menu

不動産売却で一時的に所得が発生すれば税金がかかる!

不動産を購入するだけでなく、不動産を売却するときにもいろいろな費用が発生します。

不動産の規模や種類などでも金額は変わりますし、売却して利益がでれば一時的に得る所得として税金の課税対象です。

そこで、不動産を売却したときにどのような税金を支払うことになるのか確認しておきましょう。

売却したときの利益は税金の対象

不動産を売却して利益がでれば、譲渡所得として所得税や住民税の課税対象となります。

さらに東日本大震災の復興に使われる財源確保を目的とする復興特別所得税も加算されますが、いずれの税金も給与や事業所得などとは分けて計算する「分離課税」という方式で計算されます。

取得費に含まれるものに注意

譲渡所得は、不動産を売却した価格から、不動産を取得したときにかかった費用と売却するときにかかった費用を差し引いて計算します。

取得費として含まれるものは、土地や建物の購入費用、建築費用、購入時に支払った不動産会社に対する仲介手数料、購入時の登録免許税・不動産取得税・印紙税などです。

また、造成費用、測量費、解体費用なども含めることができる場合があります。

なお、建物は期間が経過すればその価値が減少しますので、取得費から減価償却費相当額を差し引くことが必要になりますので忘れないようにしましょう。

□取得費が分からないとき

取得費が不明という場合には、譲渡価格の5%を取得費として計算します。

物件の所有期間によって税率は異なる

譲渡所得の額に応じて所得税と住民税が決定しますが、売却した不動産をどのくらいの期間所有していたかによって税率が変わる点に気をつけましょう。

5年を超えて所有しているなら「長期譲渡所得」、5年以下なら「短期譲渡所得」に該当することになり、長期譲渡所得の方が税率は低くなります。

利用できる特別控除は適用させて!

さらにマイホームを売却するなら、特別控除が適用されることもあるので譲渡所得から控除額を差し引くことを忘れないようにしてください。

□居住用住宅を売却したときには3,000万円の特別控除

自分が住んでいる家や敷地を売却した場合には譲渡所得から3,000万円を控除することができます。ただし適用させるにはいくつか要件がありますので注意してください。

□所有期間が10年を超える不動産を売却したときの特例

所有期間が10年を超える居住用不動産を売却したときには税率が軽減される特例もあります。こちらもいくつか要件があります。

売却したときに生じる税金を抑えるために

他にもマイホームの買い換えのときに損失が生じたときの特例、相続した空き家を売却したときの特例、利用できる特例にはいろいろありますが、要件によって適用されるかは様々です。

税金なるべく抑えるためにも、使える特例は抜かりのないように適用させる様にすると良いでしょう。

親が亡くなって実家が空き家になったら早めの名義変更手続きを

実家が空き家になる問題の要因とは?地方の空き家問題が深刻な理由

関連記事

  1. 不動産を売却したら翌年に申告して税金を納める必要がある?

    個人が不動産を売却した場合、翌年に税金を納めなくてはいけない事をご存知でしょうか。土地や建物など、不…

  2. 不動産の売却で確定申告に必要な添付書類は?

    不動産を売却する時には土地や家屋の価格を査定し、売り手と買い手が納得の上で売買契約が締結されます。そ…

  3. 不動産売却前には住所変更登記を行っておくことが必要?

    マイホームなど不動産を購入する際、購入する物件に住民票を移してから所有権移転登記を行うことが一般的で…

  4. 空き地を不動産会社に査定してもらう前に売却価格を想定する方法とは…

    空き地など不動産を所有している方の中で、何か良い使い道はないのだろうかと悩んでいる方はいるようですが…

  5. 蕨市内で広くいろいろな使い方ができる公園とは?

    春になって蕨市内に引っ越してきたばかりの方や、これから引っ越しを予定している方は、外出自粛などでなか…

  6. 相続に備えて、資産状況の調べ方を知っておこう

    相続人が亡くなった被相続人財産を引き継ぎ、受け取ることが相続です。相続を行うためには、亡くなった方の…

  7. 川口市は子育て世帯にとって安心できる街?

    埼玉県川口市にこれから住まいを構えようと考えている方には、子育て環境はどうだろう?と気にしているファ…

  8. 夫婦共有名義の土地を相続すると手間や費用が掛かる?

    土地を共有するということは、複数人が共同で一つの土地を所有している状態であることを示します。 複…

ピックアップ記事

PAGE TOP