menu

マイホームの固定資産税が払えないとどうなるの?

家を購入して必ず支払いをしなければいけないのが固定資産税です。
家や土地を所持している間は永遠に払い続けなければいけません。
しかし、この固定資産税は毎年定期的に支払わなければいけない為非常に厄介です。
今回は、もし固定資産税が払えなかったらどうなるのか確認していきましょう。

 

◆固定資産税の支払い期日

固定資産税は毎年やってくるもので、例年通り来れば6月頃に納付書が届くでしょう。
固定資産税は全部で4期に分けて支払うようになっていますので最初の1回目は納付書が届いてから1ヵ月以内の支払いだったはずです。
ですから、早めに納付金を準備しておかなければ大変きつい思いをすることは間違いありません。
ちなみに、4期に分かれている固定資産税ですが金銭的余裕があるのであれば一括して支払う事も可能です。
1期目の支払いが終わればまた3か月後に2期目の支払いがやってくるようになっています。
ですが、これがもし、1期分でも遅れてしまえばどうなるのでしょうか?

 

◆固定資産税を滞納したらどうなる?

仮に固定資産税を滞納した場合、まずは督促状が届くようになります。
それを放置していくといよいよ、次は財産の差し押さえとなってしまうのです。
ただし、この差し押さえに関しては地域によってもどの程度で差し押さえがくるのかがバラつきがあるようです。
一例で言えばA市では2年間の滞納で差し押さえが来たかと思えばB市では5年間の滞納で差し押さえが来るなど、市区町村によりどのタイミングで財産の差し押さえをするのかの判断が難しい場合がありますね。
とにかく、金額や年月関係なく差し押さえは突如やってきます。
まず督促状を無視してしまうのもいい事ではありません。
滞納しそうだと思えば迷わず市区町村の役所に相談に行くようにしましょう。
何もせずに放置してしまう事は一番してはいけません。

 

◆滞納してしまったその後は?

とにかく差し押さえをされたらもうおしまいです。
そうならないでいいように相談するわけですが、滞納を解消する方法としては分納という方法があります。
分納にも全部で3種類ありまして、通常分納・納税の猶予・換価の猶予があります。
通常の分納は書類の準備等いらず手軽にできる手続き方法です。
納税の猶予というのは通常の分納よりも延滞税を免除できる可能性がある、差し押さえできなくする、差し押さえを解除するというのが出来る場合があります。
しかし、確実性はありませんし、書類も提出するものが多く少し時間がかかるのがデメリットでしょう。
あとは納税の猶予の利用条件に該当せず既に財産を差し押さえされている人は換価の猶予が使えます。
ですがこの換価の猶予は基本的にはほぼ使えませんのであてにはしない方が良いでしょう。
このように固定資産税が払えないと最悪、マイホームを売りに出さなければいけない可能性はあります。
固定資産税だけはしっかり払えるように段取りを組んでおきましょう。

固定資産税はどのくらいかかる?使わない土地は売るべき?

固定資産税を計算ししよう! 土地の評価はどのくらい?

関連記事

  1. 相続に備えて、資産状況の調べ方を知っておこう

    相続人が亡くなった被相続人財産を引き継ぎ、受け取ることが相続です。相続を行うためには、亡くなった方の…

  2. 不動産を売却するなら法人化したほうが税金面では得をする?

    不動産を売却する時に、避けては通ることはできないのが税金の話です。後にトラブルにならないためにもしっ…

  3. 居住用不動産を売却した時に税金が控除される制度とは?

    マイホームを売った時に利益が出れば、所得になるので税金が課税されます。ただし一定要件を満たすと、この…

  4. 住宅ローン返済中に転職したら金融機関に報告は必要?

    住宅ローン返済中に転職したとしても、返済が遅れるわけではないため特に連絡しなくても良いと思っている人…

  5. 住宅ローンを利用する時の金利はどれが得?マイナス金利の影響は?

    マイホームを購入する時に利用することになる住宅ローン。住宅ローンの借り換えを検討している人もいるかも…

  6. 高い節税効果!住宅ローン控除とは?

    確定申告の際には様々な控除で所得を減らし、節税することができます。その中でもマイホームを購入した場合…

  7. 住宅ローンを組んで後悔しないためには何に注意すべき?

    2017年4月の住宅ローン平均金利を確認すると、3月に続いて少し上昇している傾向が見られます。 …

  8. 個人で不動産を売却した時にも消費税がかかる?

    不動産を売却する時には消費税がかかりますが、どの不動産でも消費税が課税されるわけではありません。…

ピックアップ記事

PAGE TOP