menu

アパートで兄弟や他人と住んでいる時の世帯主は誰になる?

例えば勤務先から支給される手当に住宅手当がありますが、夫婦どちらも働いている時、どちらにも支給されるものなのか、それとも世帯主だけなのでしょうか。

また、アパートに兄弟や他人と一緒に住んでいる場合、誰を世帯主にするべきなのか、また、世帯を分けてそれぞれが世帯主になる事はできるのでしょうか。ここでは「世帯主」にまつわる疑問について確認していきます。

そもそも「世帯主」の定義とは?

社内規定によって住宅手当の支給方法は異なるため、法律上のルールは存在していません。ただ、住宅手当の支給について、多くの企業で世帯主に対して支給としているケースが多くみられます。

そもそも世帯主とはどのような人を指すのか厚生労働省の定義を確認してみると、まず 「世帯」は住居および生計を共にする人の集まり、または独立して住居で生計を営む単身者を指しているようです。「世帯主」については、年齢や所得に関係なく、世帯の中心となり物事をとりはかる人であり、世帯から申告された人を指しています。

1つの世帯に世帯主は1人ですので、夫婦の勤務先の住宅手当に対する規定が世帯主に対して支給となっている場合には、夫婦いずれか世帯主となる一方に支給される事になるでしょう。なお、戸籍の筆頭者と世帯主は同じではありませんので、混同しないようにしてください。

世帯主は変更が可能!

世帯主は主たる生計者ですが、住民票の登録で変更する事ができます。

夫婦や家庭で働いている人が多い場合には、住宅手当の支給額を最も多く受取る事ができるかもしれませんが、世帯主を変更した事で国民健康保険料が高くなるという可能性もありますので注意しましょう。

親子や兄弟、他人と一緒に住んでいても世帯を分ける事はできる?

また、実家や賃貸住宅の場合でも、親子や兄弟など同じ場所に住んでいるけれど世帯を分ける事は可能です。2世帯住宅として生計者が複数いるといった環境も同様に、世帯を分離させてそれぞれが世帯主になる事ができます。

シェアハウスへ入居する場合や、友人などと同居する場合、恋人同士の同棲など、他人と一緒に住むという場合でも、転入する時に住民票を各自提出すればそれぞれが世帯主になる事ができます。

世帯主を分ける事にメリットはあるのか

住宅手当の規定は企業によって異なるはずですので確認してみましょう。

また、親子や兄弟、他人と一緒に暮らしている場合、その中の誰か1人だけしか世帯主になれないという訳ではなく、生計が別であればそれぞれが世帯主になるなど分離する事は可能であると覚えておくと良いでしょう。

ただし誰が世帯主になるのか、世帯主を分けた方が良いかなどは家庭の事情によってケースバイケースですので、生活環境に合う形に揃える事が望ましいと言えます。

不動産を売却した時に赤字が出たら?確定申告を行えば税金が返ってくる?

個人が不動産を売却する場合、消費税は非課税?課税対象となるケースとは?

関連記事

  1. 土地や建物などを売却した時に簿価はどのような影響を受ける?

    会計処理を行う帳簿に記載されている資産の価格を「簿価」と呼んでいますが、この簿価という言葉は不動産投…

  2. 土地だけ購入する場合でも住宅ローンを組むことは可能?

    例えば注文住宅の建築を検討している場合、まだどのような家にするか決まっていない状態の中で気に入った土…

  3. 不動産売却前には住所変更登記を行っておくことが必要?

    マイホームなど不動産を購入する際、購入する物件に住民票を移してから所有権移転登記を行うことが一般的で…

  4. 気になる贈与税対策?土地を貰ったけどやるべきことは?

    親が亡くなる前にという事で生前贈与をして土地を譲り受けたものの、当然不動産を贈与する為には贈与税がか…

  5. 不動産探しに欠かせない「内見」でチェックしたい項目は?

    住む家を探すために「内見」は重要です。間取り図を見ただけで決めてしまうと、実際に物件を見た時にイメー…

  6. 土地建物売却時の譲渡所得について解説!

    土地や建物などの不動産を売却して得た利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得に対しても税金が課税さ…

  7. マンションにおける空地や敷地とは?どこを指している?

    ビルやマンションなどの敷地に、一般の人が自由に行き来できる空間が設けられていますが、この空間を「公開…

  8. 築年数を経過したアパートが行いたい空室対策とは?

    アパート経営を行うにおいて、稼働率を向上させることは収益を大きく左右することになります。まさに不…

ピックアップ記事

PAGE TOP