menu

年金受給者が亡くなった場合の手続き 相続人でなくても未支給年金は受取可能?

もし年金を受給している方が亡くなって相続が発生した場合、どのような手続きが必要になるかご存知でしょうか。亡くなった方は年金を受給する権利を失いますので、亡くなったことを報告する手続きが必要となります。

そこで、年金受給者が亡くなった時の手続きの方法、そして、まだ受け取っていない年金分は相続人などが受け取ることができるのか、その内容をご説明します。

年金受給者が亡くなった場合、どこに報告する?

年金を受給している方が亡くなった場合、年金事務所、または年金相談センターに「年金受給権者死亡届(報告書)」を提出することが必要になります。

ただ、日本年金機構にマイナンバーが収録されていれば、原則、年金受給権者死亡届は省略が可能です。

未支給年金がある場合

年金を受けている方が亡くなった時、まだ受け取っていない年金があった場合や、亡くなった日から後に振り込みされた年金の中で亡くなった月まで分の年金は、亡くなった方と生計が同じだった遺族が受け取ることができます。

この未支給年金を受け取ることができるのは相続人に限りません。受け取ることができる優先順位として、亡くなった方と生計が同じだった配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等以内の親族です。

また、亡くなった方に一定の遺族が存在する場合には、遺族年金などを受け取ることも可能です。

未支給年金を受け取る時に必要な書類

未支給年金を受け取る場合には次の書類を提出し、届出を行う必要がありますので確認しておきましょう。

死亡の届出

・亡くなった方の年金証書
・亡くなった事実を明確にする書類(戸籍抄本、死亡診断書の写し、死亡届の記載事項証明書など)

未支給年金請求の届出

・亡くなった方の年金証書
・亡くなった方と未支給年金を請求する方の関係が確認できる書類(戸籍謄本など)
・亡くなった方と未支給年金を請求する方の生計が同じだったことを確認できる書類(住民票の除票、請求者の世帯全員の住民票など)
・未支給年金の受け取りを希望する金融機関の通帳
・亡くなった方と未支給年金を請求する方が別世帯なら「生計同一についての別紙の様式」

年金受給者が亡くなった時には速やかに手続きを

もし書類の提出が遅れてしまうと、年金を多く受け取り過ぎてしまうことになり、後で返納しなければならなくなり手続きが面倒です。早めに手続きを完了させるようにしましょう。

また、未支給年金を受け取った場合には一時所得に該当しますが、未支給年金を受け取る年の一時所得の合計金額が50万円以下の場合は確定申告を行う必要はありません。この金額を超える場合には、確定申告の対象となる場合があるため注意しましょう。

不動産を売却するなら法人化したほうが税金面では得をする?

不動産を売却する時や購入する時に発生する仲介手数料は仕訳上どのような扱い?

関連記事

  1. 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の相続分は?遺留分は請求可能?

    人が亡くなって相続が発生した時、誰が相続人になるのか、相続できる財産の割合や、最低限得ることができる…

  2. 相続財産に未登記の不動産があった時の対応は?

    土地所有者が亡くなった後でも相続登記されてない土地などは多く存在します。 未登記により土地の所有…

  3. 財産分与の割合は?離婚する際の共有財産の分け方とは?

    夫婦が離婚をする際、これまで夫婦で築いた資産は平等に分けることが必要です。家や車、貯金、保険など、財…

  4. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

  5. 相続税において土地の評価はどういう風にされるのか?

    相続するにあたり土地や建物の評価とは非常に大切です。 この評価によって相続税が決まってくるからで…

  6. 相続財産は財産分与の対象になる?

    夫婦関係がうまくいかなくなって離婚を検討することもあるでしょう。その場合、夫婦の一方が離婚前に親から…

  7. 農地を相続する場合には納税猶予の特例が利用できる?

    日本の農業問題で最も指摘されることが多いのが、農業従事者の高齢化問題です。高齢化により、農家の相続も…

  8. 相続税の申告など相続手続きの期限とは?

    親の財産を相続した場合、相続税を申告することになるかもしれません。しかし相続税の申告は人生においてそ…

ピックアップ記事

PAGE TOP