menu

相続に備えて、資産状況の調べ方を知っておこう

相続人が亡くなった被相続人財産を引き継ぎ、受け取ることが相続です。相続を行うためには、亡くなった方の資産状況、つまり相続財産の確認を行わなければはじまりません。資産状況がわからなければ、相続について話し合うことも、相続税の試算もできません。しかし、資産状況を調べた経験はなく、調べ方もわからないというのが一般的でしょう。そこで今回は、資産状況調査のなかから所有している不動産の調べ方について、解説します。

・不動産の所有の有無を調査する方法

相続の対象となる遺産は現金だけでなく、土地建物などの不動産、自動車、株式、貴金属とかなり多岐にわたります。なかでも財産としての価値が高く、所有の有無が目に見えない不動産の調査を優先するべきだと考えられます。もちろん、住宅や土地の存在は目に見えるのですが、所有権がだれにあるかわかりません。亡くなった方の住んでいた住宅が、自己所有とはかぎらないのです。

不動産の所有者を調査するためには、登記簿を見る必要があります。不動産を取得して自分のものだと主張するためには、購入だけでは足らず、登記をしてはじめて権利が発生します。登記簿の閲覧は法務局で行えます。不動産の所在地によって管轄が異なりますので、日本全国どこでも確認できるわけではありません。ただし、物件の所在している地番が不明な場合には、登記簿謄本が取得できないため、市区町村の役所にいって、被相続人の名寄帳を請求してみてください。その書類には、その方名義になっている土地建物が記入されています。亡くなった方の不動産の明細ということです。もし、ほかの市区町村にも所有している不動産がある場合には、管轄ごとに同様の確認が必要になってきます。

地番がわかったら、法務局で登記簿謄本を取得しましょう。いろいろ窓口あるので、迷うかもしれませんが職員の方にたずねれば親切に案内してくれます。取得した登記簿謄本でまっさきに確認すべきなのは、下部にある「権利部(甲区)(所有権に関する事項」です。一番下に最新の所有者が記載されています。

ご実家やご自宅に登記済権利書や、固定資産税の通知書などが残されている場合でも、しっかりと確認しておくことをオススメいたします。

・司法書士に依頼する方法も

上述したように、相続財産になりうる資産状況の調査は個人でも可能ではあります。しかし、その後の相続登記や税務申告までも視野にいれると、司法書士に依頼したほうがスムーズでしょう。プロに依頼すれば、すべての資産について詳細な調査を行い、一覧として可視化できるように準備してくれるはずです。

不動産の財産分与でもめる前に!知っておきたい予備知識

住宅ローン破たんが老後破産を招く

関連記事

  1. 空き地を不動産会社に査定してもらう前に売却価格を想定する方法とは…

    空き地など不動産を所有している方の中で、何か良い使い道はないのだろうかと悩んでいる方はいるようですが…

  2. 不動産の譲渡所得とは?所得や税額の計算方法について

    不動産を売却したことで生じる所得を「譲渡所得」といいます。 譲渡所得は一般的に、土地や建物、株式…

  3. 川口市で一人暮らしを始めるなら駅周辺のどのエリアがよい?

    川口市の窓口である川口駅周辺は、再開発により便利になったことが特徴で、立ち並ぶタワーマンションや商業…

  4. 不動産の売却で確定申告に必要な添付書類は?

    不動産を売却する時には土地や家屋の価格を査定し、売り手と買い手が納得の上で売買契約が締結されます。そ…

  5. 土地売却の値引き交渉には応じるべき?

    土地など不動産売却を検討する場合、購入希望者から値引きの交渉を依頼されることもあるでしょう。有意…

  6. 住宅ローン返済中に転職したら金融機関に報告は必要?

    住宅ローン返済中に転職したとしても、返済が遅れるわけではないため特に連絡しなくても良いと思っている人…

  7. 築年数を経過したアパートが行いたい空室対策とは?

    アパート経営を行うにおいて、稼働率を向上させることは収益を大きく左右することになります。まさに不…

  8. 相続した不動産を売却した時の税金を抑えるには?

    例えば親が亡くなって土地を相続する事になっても、既に家を別で構えているので誰も住まなくなる事が予想さ…

ピックアップ記事

PAGE TOP