menu

相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるようですが、すべての方がその対象となるわけではありません。

相続税は、一定金額を超える財産を受け取った場合に課税されることになっていますが、ポイントとなるのは基礎控除の範囲におさまるかという部分です。

そこで、相続税の基礎控除はどのように計算すればよいのか、その内容をご説明します。

相続税の基礎控除額の計算方法

まず、亡くなった方の相続人となる方は民法により規定されており、配偶者は常に相続人となり、同時に血族相続人として子(直系卑属)、親(直系尊属)、兄弟姉妹という順に相続人として相続権を得ます。

配偶者がいない場合には優先順位に従い血族相続人が相続人となり、反対に血族相続人がいなければ配偶者が単独で相続人となりますが、この民法で規定された相続人を法定相続人といいます。

相続税の基礎控除額は、法定相続人が何人存在するかによりその金額が大きく変わってくることになり、

「3,000万円+600万円×法定相続人の数=相続税の基礎控除額」

という計算式で算出します。

そのため、相続する財産の総額が基礎控除額でおさまれば、相続税の申告を行う必要はありませんが、この金額を超えた場合には、課税対象となるので申告が必要です。

相続放棄した方も法定相続人の人数に含める?

法定相続人の数が相続税の基礎控除額を左右することになりますが、もし相続放棄をした方がいた場合にも、その方も人数としてカウントすることになります。

そして相続人に養子が含まれる場合において、法定相続人に含むことができる養子の数は、亡くなった方に実子がいる場合は1人、亡くなった方に実子がいない場合は2人までとされています。

相続税の基礎控除額を大きくするため(税金逃れのため)に養子の数を増やすことを防ぐため、このような制限が設けられているとされています。

養子でも実子として扱うケース

なお、亡くなった方と特別養子縁組で養子になっている子や、亡くなった方の実子(連れ子)で亡くなった方の養子になっている子、亡くなった方と配偶者が結婚する前にすでに配偶者と特別養子縁組により養子となっていた子が亡くなった方の養子となった子などは実子として取り扱われます。

法定相続人を基準とする計算は他にも

法定相続人の人数は、相続税の基礎控除額以外にも、生命保険金や死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額を計算する際にも使用されますので、人数のカウント方法を間違わないようにしましょう。

不動産売却手続きは委任状があれば代理人に依頼可能?

個人が不動産を売却した時でも消費税は課税される?

関連記事

  1. 遺産分割協議はいつまでに行えばよい?相続手続きにおける期限を解説…

    家族が亡くなった時、自分だけが相続人であれば特に誰がどの財産を引き継ぐか考えなくてもよいでしょう。し…

  2. 相続精算課税で贈与したほうが相続税の節税に繋がる?

    もし生前贈与を検討する場合、相続税精算課税という贈与税を減額できる制度を検討する方もいるでしょう。…

  3. 相続した土地を売却して複数の相続人で分配するときの注意点とは?

    相続が発生したことで亡くなった人の相続財産を複数の相続人で分けるとき、土地や家など不動産が財産に含ま…

  4. 遺産相続で内容証明が送られてきた!どのように対応する?

    相続に関する法律問題は色々ありますが、もしもある日突然、普段からあまり交流のない身内などから遺産相続…

  5. 相続で保証債務・連帯債務は債務控除できるのか?

    仮に親などが亡くなり相続が発生し、相続財産に自宅が含まれ、さらに住宅ローンが完済されておらず「連帯債…

  6. 相続税を回避できる財産は存在しない?みなし相続財産とは?

    相続が発生した場合、相続人は被相続人(亡くなった人)の財産や権利、義務を受継ぐことになります。そのた…

  7. 相続した財産に連帯債務が含まれる場合の扱いは?

    相続の際に事前に対策を講じておきたい「連帯債務」についてご存知でしょうか。 「連帯保証」という言…

  8. 意外に多い相続争い!たった家1つの相続で大問題!

    家を相続すると言うのはそう簡単なものではありません。 正直、相続なんてそう簡単にするものではあり…

ピックアップ記事

PAGE TOP