menu

相続法が改正されたことで今後の相続手続きはどのように変わる?

人が亡くなると相続が発生することになりますが、その効力を定めている相続法は何と約40年ぶりに改正されました。

その多くは令和元年7月1日からすでに施行されていますが、どのような改正内容となり、今後、相続が発生した時にどのような影響を及ぼすことになるのでしょう。

配偶者居住権が創設に

今回の改正で新しくなった相続法では、「配偶者居住権」という権利が創設されました。

それにより、相続人となった配偶者が亡くなった方と一緒に住んでいた場合、最低でも6か月間は無償でその家に住み続けることができます。

柔軟な遺産分割が可能となる権利であり、長年連れ添った夫婦間が居住していた家を生前贈与した時でも、いざ相続が発生した後で持戻し計算がされません。

配偶者が住む場所を失うことなく、安定した生活を続けることができるための制度といえるでしょう。

預貯金の仮払いが可能に

相続が発生したことで亡くなった方の預金口座が凍結されてしまうと、葬儀にかかった費用や介護の支払いに充てる費用が不足し、支払えず困ってしまうこともあるでしょう。

しかし相続法が改正されたことによって、遺産分割協議が成立する前でも一定額の預金を引き出すことが可能となりました。

自筆証書遺言の方式が緩和に

相続法の改正で、これまでは遺言書に添付する財産目録などもすべて自署でなければなりませんでした。

しかし要件緩和により、財産目録などはパソコンで作成したものを添付してもよいこととなりました。

自筆証書遺言の保管制度が創設に

自筆証書遺言書を作成しても、作成した本人が保管をしなければならず、紛失したり偽造されるというリスクも抱え、さらに作成していても発見してもらえないというリスクもあります。

しかし、新たに法務局で自筆証書遺言書を保管してもらえる制度が創設されたため、安心・安全に自筆で遺言書を作成できるようになりました。

相続人でなくても貢献した分は請求できるように

例えば長男の妻などが亡くなった義理の親の介護などを献身的に行っていたとしても、直接的な相続人ではありませんので財産を引き継ぐことはできませんでした。

しかし、相続法の改正により、その寄与分は相続人に対して金銭の支払いを請求することが可能となりました。

相続法の改正ポイントに注目!

他にも複数、相続法の改正によって改善されたポイントがありますので今後、相続が発生した時にどのような対応になるのか確認しておきましょう。

空き地に無断で駐車している車にはどのような対応が適切?

空き家同様に自治体では空き地に対する厳しい条例を設けることが多くなった?

関連記事

  1. 相続した不動産を売却した時に税金は課税される?

    親から相続した不動産を使わないという場合、売却を検討することもあるでしょうが、例えば土地を相続した場…

  2. 土地を生前贈与することで相続税を節税することは可能?

    相続対策として土地を生前贈与することを検討する場合、相続税以外の税金や諸経費のことまで考慮して考える…

  3. 相続税の基礎控除額を計算する時の法定相続人の数え方

    相続が発生すると、亡くなった方の財産を引き継ぐこととなり、相続税が課税されると心配される方もいるよう…

  4. 本当に日本の相続税は高い?他国と比較した場合はどう?

    北欧諸国は福利厚生が手厚いので相続税を廃止している国もあり、途上国でも相続税はなく、中国、香港、イン…

  5. 相続で不動産を引き継いだ時には不動産取得税を納めなければならない…

    相続で不動産を取得した時でも、購入した時のように不動産取得税を納めなければならないのだろうか?と…

  6. 相続した不動産を売却したときに発生する譲渡所得を抑える方法とは?…

    実家を相続したけれど、住む予定もないし賃貸物件として活用する予定もないという場合、所有していれば管理…

  7. 亡くなった人が配偶者なしで子もいない場合には誰が相続人?

    人が亡くなれば相続が発生し、配偶者や子は相続人として手続きを行うことになりますが、亡くなった人が独身…

  8. 農地を相続した場合には税金が猶予される?

    もし、亡くなった被相続人が農業を営んでいた場合、または特定貸付けを行っていた場合、相続税が猶予される…

ピックアップ記事

PAGE TOP