menu

相続人が生命保険で保険金を受け取った時には控除が適用される?

生命保険の契約をする時には、誰に対して保障する保険に加入し、誰が契約して保険料を支払い誰が保険金を受け取るのかを決めることが必要です。

保険契約において、誰が契約者(保険料負担者)、被保険者、保険金受取人になるかにより、受け取る保険金にかかる税金は、相続税、贈与税、所得税のうち、どれが対象になるのか違ってきます。

例えば相続税の場合、非課税枠など控除される部分により税金がかからないケースもあるため、その内容を確認しておきましょう。

相続で保険金を受け取った場合
例えば、自身を被保険者として保険の契約をした方(保険料負担者)が亡くなり、保険金受取人であるその配偶者が保険金を受け取ったとします。

この場合、配偶者が受け取った死亡保険金はみなし相続財産として、遺産総額に含められることとなり、相続税の課税対象です。

ただし、この場合には死亡保険金の非課税という税制上の控除が適用されるので、金額によっては税金がかからない場合も考えられます。

□死亡保険金の非課税枠

死亡保険金は、残された家族の生活を保障する役割を担うため、一定金額には税金を課税させないよう非課税枠が設けられています。

死亡保険金の非課税枠は、相続人が保険金を受け取る場合に限って「500万円×法定相続人の人数」となり、この範囲であれば税金はかかりません。

この法定相続人数には、仮に相続放棄した相続人の方がいたとしても人数に含まれます。

ただ、相続放棄をしたのが死亡保険金の受取人である場合には、受け取る相続人には非課税金額は適用されません。法定相続人の中に養子が含まれている場合、実子がいれば1人、実子がいなければ2人までを法定相続人として含めることができます。

非課税枠の適用のされ方に注意!
保険の被相続人が亡くなったことで生命保険金や損害保険金を受け取ることもあるでしょう。その時、保険料の全部、もしくは一部を亡くなった被相続人が負担していたものについても相続税の課税対象です。

相続税を支払う必要がある時、複数人で死亡保険金を受け取ったケースでは、死亡保険金の非課税枠についてどのような計算を行うか確認しておきましょう。

保険金を受け取った相続人ごとに、500万円×非課税枠が適用されるのだろうと思うかもしれませんが、実際には保険金を受け取った相続人全てで非課税枠を使うことになるので、
受け取った保険金の割合に応じた非課税枠が分配という形になります。

「非課税限度額×(相続人が受け取った生命保険金額/すべての相続人が受け取った生命保険金の合計額)」という計算式で計算することになると理解しておきましょう。

空き地を借りたいと考えている方は意外と多い?土地の有効活用のために

空き地は所有しているだけで固定資産税がかかる!問題を解決するには?

関連記事

  1. 不動産の相続税って高い?節税できる方法とは?

    相続税ってどのくらいするのだろう?とよくお悩みの方も多いかもしれません。今回は不動産の相続税とそ…

  2. 不動産の財産分与でもめる前に!知っておきたい予備知識

    夫婦が離婚を決断したとき、気になるのが財産分与。家や車、貯金など夫婦生活で手にしてきた財産は意外とあ…

  3. 相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

    相続で亡くなった人(被相続人)の個人事業を引継ぐ場合など、アパートなど事業用資産を取得することになる…

  4. 相続人等に対しての売渡請求は何のために行う?

    中小企業で多く見られがちなのは、自社株式を古参幹部などが保有していることで株式が分散しているというこ…

  5. 相続財産は財産分与の対象になる?

    夫婦関係がうまくいかなくなって離婚を検討することもあるでしょう。その場合、夫婦の一方が離婚前に親から…

  6. 相続精算課税で贈与したほうが相続税の節税に繋がる?

    もし生前贈与を検討する場合、相続税精算課税という贈与税を減額できる制度を検討する方もいるでしょう。…

  7. 相続放棄の期限は3か月を超えていても延長可能?

    亡くなった人のプラスの財産もマイナスの財産も一切受継がない「相続放棄」という選択をする場合、被相続人…

  8. 相続税は軽減措置や控除などで実際かからないことが多い理由とは?

    相続が発生したときに掛かる相続税ですが、親が遺した財産は実家だけなので、相続税を支払うことができない…

ピックアップ記事

PAGE TOP