menu

農地を相続する場合には納税猶予の特例が利用できる?

日本の農業問題で最も指摘されることが多いのが、農業従事者の高齢化問題です。高齢化により、農家の相続も増えることになりますが、農地の評価額については一般の土地と異なって特例も設けられているようです。
農業相続のポイントとなるのは、相続の際に農地の納税猶予の特例を適用させるかどうかです。

 

農地の納税猶予の特例とは?

農業を営んでいた親などが亡くなったことで農地を相続することになると、相続税額を一定額猶予する制度が設けられています。
また、満たすことができる要件によって異なりますが、農業を20年間続けた、もしくは亡くなるまで続けていたという場合には、猶予された納税が免除になることもあります。

 

特例を適用させるとさせないでは税額が大きく異なる

農地は広大なことからこの猶予の特例が適用されるかどうかで相続税額に大きく差が出ることになります。
ただしこの猶予の特例は、相続税を納めなくてはいけないことで農地の相続ができなくなり、農業を継続できなくなるといった事態を防ぐための制度です。そのため途中で農業をやめた場合には、猶予になっていた税額プラス利子税を納付することになります。

 

農地にも種類がある

農地にも種類がありますが、農地の立地条件によってどの種類に区分されるか異なります。
例えば農村部にある「純農地」の場合には、宅地と比較すると評価額は割安となります。
しかし市街地が形成されている市街化区域や、今後市街化を進めていく場所などの農地の場合には「市街地農地」となるため宅地と評価はそれほど変わらなくなり宅地並み課税の対象になります。

 

宅地並み課税でも評価を下げることはできるが…

ただし宅地並み課税の場合でも、都市部の緑地を守るための「生産緑地」の指定を受けることができれば、相続の時の農地の評価は5~35%下げることができます。
ただし指定を受けた場合には農地として使用することが必要です。30年農地として使用し続けるか、もしくは主たる農業従事者が亡くなるか、いずれかでなければ売却や他の用途に転用することはできません。

 

事前に相続のシミュレーションをしておくこと

農地も含めて、資産がある場合には自身がある程度の年齢になった時にひとまず相続について事前に検討することが必要です。
相続の際にどのくらいの相続税が発生するのか、誰かが農業を引継ぐのかということも踏まえて検討していくことが必要です。
それらを含めた上で相続対策を行うことが望ましいですが、専門的な知識なども必要となります。特に税法は変更になることも多いため、検討するタイミングで専門家などの意見も参考にしながら事前に準備しておくようにすると良いでしょう。

相続財産は財産分与の対象になる?

住宅を購入なら土地の用途地域の知識の理解を

関連記事

  1. 相続税はどのような場合に非課税になる?

    財産を相続すると相続税が課税されることを心配されるかもしれませんが、財産が一定金額以下の場合には非課…

  2. 相続財産は財産分与の対象になる?

    夫婦関係がうまくいかなくなって離婚を検討することもあるでしょう。その場合、夫婦の一方が離婚前に親から…

  3. 不動産の相続税って高い?節税できる方法とは?

    相続税ってどのくらいするのだろう?とよくお悩みの方も多いかもしれません。今回は不動産の相続税とそ…

  4. 不動産の財産分与でもめる前に!知っておきたい予備知識

    夫婦が離婚を決断したとき、気になるのが財産分与。家や車、貯金など夫婦生活で手にしてきた財産は意外とあ…

  5. 相続人が生命保険で保険金を受け取った時には控除が適用される?

    生命保険の契約をする時には、誰に対して保障する保険に加入し、誰が契約して保険料を支払い誰が保険金を受…

  6. 相続した不動産を譲渡するなら3年以内に!その理由とは?

    もし親から土地や実家を相続したけれど、使い道もなければ住む予定もないので譲渡するという場合には、亡く…

  7. 相続で不動産を引き継いだ時には不動産取得税を納めなければならない…

    相続で不動産を取得した時でも、購入した時のように不動産取得税を納めなければならないのだろうか?と…

  8. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

ピックアップ記事

PAGE TOP