menu

確実に節税対策!住宅ローン減税とふるさと納税は併用できる?

住宅ローンを借り入れてマイホームを購入した時や、増築、一定の修繕を行う場合には、金利負担の軽減を図るために住宅ローン減税制度を利用することができます。
所得税から一定額が控除されるので、節税対策には利用したい制度ですが、ふるさと納税もその1つで税金を節税することに活用できる制度です。
ふるさと納税は自分が選んだ自治体に寄付をすることで、寄附額のうち、2,000円を超える部分を所得税と住民税から全額控除することができる制度です。ただし一定の上限があるので確実に節税するなら注意する必要もあります。

 

ふるさと納税はどのようなメリットがある?

例えば年収600万円の人の場合、約6万5千円の税金が掛かります。しかしふるさと納税で6万5千円を寄附した場合、2,000円を差し引いた6万3千円の税金を先払いしたことになるので、本来納付しなければならなかった税金分を差し引くことができます。
そしてふるさと納税の楽しみは、寄附をした自治体から返礼品として米や野菜、和牛などのギフトを受取ることができる部分です。最低2,000円は自己負担することになりますが、総合的に見ると嬉しい制度だと言えるでしょう。

 

ふるさと納税でのメリットを確実に受けたいなら

年収が高ければ高いほど支払う税金の多くなるので、ふるさと納税で寄附の恩恵を受けることができる枠を増やせるというのはメリットです。
ただし限度額があるので、たくさん寄附をし過ぎて受けたかった恩恵が十分に受けられないということも考えられます。
また、住宅ローンを利用して家を購入した後は特に注意が必要です。この場合、先に述べた住宅ローン減税という減税制度を10年間受けることができます。
住宅ローン減税とふるさと納税は併用できますが、支払う税金が下がるのでふるさと減税でのメリットも格段に減り、世帯によってはなくなる可能性もあります。

 

これから家を買う予定がある人は?

これから家を建てる予定がある人は、それまでの間、ふるさと納税で節税対策を行うことも良いでしょう。また、住宅ローンを夫婦の連帯名義で借りる予定がある場合には、住宅ローン減税の対象が夫婦それぞれになるのでふるさと納税でのメリットも残る可能性があります。
ただし住宅ローン控除で所得税や住民税が控除額に達している場合、ふるさと納税での控除は受けることができなくなるので、控除の限度額に達しているかどうかなど事前に確認しておく様にしましょう。
ふるさと納税は5,000円くらいの寄附金でも十分と思えるギフトが貰える自治体もあるので、色々確認してみると楽しいかもしれません。

空き地への無断駐車は不法侵入?法律で対応は可能?

相続でアパートなど減価償却資産を取得した場合の注意点

関連記事

  1. 個人が不動産を売却する場合、消費税は非課税?課税対象となるケース…

    生活を送る上で最も身近と言える税金は「消費税」ですが、8%から10%に上がることが予定されていま…

  2. 不動産の賃貸には敷金と礼金以外に「保証金」が掛かる?

    賃貸住宅を借りることを検討する場合には、「敷金」や「礼金」がいくらになるかを目安に決めるという事もあ…

  3. 居住用不動産を売却した時に税金が控除される制度とは?

    マイホームを売った時に利益が出れば、所得になるので税金が課税されます。ただし一定要件を満たすと、この…

  4. 不動産を売却する時には固定資産税の精算処理が必要?

    固定資産税は、土地や建物など不動産を1月1日時点で所有している方に対して課税される税金です。…

  5. 不動産を売却するなら法人化したほうが税金面では得をする?

    不動産を売却する時に、避けては通ることはできないのが税金の話です。後にトラブルにならないためにもしっ…

  6. 住宅ローンでマイホームを購入した時にかかる登記費用などについて

    マイホームを手に入れたいと考えている人は少なくありませんが、事前に把握しておきたいのは住宅を購入する…

  7. 土地を売却したときの計上時期はいつ?

    法人や個人を問わず、不動産を売却したときには、いつどの時点が不動産売却日になるか注意が必要です。…

  8. 不動産を売却した時に適用される税金の控除の種類

    不動産を売却した場合、売却した金額に税率をかけた額が税金として課税されることになりますが、控除が適用…

ピックアップ記事

PAGE TOP