menu

無謀な住宅ローンは家計を圧迫する!貧困に陥らないためには

マイホームを購入する時に多くの人が利用する住宅ローンは、数十年に渡り返済が続くため計画性を持って組むことが大切です。
無謀な計画で組んだ場合、いずれは家計を圧迫することになり最悪の場合家を手放さなくてはいけなくなる可能性も出てくるでしょう。

 

住宅ローンで無理をすると後悔することに

家計の中で大きな負担となるものは、過度な住宅ローンや生命保険加入、それに教育資金や自動車ローンがあげられます。
この中で住宅ローンは、一生住み続ける家のための借入だからとつい無理をしてしまいがちですが、将来得る予定の収入を先取りしている事実としっかり向き合った上で利用することが必要です。

 

先にモデルルームを見学に行くと失敗する?

マイホームを購入する時にモデルルームなど見学に行く人も多いと思います。しかし予算を先に決めずにモデルルームを見てしまうと、あきらかに予算オーバーした物件でも無理をして購入したくなってしまうものです。
まずは予算をいくらまでにするのか、ライフプランなどについてもしっかり設計した上で見学に行くようにしましょう。

 

頭金ゼロで返済期間35年は危険?

最近では家賃と同額で毎月返済可能で頭金はゼロ、さらに変動金利で今なら超低金利で家を購入できるといった良い部分がクローズアップされています。
しかし預貯金がゼロの人が頭金を準備せず、変動金利で借入期間35年の住宅ローンを組んでしまうと将来老後貧乏に陥る可能性があります。
この先数十年に渡り、資金として必要なのは住宅ローンの返済だけかを良く考える必要があります。
また、賞与に大きく頼る返済計画は危険です。賞与は必ず支払われるとも限りませんので、毎月しっかりと支払うことができる計画を立ててローンを組むことが重要です。

 

住宅維持費についても理解しておくこと

住宅を購入する時、さらに購入してからも様々な費用がかかります。住宅を購入する時には不動産取得税が必要ですし、購入した後も毎年固定資産税や修繕積立金などが必要です。
自営業の人なら国民健康保険料は高くなりますし、家がこれまでより広くなれば水道光熱費も上がる可能性があります。
また、家が新しくなることで家に収まる家具を購入する必要性も出てくることも認識しておく必要があるでしょう。

 

人生の必要資金はマイホーム資金だけではない

人生において、大きな出費は家を購入するためのお金だけではありません。例えば子供の教育資金も必要ですし、老後への備えも必要です。
貯金もしっかり続けているから、多少無謀なローンの内容でも大丈夫と思っていても、突然リストラや会社の倒産などで収入が減る可能性もあります。
サラリーマンの給料は50歳前後がピークだと考え、将来に渡りどのくらいの資金が必要なのか、それに向けて毎月支払いと貯金が同時にできるかなどの計画を立てることが必要です。
理想を追い求め過ぎると住宅ローンもつい無謀な計画になってしまいます。現実を見つめて将来老後貧乏に陥らないようにしましょう。

相続税の申告など相続手続きの期限とは?

申告納税制度である相続や贈与税はどこにいつ払う?

関連記事

  1. 財産分与による家の持分移転で住宅ローン控除はどうなる?

    離婚による夫婦の財産分与において、一方が家の共有持分を追加取得した場合には住宅借入金等特別控除に適用…

  2. 個人が不動産を売却する場合、消費税は非課税?課税対象となるケース…

    生活を送る上で最も身近と言える税金は「消費税」ですが、8%から10%に上がることが予定されていま…

  3. 法人が不動産を売却した時の税金計算で注意しておきたいこと

    法人が所有している不動産を売却した時、どのくらい税金が発生するのか気になるところでしょう。注…

  4. 住宅ローンを利用する時の金利はどれが得?マイナス金利の影響は?

    マイホームを購入する時に利用することになる住宅ローン。住宅ローンの借り換えを検討している人もいるかも…

  5. リスクの理解不足で半数の人が住宅ローン破たん予備軍?

    住宅金融支援機構の「2016年度民間住宅ローン利用者の実態調査」から民間住宅ローン利用者に対するアン…

  6. 確実に節税対策!住宅ローン減税とふるさと納税は併用できる?

    住宅ローンを借り入れてマイホームを購入した時や、増築、一定の修繕を行う場合には、金利負担の軽減を図る…

  7. 農地の納税猶予の特例を利用すれば結果的に税金が免除される?

    相続や贈与した土地が「農地」の場合、土地の面積は広いことで相続税や贈与税など、課税される税金の額も高…

  8. 土地と建物を別々に購入すると住宅ローンにメリットがある?

    マイホームを建てる際に、候補となる土地を先に見つけて契約したいという場合もあるでしょう。先に土地を購…

ピックアップ記事

PAGE TOP