menu

財産分与の割合は?離婚する際の共有財産の分け方とは?

夫婦が離婚をする際、これまで夫婦で築いた資産は平等に分けることが必要です。家や車、貯金、保険など、財産と考えられるものは色々ありますが、どのように分けることになるのかを理解しておきましょう。

 

財産分与とは

婚姻生活中、夫婦が築き上げた財産は離婚の際に貢献度に応じて分配することを財産分与といいます。民法でも離婚の際、相手に財産分与を請求することができることが定められています。
しかし財産について取り決めを行わずに、早く離婚したいばかりに急いでしまうと、受取ることができたはずの財産を受取らないまま別れることになってしまいます。

 

財産分与の種類

財産分与には3種類あり、夫婦が婚姻中形成した財産を生産する「清算的財産分与」、離婚することで困窮する配偶者の扶養としての「扶養的財産分与」、慰謝料としての「慰謝料的財産分与」があります

・清算的財産分与
婚姻中の財産は、どちらの名義でも夫婦共有財産と考えて、双方の貢献度に応じた公平な分配を行うものです。離婚原因に左右されることなく財産を分けることになりますので、離婚原因を作った側になる有責配偶者から請求があっても認められます。

・扶養的財産分与
離婚するといずれかが生活に困窮する状況に陥る場合、生計の補助を行うという扶養目的での財産分与です。例えば離婚する際に疾患がある場合や専業主婦(主夫)であることなどで認められることがあります。経済的に強い立場の元配偶者が扶養するための一定額を定期的に支払う方法が一般的です。

・慰謝料的財産分与
慰謝料は財産分与と性質が異なるものですが、慰謝料と財産分与を区別せずにまとめて支払うことがあります。

 

財産分与の対象になる財産とは

夫婦の共有財産かどうかは婚姻中に夫婦の協力で形成・維持されてきたかどうかで判断します。
不動産、自動車、家財、預貯金、有価証券、保険解約返戻金、退職金等がどちらの名義かは関係なく共有財産として判断されます。
ただし婚姻する前から夫婦のいずれかが有していた財産や、結婚した後でも夫婦の協力によるものではない財産は特有財産として扱われ、夫婦の共有とはみなされません。

 

マイナスの財産は?

夫婦の共同生活を営むための借金なら、夫婦共同の債務となり財産分与にも考慮されます。
しかし個人のための借金は財産分与には考慮されません。例えばギャンブルのための借金などは財産分与の際に共同の債務に含む必要はありません。

 

財産分与の割合は?

財産分与はどのような割合で分配するのかですが、財産の形成や維持のためにどの程度貢献したのかを判断することになります。
ただし夫が会社勤めで妻は専業主婦だった場合でも、財産分与の割合は原則2分の1ずつと考えられます。
ただし例外として具体的な事情により割合が修正されることもあります。夫婦のいずれかが特別な努力や能力で高額な資産形成がされたという場合などがその事情として挙げられるでしょう。

農地でも宅地と同様の固定資産税が課税されるケースとは?

固定資産税が6倍?空き家の放置は家計の負担を増やす?

関連記事

  1. 「相続」と「遺贈」その違いとは?

    自分の死去、遺産を特定の方に引き継がせたいとき、遺言書を作成するケースがあります。そして「相続」と「…

  2. 土地を生前贈与することで相続税を節税することは可能?

    相続対策として土地を生前贈与することを検討する場合、相続税以外の税金や諸経費のことまで考慮して考える…

  3. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

  4. 相続税の申告など相続手続きの期限とは?

    親の財産を相続した場合、相続税を申告することになるかもしれません。しかし相続税の申告は人生においてそ…

  5. 相続により登場する被相続人や相続人とは誰のことを指した言葉?

    相続が発生すると「被相続人」や「相続人」という言葉が出てくることになり、どの言葉が誰のことを指してい…

  6. 配偶者が相続する場合に相続税を軽減させるには?

    配偶者が相続を受ける場合には、相続税はほとんどかかることがないと聞いたことはありませんか? 夫婦…

  7. 不動産での相続問題 相続税の税務調査の基礎知識とは?

    相続税が発生する人は事前に税務調査がどんなものなのか事前に知っておくことが重要でしょう。 ではい…

  8. 孫に財産を引き継いでもらうと相続税が2割増しに?

    人が亡くなり相続が発生しても、亡くなった方の孫は法定相続人にはなりません。しかし孫に自分の財…

ピックアップ記事

PAGE TOP