が債務弁済額に補填できる場合には、相続財産から債務を弁済して抵当権を抹消することができます。
債務の額が相続財産全体よりも多いなら負担を負うことになりますので「相続放棄」を検討すべきでしょう。

 

相続する財産が抵当権設定済みの不動産のみなら?

相続財産が抵当権の設定された不動産だけという場合には、相続する不動産のほうが債務額より価格が高いなら売却により債務の弁済も可能です。
しかし債務額のほうが不動産価格を上回る場合には、不動産を売却することはできませんので不足分の弁済資金を用意することが必要になります。

 

抵当権が住宅ローンによるものの場合

住宅ローンの抵当権が設定されている場合、債務者である亡くなった人が団体信用生命保険に加入していれば保険金が住宅ローンの残債の弁済に充てられます。
そのため債務として残らないため、不動産の抵当権抹消登記を申請することによって抵当権を消すことができます。

 

相続が遺産トラブルに発展しないために

抵当権が設定された不動産を相続した場合には、その不動産の価値や残債などを比較しながらその不動産を今後どうするか決めることが必要です。
不動産の相続など、遺産についてのトラブルは大きな問題に発展しやすい傾向があるため、不動産を所有している場合には残された人たちがトラブルにならないよう、相続財産について事前に誰に相続するのかを決め、その内容などを伝えておくことも大切になるでしょう。

空き家の代執行による除却費用は税金負担?

空き家の改修費用に補助金が?空き家減少と住宅確保のために

関連記事

  1. 相続による年金受給権は雑所得?所得税や相続税が掛かる年金と掛から…

    相続や遺贈、または贈与などで取得した、年金受給権に係る「生命保険契約」または「損害保険契約」などに基…

  2. 相続発生後に被相続人の財産調査を行う方法とは?

    例えば親が亡くなり相続が発生した場合、誰が法定相続人になるのか、そして亡くなった親(被相続人)の相続…

  3. 相続税対策に生前贈与と死後の相続はどちらが良い?

    亡くなるとその人の相続人が財産を引き継ぐことになりますが、この時に問題になるのが相続税です。 税…

  4. 遺産相続で内容証明が送られてきた!どのように対応する?

    相続に関する法律問題は色々ありますが、もしもある日突然、普段からあまり交流のない身内などから遺産相続…

  5. 相続登記で不動産の所有者を変更する手続きは自分でできる?

    人が亡くなったとき、その人が不動産など所有していた場合には相続登記を行うことが必要です。相続登記を行…

  6. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  7. 賃貸物件が相続財産に含まれる時にいくつか注意しておきたいこと

    賃貸物件を相続した場合、賃料収入は相続人に帰属することになります。そのため、相続が発生した年度の翌年…

  8. 相続した不動産を売却した場合、譲渡所得に対する税金は?

    土地や建物を相続した場合、今後、土地に家を建てたり家に住んだりということがなく、賃貸などに活用する予…

ピックアップ記事

PAGE TOP