menu

住宅ローンを組んで後悔しないためには何に注意すべき?

2017年4月の住宅ローン平均金利を確認すると、3月に続いて少し上昇している傾向が見られます。
しかし日銀の長期金利ゼロ程度へ誘導する方針は続いていますので、年内は上がったとしても段階的な上昇に留まるとも予測されます。
このような超低金利という状況でありながらも、住宅ローンを組んだことを後になって後悔しないように家づくりにおいては大切なことを理解しておく必要があります。

 

家づくりで一番大切なもの

あこがれのマイホームを手に入れるために、一番何が大切でしょう。家のデザインや構造、一生住み続けるための機能性など様々なことを考えていくことが必要です。
しかし最も大切なのは資金計画です。資金計画を無視して家づくりをした場合、結局は住宅ローンの返済に行き詰ってせっかくのマイホームを手放す結果になる可能性もあります。

 

今の家賃を住宅ローンの返済に充てた場合は?

今賃貸物件に住まいがあり、マイホームの購入を検討している場合には家賃と駐車場代をいくら払っているかを参考にしてみましょう。
毎月6万円を35年に渡り払い続ければ2,520万円、毎月7万円なら2,940万円です。それだけ払ったのに自分の家にはならないのは無駄だと考え、マイホームを購入して家賃分をそのままローンの支払いに充てることを検討する人も多いと思います。

・住宅ローンを借りたと考えた場合
では現在支払っている家賃はいくらの住宅ローンを借りていることと同じになるのでしょう。
例えば10年固定2.5%で35年ローンを組んだ場合には、家賃が毎月6万円なら1,680万円の住宅ローンと同じ支払いとなり、家賃7万円なら1,960万円の住宅ローンと同じ支払いになります。

・頭金を貯めるまでまったほうが良い?
例えば金利が上昇する前にマイホームを購入した人と、頭金200万円を3年で貯めてマイホームを購入した人がいたとしましょう。
その3年の間に金利が1%上がったとしたら、後者のほうが3年間の家賃も含めて約590万円損したことになる計算です。
賃貸物件に住んで頭金を貯めてからよりは、金利が低いうちにマイホームを購入してローンの支払いに充てた方が良いのです。

・消費税なども考慮して考えること
さらに金利が高くなる以外にも、消費税や原材料高なども考慮して考える必要があります。資金計画は金利や物価などの情勢を考えた上で建てることが必要だと言えるでしょう。

 

最終的にいくら払うことになるかを想定してみること

後で住宅ローンを組んで後悔しないためには、今住宅ローンを組んだ場合に結局いくら支払うことになるのか、そして家賃を支払い続けた場合にはいくらになるのかなどを合わせて考える必要があります。
また、家を購入すれば住宅ローンだけでなく、修繕費用や固定資産税など定期的に必要な費用も出てきます。
それらも踏まえて考えておかなければ、払えると思っていた住宅ローンが返済できなくなり、結局家を手放すという結果に陥ることになります。

相続が発生した時の財産評価の方法について

無償で不動産を渡した場合の登記原因は?離婚の場合も贈与?

関連記事

  1. 個人が不動産を売却する場合、消費税は非課税?課税対象となるケース…

    生活を送る上で最も身近と言える税金は「消費税」ですが、8%から10%に上がることが予定されていま…

  2. リスクの理解不足で半数の人が住宅ローン破たん予備軍?

    住宅金融支援機構の「2016年度民間住宅ローン利用者の実態調査」から民間住宅ローン利用者に対するアン…

  3. 無謀な住宅ローンは家計を圧迫する!貧困に陥らないためには

    マイホームを購入する時に多くの人が利用する住宅ローンは、数十年に渡り返済が続くため計画性を持って組む…

  4. 住宅ローンは前倒しで返済ししたほうが得?

    家を購入する時には多く人が住宅ローンを利用することになるでしょう。 できるだけ融資を受ける額は小…

  5. 不動産の賃貸には敷金と礼金以外に「保証金」が掛かる?

    賃貸住宅を借りることを検討する場合には、「敷金」や「礼金」がいくらになるかを目安に決めるという事もあ…

  6. 住宅ローンを利用する時の金利はどれが得?マイナス金利の影響は?

    マイホームを購入する時に利用することになる住宅ローン。住宅ローンの借り換えを検討している人もいるかも…

  7. 不動産を売却した時に適用される税金の控除の種類

    不動産を売却した場合、売却した金額に税率をかけた額が税金として課税されることになりますが、控除が適用…

  8. 財産分与による家の持分移転で住宅ローン控除はどうなる?

    離婚による夫婦の財産分与において、一方が家の共有持分を追加取得した場合には住宅借入金等特別控除に適用…

ピックアップ記事

PAGE TOP