menu

不動産を売却するときには5年以内か5年を超えるかで税額が大きく変わる?

不動産を売却して利益がでた場合、譲渡所得として課税対象になります。譲渡所得税と住民税が課税されることになりますが、売却した不動産をどのくらい所有していたかによって税率が大きく異なります。

その線引きは「5年」ですが、不動産を所有していて5年以内に売却するのか、5年を超えて売却するのかによって違いがでてきます。

5年という区切りには注意が必要!

不動産を売却したときに利益が出れば譲渡所得税や住民税の対象です。ただし、売却した不動産を、5年を超えて所有していた場合は「長期譲渡所得」、5年以内の場合は「短期譲渡所得」に分けられます。

ただしこの「5年」という区切りには注意が必要です。

仮に、平成26年5月に購入した不動産を平成30年の7月に売却したとします。購入から売却まででカウントすれば5年を超えているので長期譲渡所得に該当すると思うかもしれません。

しかし、不動産の所有期間は、購入日から売却した日までの期間で判断するのではなく、売却した年の1月1日までがどのくらいの期間かで判断することが決められています。

平成30年の1月1日時点では4年しか経っていませんので、この場合は長期譲渡所得ではなく短期譲渡所得の対象となります。

購入してから1月1日を何回迎えたかで計算するようにしてください。うっかり勘違いしたまま売却すると、高い税率で税金を納めなければならなくなります。

長期譲渡所得と短期譲渡所得はどのくらい税率が異なる?

長期譲渡所得と短期譲渡所得、それぞれの税率を確認すると、5年以内の短期譲渡所得の場合の所得税の税率は30.63%、住民税9%の合計39.63%となっています。

一方、5年を超える長期譲渡所得の場合は、 所得税の税率は15.315%、住民税5%、合計20.315%ですので、かなりの差があることがわかるはずです。

何年不動産を所有しているか事前に確認を!

不動産を売却したときの税額は、譲渡所得(譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用))から居住用の3,000万円特別控除の特例などの控除を差引いた課税譲渡所得に、税率をかけて算出することになります。

そのため、最終的にかける税率がなるべく低いほうが支払う税金も安くすみます。

ほんの少しの期間の差で短期譲渡所得か長期譲渡所得かが変わる場合には、かなり損をすることになるため、何年所有した物件を売却することになるのか事前に確認しておきましょう。

使い道のない空き家を放置するリスクとは?

農地を相続した場合には税金が猶予される?

関連記事

  1. 法人が不動産を売却した時の税金計算で注意しておきたいこと

    法人が所有している不動産を売却した時、どのくらい税金が発生するのか気になるところでしょう。注…

  2. 無謀な住宅ローンは家計を圧迫する!貧困に陥らないためには

    マイホームを購入する時に多くの人が利用する住宅ローンは、数十年に渡り返済が続くため計画性を持って組む…

  3. 高い節税効果!住宅ローン控除とは?

    確定申告の際には様々な控除で所得を減らし、節税することができます。その中でもマイホームを購入した場合…

  4. 住宅ローンは前倒しで返済ししたほうが得?

    家を購入する時には多く人が住宅ローンを利用することになるでしょう。 できるだけ融資を受ける額は小…

  5. 土地と建物を別々に購入すると住宅ローンにメリットがある?

    マイホームを建てる際に、候補となる土地を先に見つけて契約したいという場合もあるでしょう。先に土地を購…

  6. 住宅ローン返済中に転職したら金融機関に報告は必要?

    住宅ローン返済中に転職したとしても、返済が遅れるわけではないため特に連絡しなくても良いと思っている人…

  7. 土地を売却したときの計上時期はいつ?

    法人や個人を問わず、不動産を売却したときには、いつどの時点が不動産売却日になるか注意が必要です。…

  8. 確実に節税対策!住宅ローン減税とふるさと納税は併用できる?

    住宅ローンを借り入れてマイホームを購入した時や、増築、一定の修繕を行う場合には、金利負担の軽減を図る…

ピックアップ記事

PAGE TOP