menu

相続により登場する被相続人や相続人とは誰のことを指した言葉?

相続が発生すると「被相続人」や「相続人」という言葉が出てくることになり、どの言葉が誰のことを指しているのかわからないという場合もあるようです。

そこで、相続で使用されることになる言葉について基本的な知識を得ておくようにしましょう。

被相続人と相続人とは誰のこと?

「被相続人」とは亡くなった方のことを指しています。それに対し「相続人」とは、被相続人が残した相続財産を引き継ぐ権利を持つ人です。

誰が相続人になれるのかについては民法で定められており、まず被相続人の配偶者は常に相続人となり、後は血族相続人が規定された優先順位に従い相続権を得ることになります。

相続人になれる優先順位とは

相続人としての優先順位は、順位の高い方から、まず被相続人の子(子が被相続人よりも先に他界している場合は直系卑属)、被相続人の親(親が被相続人より先に他界している場合は直系尊属)、被相続人の兄弟姉妹(兄弟姉妹が被相続人より先に他界している場合は甥・姪)という順番です。

先順位の相続人が存在する場合、高順位に該当する方は相続人として相続権を得ることはありません。

相続で相続人に引き継がれる財産とは

相続人に引き継がれる被相続人の財産は、被相続人が生前に所有していた現金や預金、不動産、権利などのプラスの財産、そして借入金や未払金などのマイナスの財産です。

被相続人の意思を尊重するなら

本来、財産は個人が保有するものなので、亡くなった方の意思が尊重されるべきです。そのため事前に遺言などを残している場合には、その内容に従って財産が引き継がれることになります。

相続人ではない方に遺言により財産を譲ることを遺贈といいますが、相続人に対して遺贈することはできます。

被相続人の意思が効力を発揮するための方法が遺言ですので、もし財産を誰かに引き継いでほしいという希望があるのなら、遺言を作成しておくことをおすすめします。

遺言書を残す場合は遺留分に注意を

ただし遺言を残していたとしても、本来、相続人として財産を引き継ぐことができた方たちはその権利を遺言により侵害されることになります。

そのため、相続人の権利を守るために、最低限財産を引き継ぐことのできる遺留分という制度があり、相続権を侵害された相続人は財産を引き継いだ相手に、この遺留分を請求することが可能です。

そのため、もし遺言書を残しておくのなら、本来、相続人となる方たちの遺留分を侵害しないような配慮をした上で、その内容を決めることが望ましいといえるでしょう。

不動産を売却する時に結ぶ媒介契約には種類がある!どの契約がお得?

空き地に生い茂った草を放置していると苦情を受けて指導の対象に!

関連記事

  1. 相続発生後3 年以内に相続財産を譲渡すれば特例が適用される!

    親が亡くなり、不動産を相続したものの、利用する予定がなく、管理する手間や固定資産税の支払ないなどの負…

  2. 相続税が増税?軽減するための対策とは?

    平成25年度の税制改正大綱で相続税が平成27年1月1日から増税となりました。相続税増税の影響で、これ…

  3. 相続した土地を売却しよう!税金はどのくらいかかる?

    相続した土地を持て余しているという方は非常に多いのではないでしょうか? そのまま放置されており結…

  4. 空き家を相続すると損?増税で負の遺産に?

    人口の減少が続くことで、空き家は今後も増え続けることが予想されます。例えば親が亡くなってしまい空き家…

  5. 申告納税制度である相続や贈与税はどこにいつ払う?

    相続税は申告納税制度のため、相続開始があったこと(被相続人が亡くなったこと)を知った日の翌日から10…

  6. 相続税は誰が払う義務がある?納税義務者は?

    不動産を相続した時には相続税がかかるケースがあります。相続税が課税されるのは相続を受けた人のうち約5…

  7. 相続法が改正されたことで今後の相続手続きはどのように変わる?

    人が亡くなると相続が発生することになりますが、その効力を定めている相続法は何と約40年ぶりに改正され…

  8. 相続した不動産を売却したときに発生する譲渡所得を抑える方法とは?…

    実家を相続したけれど、住む予定もないし賃貸物件として活用する予定もないという場合、所有していれば管理…

ピックアップ記事

PAGE TOP