menu

不動産を売却した時に適用される税金の控除の種類

不動産を売却した場合、売却した金額に税率をかけた額が税金として課税されることになりますが、控除が適用されることで税金を抑えることができます。

そこで、不動産売却の際にかかる税金から、どのような控除を適用させることができるのか確認しておきましょう。

特別控除

課税所得は、「譲渡価格-(取得費+譲渡費用)-特別控除」で計算されます。

特別控除として、収用などの場合は最高5,000万円、居住用不動産の売却なら最高3,000万円が控除対象の金額となります。

軽減税率の特例

マイホームを売却する時、売った年の1月1日時点でマイホームの所有期間が10年を超えていれば、3,000万円の特別控除が適用された後の金額に軽減税率が適用されます。

課税長期譲渡所得金額が6,000万円以下の部分は、課税長期譲渡所得金額×10%が税額となり、6,000万円を超える部分は、所得税15%に600万円を足した額になります。

マイホームの買換え特例

マイホームを3年以内に買換えた時、1億円以下かつ10年超の保有期間など一定要件を満たす場合に、譲渡益に対する課税を繰り延べることが可能です。

この買換え特例は、マイホームを売却した後で新しい新居を購入した場合だけでなく、反対に新居を先に購入した後で旧居を売却した場合など、どちらのケースでも適用されます。

譲渡損失の通算

マイホームを譲渡したことで損失が生じた場合は、その年の他の所得(給与所得など)と通算することができます。

勤務先から源泉徴収されている所得税が還付される可能性があるので、確認しておきましょう。

特例が受けられないケースもある

ただし、3,000万円の特別控除が適用されないケースとして、マイホームの売却相手が特殊関係者であることが挙げられます。

特殊関係者に含まれるのは次のような方です。

・配偶者および直系血族
・親族でその生計を一にしている親族など
・事実婚関係にある人と、その人と生計を一にする親族
・使用人以外で売主から金銭などを受け取り生計維持している人やその親族など

特殊関係者などに該当するケースはいろいろありますので、控除が適用されないと後で判明して慌てるより、事前に専門家などに相談して確認しておくと安心です。

控除の対象となるか事前に確認を

不動産を売却する時や購入する時にはいろいろと適用させることができる控除があります。控除が適用されるかどうかで税金の金額が大きく違ってきますので、事前に適用対象となるのか確認しておくと安心です。

空き地問題を解決するために条例などの規制は欠かせない?

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合の相続分は?遺留分は請求可能?

関連記事

  1. 不動産の賃貸には敷金と礼金以外に「保証金」が掛かる?

    賃貸住宅を借りることを検討する場合には、「敷金」や「礼金」がいくらになるかを目安に決めるという事もあ…

  2. 法人が不動産を売却した時の税金計算で注意しておきたいこと

    法人が所有している不動産を売却した時、どのくらい税金が発生するのか気になるところでしょう。注…

  3. 不動産を売却する時には固定資産税の精算処理が必要?

    固定資産税は、土地や建物など不動産を1月1日時点で所有している方に対して課税される税金です。…

  4. 無謀な住宅ローンは家計を圧迫する!貧困に陥らないためには

    マイホームを購入する時に多くの人が利用する住宅ローンは、数十年に渡り返済が続くため計画性を持って組む…

  5. マイホームの固定資産税が払えないとどうなるの?

    家を購入して必ず支払いをしなければいけないのが固定資産税です。 家や土地を所持している間は永遠に…

  6. 不動産を売却するときには5年以内か5年を超えるかで税額が大きく変…

    不動産を売却して利益がでた場合、譲渡所得として課税対象になります。譲渡所得税と住民税が課税されること…

  7. 家を買う、住宅ローンを組む、どれも不安ばかりなのはなぜ?

    マイホームは欲しいけれど、実際に賃貸住宅より持ち家のほうが本当に得をするのか、住宅ローンで多額の借金…

  8. 財産分与による家の持分移転で住宅ローン控除はどうなる?

    離婚による夫婦の財産分与において、一方が家の共有持分を追加取得した場合には住宅借入金等特別控除に適用…

ピックアップ記事

PAGE TOP