menu

空き地を不動産会社に査定してもらう前に売却価格を想定する方法とは?

空き地など不動産を所有している方の中で、何か良い使い道はないのだろうかと悩んでいる方はいるようですが、所有しているだけで固定資産税や管理のための費用などはかさんでしまいます。

しかし、それなら売却しようと思っても、どのくらいの価格で売れるのかわからず、査定として提示された金額をそのまま鵜呑みにしてよいのか迷うこともあるようです。

そこで、空き地などを不動産会社で査定してもらう場合、事前に相場を知っておくようにしましょう。

どうやって空き地の価格相場を確認する?

空き地を売ろうと考えるなら、不動産会社に連絡してどのくらいの価格になるのか査定してもらう前に、所有している空き地の価格相場を調査しましょう。

土地の価格相場は、おおよその額であればインターネットで簡単に調べることができます。

□国土交通省の「土地総合情報システム」で確認

不動産には様々な価格がありますが、例えば、過去の売買事例による実勢価格、そして公示価格や固定資産税評価額といった公的価格があります。

これらの価格は、国土交通省のWebサイトである「土地総合情報システム」から確認することができます。

「土地総合情報システム」ではどのような情報が公開されている?

自分の所有している空き地がいくらの価格になるのかは、その空き地の周辺の土地が、過去にどのくらいの価格で取引されたのか知ることで確認できます。

この国土交通省の土地総合情報システムからは、国土交通省が個人や不動産業者にアンケート調査を行い、そこで収集した取引事例を閲覧することができます。また、そのデータを基にした公示価格も確認できるので、ぜひ参考にしましょう。

国土交通省:土地総合情報システム 不動産取引価格情報検索
http://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

国土交通省:標準地・基準地検索システム 地価公示・都道府県地価調査
http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0

□不動産取引価格情報検索で確認できる内容

不動産取引事例は、市町村などの地域別や沿線別から調べることができます。表示される情報は、取引価格、坪単価、土地形状、道路付け、都市計画、交通などです。

□地価公示・都道府県地価調査の検索で確認できる内容

地価公示・都道府県地価調査による公示価格で公表されているのは、㎡単価、標準値や基準値の番地、土地形状、交通便、周辺の状況などの情報です。

□所有している空き地の売却価格を算出するには

この2つで公開されている情報に、自分の所有している空き地近辺の事例や公示価格をあてはめていくことで、ある程度の売却価格を想定することができます。

土地の取引事例と公示価格ともに、「所有地の近くで面積や交通便(交通アクセス)の似たもの」をピックアップします。

そして取引事例と地価調査による公示価格での㎡単価を、所有している空き地の面積にかけることで、大まかな売却価格を算出することができます。

相続発生後3 年以内に相続財産を譲渡すれば特例が適用される!

個人が不動産を売却する場合は何に消費税が掛かる?

関連記事

  1. 住宅ローンがやばい状況になるケースとは?

    住宅ローンを組んだ当時はスムーズに毎月支払いもできて、何の問題もなかったのに、気が付くと貯金は出来ず…

  2. 遺産分割の時の相続不動産の評価方法とは?

    相続が発生した場合にはそれぞれの相続人に公平に遺産を分配することが必要ですが、相続財産の中に不動産が…

  3. さいたま市では新型コロナウイルスに感染しているか病院で検査しても…

    新型コロナウイルス感染症の拡大により、さいたま市などの緊急事態宣言は解除され少しずつ元の生活に戻るの…

  4. 不動産を売却すれば所得税だけでなく住民税も課税される?

    不動産を売却する時には、物件がいくらで売れるのかに気をとられてしまいがちです。しかし、不動産を売る時…

  5. 住宅ローンは何年で返済すると良い?返済期間の考え方

    現在は住宅ローン金利が低い状態なので、マイホーム購入のチャンスだと考える人は少なくありません。 …

  6. 土地建物売却時の譲渡所得について解説!

    土地や建物などの不動産を売却して得た利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得に対しても税金が課税さ…

  7. 不動産の売却で確定申告に必要な添付書類は?

    不動産を売却する時には土地や家屋の価格を査定し、売り手と買い手が納得の上で売買契約が締結されます。そ…

  8. 不動産購入資金の贈与を親から受けた時の非課税制度とは?

    直系尊属である親や祖父母などから住宅を取得するための資金の贈与を受けた時、一定金額が非課税になる制度…

ピックアップ記事

PAGE TOP