menu

空き家を相続すると損?増税で負の遺産に?

人口の減少が続くことで、空き家は今後も増え続けることが予想されます。例えば親が亡くなってしまい空き家になった家を相続する場合には、どのように対応することが必要かを考えておく必要があるでしょう。

 

空き家は年々増加傾向にある

総務省の空き家等の住宅に関する調査によると、平成25年10月1日現在の日本の総住宅数は6,063万戸で、5年前と比較した場合には304万戸増加しています。
平成10年からの15年間で見ると、総住宅数はなんと1,000万戸以上増加したことになります。

 

空き家対策法が成立したものの…

このような事態から、平成26年11月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」も成立したところですが、空き家の増加は今後も社会問題になりつつあります。
この「空き家対策法」は、適切な管理が行われていない空き家などが、防災や景観、衛生などの面で地域住民の生活環境に悪い影響を及ぼし、危険や害があると判断された場合にその家屋を「特定空き家」もしくは「特定空家等」に認定するというものです。

 

特定空き家に認定されると税金が高くなる?

例えば行政代執行で空き家を壊した場合、解体費を所有者から回収できるかといった問題も発生します。
行政が動くことになれば特定空き家は税金を使って壊すことになりますので、過度に空き家が増大した自治体の財政は圧迫されてしまいます。
特定空き家に認定されれば固定資産税は住宅用地で200㎡以下の部分(小規模住宅用地)は6倍に、200㎡超の部分(一般住宅用地)は2倍に跳ね上がってしまいます。

 

相続放棄という選択は正しいのか

特定空き家に認定されれば、固定資産税が増税になってしまうのでそうならない前に手を打つ必要があるでしょう。
もし特定空き家に認定される前に、相続放棄によって空き家不動産は引き取らないといった選択もあるかもしれません。
相続放棄をするなら、空き家だけでなく全ての財産を放棄することになります。また、相続投棄が可能でも行政の受け入れ準備ができるまで管理責任は生じるでしょう。

 

相続でもめないために事前に話し合いを

いざ相続が開始された場合に、誰が家の相続を受けるかについて事前に話合っておくことが良いでしょう。相続人同士で何をどのように相続するかを法定相続分によって決めておきましょう。不動産の持ち分が共有になると、後々処分する際に支障が出る可能性もあります。
相続する不動産については、建物に異常があり、雨漏りや水漏れなどの問題が起きていないかなどを前もって定期的な修繕をしておきます。それによって売却という検討もできる状態が確保できるでしょう。
どのような財産があるかを把握し、相続や財産の処分がスムーズに行えるようにしておくことが大切です。

土地が売れない理由は?何を見直すべきか

空き家を放置すると様々なリスクを負うことに!

関連記事

  1. 相続法が改正されたことで今後の相続手続きはどのように変わる?

    人が亡くなると相続が発生することになりますが、その効力を定めている相続法は何と約40年ぶりに改正され…

  2. 相続登記で不動産の所有者を変更する手続きは自分でできる?

    人が亡くなったとき、その人が不動産など所有していた場合には相続登記を行うことが必要です。相続登記を行…

  3. 生前贈与を行う場合は相続時精算課税制度を適用させたほうが得?

    生前贈与をする場合には贈与税を納めることが必要です。しかし、贈与税の代わりとして、相続の時に相続税を…

  4. 農地を相続する場合には法的に相続税が猶予される可能性が高い?

    相続財産に農地が含まれている時、宅地とは違った手続きが必要になると法律で定められています。一…

  5. 相続が発生すると所得税を申告することが必要になる?

    人がなくなり相続が発生し、残された財産を相続した時には所得が増えて所得税の課税対象になるのでは?と不…

  6. 「家なき子特例」で土地の相続税を節税する方法とは?

    相続税を支払うために住んでいる家や土地を売る必要性が出てくれば、残された家族の生活拠点が脅かされるこ…

  7. 年金受給者が亡くなった場合の手続き 相続人でなくても未支給年金は…

    もし年金を受給している方が亡くなって相続が発生した場合、どのような手続きが必要になるかご存知でしょう…

  8. 不動産相続に関すること。限定承認とは何か?

    限定承認とは民法上の制度であり相続人が遺産を相続する時に相続財産を責任の限度として相続することとされ…

ピックアップ記事

PAGE TOP